;
SERVICE

Facebook、インサイトのアップデートをアナウンス

shadow
facebook
matsushita

Author :  

shadow
facebook
  • Recruit
  • Recruit

マーケティングツールとしての機能を強化

Facebookは6月19日、Facebook Insightsのアップデートをアナウンスしました。このアップデートは一部のページから適応され、今夏中には全てのページで利用できるようになるとのことです。

Facebookは今までに、インサイトをもっと実用的なツールにして欲しいとのフィードバックを受けており、その要望に答えて今回のアップデートを行ったとしています。具体的には大きく3点変わっています。

概要

現在の概要

facebook_insights_updata

新しい概要

facebook_insights_updata_2

今週と前週の比較が簡単に出来るようになっています。

また、話題にしている人(Talk About This: PTAT)が、People Engagedに変更されています。今まではいいね!、コメント、シェアなどがバラバラに表示されていましたが、それぞれの要素が視覚化されています。ポストクリックの要素も追加されていますね。

投稿

現在の投稿の詳細

facebook_insights_updata_3

新しい投稿の詳細

facebook_insights_updata_4

今まで、投稿の詳細を見るにはデータをエクスポートするか、我慢して何カ所もクリックして回るしかありませんでした。しかし、今回のアップデートによって全てが一目で分かるようになっています。

特に、リンククリックが分かるようになっているのは大きいですね。Facebookから自サイトへどれくらい流入があったか、Google Analyticsを使わなくても分析できるようになっています。

どの投稿が反応が良く、どの投稿が悪かったのかを分析することで、EdgeRankの向上・改善に繋げられますので、ぜひ活用しましょう。

People Engaged

facebook_insight_updata_6

今回追加された新しい要素です。投稿に反応したユーザーの年齢、性別、地域といった情報を見ることができます。

反応した年齢・性別が分かりやすくなっているのは、キャンペーンで想定したターゲットからしっかりと反応が得られているかを判断する良い指標になりますね。

また、今回のアップデートでAPIに変更を加えることはない、とのこと。

まとめ

今回のアップデートで、インサイトがマーケティングツールとして、より活用しやすくなったと言えるでしょう。

このアップデートが適用されるのが待ち遠しいですね。

もし、すでにアップデートが適用されている方がいたら、使い心地をコメントしてください!

Updating Page Insights(Facebook Studio)

(Photo: Facebook Beachfront by mkhmarketing)

SERVICE
  • sns