;
SERVICE

米シスコ、500人規模のモノのインターネット(Internet of Things)専門の部門を立ち上げ

shadow
the_internet_of_things_cisco
matsushita

Author :  

shadow
the_internet_of_things_cisco
  • Recruit
  • Recruit

モノのインターネットの市場規模は14兆ドルとの予想

Business Insiderは6月27日(現地時間)、米シスコが“500人規模”の新しいビジネス部門を立ち上げたと報道しました。シスコのJohn Chambers氏は、この部門が担うことになる領域は“Internet of Things”(IoT)で、日本では一般的に“モノのインターネット”と呼ばれています。

Chambers氏はIoTの市場規模について、次のように語っています。

モノのインターネットは、次の10年でIT業界の中で最も大きなレバレッジ・ポイントとなると思います。この領域が生み出す利益は14兆ドル(1400兆円)にのぼるでしょう。

Cisco’s John Chambers Has Found A New $14 Trillion Market(Business Insider)

Business Insiderの記事では、「it wasn’t just idle talk.(これは無責任な話ではない)」とつけ加えられています。適切な表現は見つかりませんが、1400兆円といえば、リーマンショックによって1ヶ月で世界から消し飛んだ金額です。

それだけの市場規模を持つ、モノのインターネットとは何でしょうか?

モノのインターネット

今、インターネットに接続にPCは15億台、モバイルは10億台ある(数字は2012年のもの)と言われています。この数字は、2020年に960億台にまで膨れ上がると言います。しかし、その頃の人口予測は76億人前後であろうとされています。どう考えたって、普通の人が12台のPCやモバイルを持っているわけがありません。

960億という数字が達成されるには、あらゆるモノがインターネットへ接続できるようになる必要があるでしょう。実際、それは少しずつ実現しつつあります。日本ではソフトバンクから発売されている『fitbit』が一例と言えます。話題となっているスマートシティも、あらゆるモノがインターネットに接続できるようになって初めて可能となります。

そして、インターネットに接続されているということは、そこから得られるデータがあり、分析し、アクションを起こすことが出来るようになります。シスコのSoderbery氏は、その一例に飛行場をあげています。

飛行機のターンアラウンドタイムが5分短縮することで、年間100万ドルの利益を得られます。

Cisco Internet of Things business unit launched at Cisco Live(SearchNetworking)

補足:トラッキングが可能になるのでサービスをより迅速にし、それを分析することで、効率的な改善を行える。

これらは夢物語ではなく、モノのインターネットは少しずつ現実化されています。コベルコシステムさんのブログに、その一例が取り上げられていましたので、引用させていただきます。

■ 交通システムの最適化

車の混雑状態を検知し、街全体の渋滞の緩和を行う
車同士がお互いに通信し事故を防止

■ 店頭や工場での在庫管理の高度化

商品在庫、配置のリアルタイム管理、不正検出

■ 医療モニタリングシステム

各種生体センサーにより体調を管理、必要に応じた医者の診断実施
在宅ケア、遠隔医療などが可能

■ 食材のトレーサビリティの実現

食材や素材を個別に管理、生産、加工、流通、販売までの履歴を収集
履歴情報を参照とした食の安全を提供するシステム

 あらゆるモノがインターネットにつながる世界〜「モノのインターネット(Internet of Things)」(コベルコシステム株式会社)

シスコが立ち上げた部門は、500人の従業員がおり、2億ドルの予算がつき、R&D(調査開発)が行われるとのこと。業界を牽引する原動力となるのでしょうか。モノのインターネットが本格的に動き出すときがきたのかもしれませんね。

みなさんは、あらゆるモノがインターネットに接続されたとき、どのようなことが可能になると思いますか? 「こんなことが出来たら面白い!」と思ったことがあれば、気軽にコメントくださいね!

Cisco Has Quiently Launched A New 500-Employee Business Unit(Business Insider)

(Photo: Booklaunch the Internet of Things by Institute of Network Cultures)

SERVICE
  • sns