;
SERVICE

【Gartner調査】モバイル決済の取引金額は前年比で44%増加

shadow
gartner_says_mobile_payment_44percent_yoy
matsushita

Author :  

shadow
gartner_says_mobile_payment_44percent_yoy
  • Recruit
  • Recruit

モバイル決済の取引金額は2354億ドルに!

Gartnerは6月4日(現地時間)、2013年、世界のモバイル決済の取引金額は前年の1631億ドルと比較して、44%増加の2354億ドルに達する見込みだと発表しました。ユーザー数も2億人だった2012年から、2億4500万人へと増加しています。

2012年から2017年にかけて、取引金額は年間で平均35%の増加が予想されるとし、2017年時には取引金額が7210億ドル、ユーザー数は4億5000万人になることが見込まれています。ただし、この数値は2012年の伸びが予想を下回ったことで、下方修正が加えられているとリサーチディレクターのSandy Shen氏が述べています。特に、北米とアフリカにこの傾向があるとのこと。

一方でNFCを利用した取引は減少しており、シェアを40%以上落としています。2016年に非接触端末の普及により少し回復するものの、2017年のシェアは5%程度に留まると予測しています。

現在モバイル決済市場の主となっているのはMobile Transfers(モバイルから相手に振り込むこと)とMerchandise Purchases(モバイルによるショッピング)であり、それぞれ71%と21%の取引金額のシェアを持っています。

一方でSquareなどのサービスであるBill Payment(モバイルでの料金支払い)は、2013年に取引金額が44%上昇し、2017年には取引金額全体の5%まで成長する見通しです。

アジア・太平洋地域における取引金額は740億ドルにのぼっており、前年比で38%の成長が見込まれています。特に市場が拡大しているのは、韓国・シンガポールといったデジタルの先進国の他に、インドも大きな成長をしているとのことです。

日本は名前を連ねませんでしたが、完全国産のモバイル決済サービスCoineyや、アメリカから上陸したSquare、QRコードを利用したモバイル決済znapなど、続々とサービスが展開しつつあります。今年、日本のモバイル決済市場はどのような動きを見せるのでしょうか。名前を連ねるほどの飛躍っぷりを期待したいものです。

Gartner Says Worldwide Mobile Payment Transaction Value to Surpass $235 Billion in 2013(Gartner)

(Photo: iZettle Mobile Payments by Håkan Dahlström)

SERVICE
  • sns