;
SERVICE

Google Analyticsの『ユニバーサル アナリティクス』がパブリックベータとして利用可能に

shadow
UniversalAnalytics
matsushita

Author :  

shadow
UniversalAnalytics
  • Recruit
  • Recruit

デバイスを超えてユーザーをトラッキングできるユニバーサルアナリティクス

Googleは3月22日(現地時間)、Google Analyticsの新機能『Universal Analytics(ユニバーサル アナリティクス)』のパブリックベータテストを開始したと発表しました。

このユニバーサルアナリティクスは、マルチデバイスのアクセス解析や、オフラインマーケティングキャンペーンへの解析に対応したものです。2012年10月からユーザーを限定したクローズドベータテストを行っていました。

Googleが提示するユニバーサルアナリティクスのメリットは4つ。

  • クライアントの処理が軽くなり、ウェブサイトの処理スピードを高めます
  • モバイルアプリの分析により深い洞察を得ることができます
  • インターネットに接続する複数のデバイスと接点をユーザーがどう活用しているか、より明らかになります
  • ビジネスに関連するオフラインとオンラインの接点を分析し、顧客獲得や投資対効果に活かすことができます

既存の解析はセッションごとに行われていましたが、ユニバーサルアナリティクスでは『ユーザー単位』の解析が可能になります。今やユーザーが複数台のデバイスを使ってネットをしています。そのトレンドを踏まえて、マルチデバイスとユーザーを紐付けて解析が可能になった、というわけですね。

また、モバイルアプリの利用動向解析やO2Oキャンペーンなどのオフラインデータ解析を取り込めるようになっており、より個人に最適化されたサービスを提供するためのツールとして利用できるようになりました。

新規ユーザーは登録時にユニバーサルアナリティクスを選択できるようになっており、既存ユーザーも新しいプロパティを作成することでユニバーサルアナリティクスを利用できるようになります。

ユニバーサルアナリティクスの導入については、こちらをご覧ください。

ユーザーがどのような環境で、どのようなデバイスを使い、どのような利用方法をしているか、知ることができるユニバーサルアナリティクスは、今後ウェブサイトを運営していく上で必須となりそうですね!

ユニバーサル アナリティクス パブリック ベータを開始します(Google Analytics Blog)

SERVICE
  • sns