;
SERVICE

301リダイレクトと302リダイレクトとは?

shadow
redirect_logo
matsushita

Author :  

shadow
redirect_logo
  • Recruit
  • Recruit

301と302の違いは?

世界一分かりやすい解説を書くことが目標の松下です。文章が分かりづらいというのはブログを書く人間として致命的ですし、誰にも伝わらないのは悲しいですからね。

今回解説する『301リダイレクト』と『302リダイレクト』は、誰かに何かを伝える、という点で共感を覚えています。

と、301リダイレクトと302リダイレクトの解説へ入る前に、リダイレクトについて、簡単に説明しておきたいと思います。

リダイレクトとは、ウェブサイトや特定のページが移転していた場合に、最新のページへ移転させることです。誤解を恐れずに言えば、引っ越し通知のことです。「ここに届いた荷物は、引っ越したのでこっちに届けてください」というアレです。

では、このリダイレクトに『301』や『302』がついている場合、どのような意味になるのでしょうか?

301リダイレクト

301リダイレクトとは、ページが、新しい場所に移動した、と検索エンジンが解釈するリダイレクトです。

GoogleのPage Rank(ページランク)などの評価を、新しいページに引き継ぐため、評価をそれほど下げることなく、ページを移転することができます。

SEOを考えてリダイレクトを行うなら、こちらを使うとよいでしょう。

302リダイレクト

302リダイレクトは、一時的にページを移動した、と検索エンジンが解釈するリダイレクトです。

一見すると同じように見えますが、301は『引っ越し』、302は『仮住まい』と考えれば分かりやすいかと思います。仮住まいは、家の改装などを行うとき一時的に住む場所です。302リダイレクトはこれと同じで、やがて移動前のページに戻ってくることが前提のリダイレクトです。

検索エンジンはリダイレクト後のページではなく、リダイレクト前のページを評価し続けます。なので、SEOを考えるのであれば、302リダイレクトを使うのは避けた方がよいでしょう。

WordPressでリダイレクトを設定する方法

WordPressはリダイレクトを簡単に設定することができます。

[ツール]>[リディレクション]を開きます。

【17:20追記】リディレクションを利用するには、プラグイン導入が必要です。リディレクションの利用はこちらから。

Redirection:http://wordpress.org/extend/plugins/redirection/

redirect

ソースURLにリダイレクト元のURL、ターゲットURLにリダイレクト先のURLを入力すれば、オーケーです。

一致条件や操作を変える必要は、特別ないかと思います。

まとめ

ページの移転を行うときはリダイレクトを設定しましょう。

301リダイレクトは新しいページに移転、302リダイレクトは一時的にページを移転したことを、検索エンジンに伝えます。

ドメインを変更したり、ページを削除した場合は301リダイレクトを使用しましょう。この場合、前のページについていたGoogleのページランクなどを、ある程度引き継ぐことができます。

(Photo: Nemo)

SERVICE
  • sns