;
SERVICE

TwitterとNielsenがブランド調査ツールの提供を開始

shadow
twitter
matsushita

Author :  

shadow
twitter
  • Recruit
  • Recruit

ベータテスト結果によれば利用者は22%インプレッションが高くなった

TwitterはNielsenと共同で3月5日(現地時間)、企業向けのブランド調査ツール『Nielsen Brand Effect for Twitter』の提供開始を発表しました。利用可能な国は日本、アメリカ、イギリスの三か国です。

このブランド調査ツールは、プロモーテッド・ツイートを利用している企業が対象としています。

Nielsen Brand Effect for Twitter

Twitter公式ブログによると、このツールで調査できるのは『関心のあるカテゴリ』、『地域』、『性別』などのセグメントとのこと。それらの情報を元にエンゲージメント(クリック、お気に入り、RTなど)の測定を行うことができます。情報はTwitterやNielsenとは共有されないので、利用者も安心。

つまり、Twitter上でブランドに対して興味を持っているのはどの層なのか、ということが分かるようになります。

では具体的にどういうものかというと、公式ブログで提示された画像がこちら。「どの飲料メーカーを知っていますか?」や「どのインダストリアルインターネット企業を知っていますか?」などをの質問を行っています。

nielsen_brand_effect_for_twitter(出典:Twitter Advertising Blog)

スマートフォン、ウェブの両方に対応しており、こちらもセグメントに組み込まれるとのこと。

ベータテストに参加したペプシ社は、ブランドの影響を測定し、キャンペーンを最適化するのに役立ったと述べています。

今後、TwitterとNielsenは、このプログラムを通じて得た知見を公開していくとしています。どのようなブランドや、プロモーテッド・ツイートがエンゲージメントを気付けるのか、参考にしていきましょう!

Nielsen Brand Effect for Twitter: How Promoted Tweets impact brand metrics(Advertising Blog)

SERVICE
  • sns