;
SERVICE

ビジネスブログを効果的にするための3つのボタン

shadow
business_blog_effective_button
matsushita

Author :  

shadow
business_blog_effective_button
  • Recruit
  • Recruit

あなたのビジネスブログは、3つのボタンでより効果的になる

「記事を用意した。さあ、公開だ!」でも、その前に少し確認していただきたいことがあります。

あなたのブログには、ブログをより効果的にするための“3つのボタン”が設置されていますか?

このボタンが無ければ、訪問者、PV、コンバージョンなどに思ったような変化が見られないかもしれません。ぜひ確認してください。

ビジネスブログを効果的にするための3つのボタン

1. ソーシャルボタン

ブログに置くことを推奨したいボタンは、ひとつだけではありません。実は、2つあります。

1.1 シェアボタン

ひとつはコンテンツをシェアするためのソーシャルシェアボタンです。シェアボタンが必要になる理由はふたつあります。

  1. コンテンツを拡散してもらう
  2. コンテンツを多く見てもらったことを証明する

シェアボタンが無くてもコンテンツをシェアすることは出来ますが、されやすさは全く違います。自分の経験に置き換えると分かりやすいかもしれません。「シェアしたいのにボタンがない」と思ったことはありませんか? そう思ったときの多くはシェアせずにページを閉じているのではないでしょうか。

『読んで終わり』ではなく、『役に立ったからシェア』を増やすためにシェアボタンを設置しましょう。

また、出来れば記事の最初と一番最後に設置するとよいでしょう。その記事がどれくらいシェアされているのかが一目で分かるようになります。数字のインパクトは、タイトルと同等かそれ以上のものがあります。

business_blog_button

読了した後に押してもらえるように、最後にも必ず設置しましょう。

business_blog_button2

1.2 ソーシャルコネクトボタン

あなたのソーシャルメディアと繋がれるボタンを設置しましょう。ハイベロシティの場合は右側に設置されています。

business_blog_button3

あなたのサイトが有益だと思ったユーザーは、ソーシャルメディアで繋がって、より多くの情報を仕入れたいと思うでしょう。簡単にいいね!やフォローできるようにしておきましょう。

2. 購読ボタン

あなたのブログやウェブサイトの最新情報を、ユーザーが購読できるようにしましょう。方法としては2つ考えられます。

  1. RSSフィードを発信して、RSSで読んでもらう
  2. Twitterをフォローしてもらう

RSSが一番メジャーな方法でしょう。RSSを利用している人が、すぐにRSSリーダーへあなたのブログを追加できるようにボタンを設置しましょう。

もうひとつ、Twitterをフォローしてもらうというのもいいと思います。TwitterはFacebookのEdgerank(エッジランク)のようなアルゴリズムが無く、フォローしている人と時間さえ合っていれば確実に届きますので、定期購読者(サブスクライバー)を増やし、ソーシャルという特性を生かしてリーチも増やすことができるのでオススメです。

business_blog_button4

3. Call to Action(CTA)ボタン

事業と関連する記事を書き、公開したときはCTAボタンを設置することで、あなたの見込み顧客となる可能性が高くなります。

インバウンド・マーケティング』には行動喚起の強さによってのコンバージョンレートの違いが次のように書かれています。

単にコンタクトページからメールを送るといった程度の弱いレベルの行動喚起と、ほとんど強制的な行動喚起との違いは、我々の経験では、育成率0.5%と5%ほどの開きがある。

インバウンド・マーケティング P.210

通常、ブログに設置するCTAボタンは“ほとんど強制的な”レベルの行動喚起ではありませんが、通常のコンタクトページよりもコンバージョン率が高くなります。事業と関連するブログ記事には、CTAボタンを挿入しておきましょう。

business_blog_button5

まとめ

  1. ソーシャルボタン
  2. 購読ボタン
  3. CTAボタン

この3つを設置することで、ビジネスブログはより効果的になります。しっかりとした記事を書いているのに、思ったような効果が出ないと悩んでいる方は、一度確認してみてください。

特にRSSフィードとCTAボタンを設置していないビジネスブログは普段読んでいる中でも意外と多いように思いますので、ぜひ設置しましょう。

不明な点がありましたら、お気軽にご連絡ください。

(Photo: DIY: Shutter Release Switch for Canon DSLRs by Yutaka Tsutano)

SERVICE
  • sns