;
SERVICE

Facebook、米国内でサードパーティーのデータを利用したターゲティング広告を開始

shadow
facebook_logo
matsushita

Author :  

shadow
facebook_logo
  • Recruit
  • Recruit

Facebook外のデータ利用したターゲティング広告『Partner Categories』を開始

Facebookは4月10日(現地時間)、Facebook外(サードパーティー)のデータを利用した広告『Partner Categories』を米国で開始した、と発表しました。

このサードパーティーとの連携でFacebook外での購入したものや、ブランドをカテゴリーとして広告を配信できるようになるとのこと。

サードパーティーにはAcxiom、Datalogix、Epsilonが選ばれています。また、個人情報についてはFacebookとサードパーティー間で共有されません。

広告主はターゲットを500以上のセグメントで分けることができます。Facebookがプレスリリースで示した画像によれば、Facebookの興味や位置データを基にして、“子どもの食べものを買った人”を対象とした広告を打てるようです。例えば、“乳製品や卵を買った人”で、フルサイズのセダンを探している顧客、というターゲティングも可能みたいですね。今まで以上に細かいターゲティングが可能となります。

facebook_partner_categories

facebook_parner_categories2

サードパーティーとの連携で、Facebook広告の精度はさらに上昇します。日本にやってくるのは、いつになるでしょうか。

自分のFacebook広告欄に出てくる製品がどうなるのか、ちょっと楽しみでもありますね。

Partner Categories, a New Self-Serve Targeting Feature(Facebook Studio)

【参考】

Facebook Expands Ad Targeting Based on Purchases(Mashable)

Facebook Incorporates Third Party Data Into All Ad Targeting(Marketing Land)

SERVICE
  • sns