;
SERVICE

Digg ReaderのBeta版が使えるようになったので試してみた

shadow
digg_reader_beta
matsushita

Author :  

shadow
digg_reader_beta
  • Recruit
  • Recruit

シンプルで移行しても違和感無く使える作り!

Google Reader終了まで、今日含めて3日です。RSSヘビーユーザーの方は、もう移行完了していますか? 私はひとまずTHE OLD READERに乗り換えており、今のところ大きな不満はありません。

でも新しいもの好きとしては、新しく出てきたサービスがあったら使ってみたくなります。

アメリカのソーシャルニュースサイトのDiggがRSSリーダーの『Digg Reader』のBeta版を提供開始したというので、昨日申請メールを送ったところ、今日の昼頃に利用可能になったとのメールがきましたので、早速導入してみました。

ちなみに申請はここから。

Digg Reader

メールが届く

digg_reader

こんなメールが来ていれば利用可能です。このメールに書いてあるDigg Readerの特徴を翻訳すると以下のようになります。

  • Google Readerと同じキーボードショートカットが使える
  • リスト・拡張ビューを選べる
  • Instapaper, Pocket, Readabilityなどの『後で読む』サービスが使える
  • Digg、フィードを設定にあるURLから共有できる

+iPhone、iPadのアプリがある
Androidはもうすぐ出るよ

Google Readerの後釜として構えるのならGoogle Readerと同じキーボードショートカットが使えるのは必須ですね。Androidアプリはもうすぐとのことなので、座して待ちましょう。

ログインしてみる

digg_reader_2

といっても、招待メールにあるURLをクリックすればこの画面に飛びます。Import Google Readerをクリックすると、Googleアカウント選択画面に移りますので、インポートを行いましょう。

インポート完了

digg_reader_3

プライベート用のアカウントでやってみたので、それほど登録フィードは多くありませんが、本当に一瞬でインポートが完了しました。

で、リーダー画面はGoogle Readerと大きく変わっている部分はなく、簡単に使うことができますね。

フィードの共有

digg_reader__3

設定にあるDigg Feed、Saved Feedから共有することができます。同じく、後で読むサービスとSNSのアカウントの連携もここで行います。

iPhoneアプリ

digg_reader_5

こちらもシンプルな作りとなっていて、ニュースを読む妨げになるものはありません。

まとめ

個人的にデスクトップではTHE OLD READERを使い、iPhoneではDigg Readerを使おうかなと思います。

どちらが良いというわけではなく、THE OLD READERには、Googleからのインポート後から追加したフィードが多すぎるため、移行が面倒だという理由からです。

一方でTHE OLD READERはアプリがなく、ブラウザから使うしかありません。そうするとアプリであるDiggの方が使い勝手が上ですし、iPhoneでは趣味に関する情報についてばかり見ています。仕事とプライベートを分けたい派としては、RSSリーダーも使い分けたいため、好都合でもありました。

もちろん、デスクトップのDigg Readerも素晴らしいため、統一したい方は移行も簡単なDigg Readerを使うという選択肢は十分にあると思います。

Digg Reader

iOS

SERVICE
  • sns