;
SERVICE

ユーザー数6000万人突破。 LINEの現状をまとめてみた。

shadow
line2
matsushita

Author :  

shadow
line2
  • Recruit
  • Recruit

登録者数ベースのユーザー数が国内2,800万人、世界6,000万人を突破したLINE。いったいどんなことをしているのか? スピードが早すぎて分からない人も、「これどうなってたっけ?」と思い出したい人も、この記事を見ればLINEが分かります!

ソーシャルメディア関係のニュースを見ていて、LINEが出てこない日はありません。

電車でスマートフォンをいじっている人を観察していると、LINEをやっている……
なんていう光景もよく目にしますし、ぼくもLINEをメール代わりに使っています。

そんな中、つい先日LINEの登録ユーザー数が6000万人を超えたというプレスリリースも出ました。

「LINE」、登録ユーザー数が6,000万人を突破~キャリアとの連携強化や、プラットフォーム上のコンテンツ拡充に注力~( http://about.naver.jp/press/press_detail?docId=1431

このプレスリリースによれば、3週間に500万人のユーザーがLINEへ登録しているとのこと。すごいぜ、LINE!

いったい、なぜ急激にユーザーが増えているのでしょうか?
NAVERの怒濤の攻勢を含めて、現状をまとめてみました。

LINEの現状まとめ


アクティブユーザー82%、1日にやり取りされるメッセージ量は10億!

LINEのユーザーは全世界で4500万人、国内は2000万人、1日10億メッセージ( http://jp.techcrunch.com/archives/jp20120703line-45million-users/

230カ国で使われるLINEは、2012年の3月時点では日本国内44パーセントが利用している。そして、1日にやりとりされるメッセージの量は10億メッセージであることを明かしてくれた。また月間のアクティブユーザーは82パーセントとなっている。

スタンプの8月売上は3億円以上!

LINEのスタンプ売上が単月3億円を突破( http://japan.cnet.com/news/service/35021534/?ref=yj

仮想通貨「LINEコイン」や「LINEクーポン」の導入のほか、有料版スタンプを販売する「スタンプショップ」の売り上げが8月単月で3億円を突破するなど、コンテンツ課金収入も順調に伸びているという。

グループチャットサービスとして国内ではスカイプよりも利用されている!

LINEユーザーのスタンプ購入経験は23.7%( http://mmd.up-date.ne.jp/news/detail.php?news_id=1121

最も利用しているグループチャットサービスについて調査したところ、最も多かったのが「LINE」で49.4%、次に多かったのが「Skype」で31.6%という結果となった。

LINE公式アカウントが集めている友だち数がハンパない!

木下優樹菜さんも登場!LINE公式アカウント国内41事例まとめ&ランキング【2012年8月末版】( http://gaiax-socialmedialab.jp/line/146

8月31日時点の友だち数ランキングです。新規で立ち上がった『東京ディズニーリゾート』さんのアカウントの友達が、一気に100万人となり6位に着けました。

※ガイアックスさんのブログから引用

ECに乗り出したLINE、第一弾は1日で完売!

LINE、公式アカウントに「LINEシークレットセール」をオープン( http://www.nhncorp.jp/press/2012/092556

「LINEシークレットセール」は、LINEのアプリ上で、厳選された商品・サービスを時間限定・数量限定で販売するショッピングサービスです。新設された「LINEシークレットセール」(LINE ID:#linesecretsale)の公式アカウントを「友だち追加」したユーザー限定で、商品の詳細、販売開始日時、購入ページのURLなど特別なセール情報を入手することができます。

まとめ


ここに載せたものだけでなく、LINEのマスコットキャラクターも高い人気があります。その人気から、グッズになるくらいです。

LINE公式グッズ販売開始!第1弾はストラップ!( http://lineblog.naver.jp/archives/8803802.html

メッセージアプリとしては後発だったのにも関わらず、たった一年半でここまでユーザーを獲得できた理由についてNHN Japanの堀屋敷氏は

「スピードをはやく、常に出していく。ユーザーのレスポンスを受け取って、また次につなげていく。これがLINEが成長し、成功した理由だと思っている」

と述べています。

みんなが大注目「LINE」の裏側を取材~国境や世代を越えて愛されるサービスリリースの秘訣【第1弾企画・開発編】( http://markezine.jp/article/detail/16376

めまぐるしく状況が変化するウェブ業界でも、特に動きが早いLINE。これからの動向にも要注目です。

17:40 追記

つい先ほど国内ユーザー数が3000万人を超えたとアナウンスがありました!

勢いはとどまるところを知りませんね。

SERVICE
  • sns