;
SERVICE

Google Mapのスマートフォンアプリにローカル広告が追加

shadow
google_maps_relevant_ads_logo
matsushita

Author :  

shadow
google_maps_relevant_ads_logo
  • Recruit
  • BaseStationApp

10億人のアクティブユーザーがいるGoogle Mapにローカル広告が登場

「Google Mapには、10億人のアクティブユーザーがいる」

Googleは、今月8日に公開した記事でこう切り出し、ユーザーの多くは近くのレストランやディーラーを探すために利用していると述べました。

その上で、近日公開予定のAndroid、iOS向けのGoogle Mapアプリの新バージョンで、ローカル広告機能を搭載することを発表しました。この広告は”Relevant ads(関連広告)”と呼ばれています。検索したキーワードに関連する近くの店舗の広告が、スクリーンの下に表示されています。

google_maps_relevant_ads

広告をタップやスワイプすると広告が展開され、詳細情報が表示されます。

google_maps_relevant_ads_2

この広告は既存キャンペーンからロケーション広告を追加、もしくはAdWords Expressから出稿することができます。また、モバイルデバイスやGoogle検索パートナーへ非表示設定している場合は、表示するよう設定の変更が必要なのでご注意を。

無料と有料、2つのアクション

出稿した広告へのアクションは、無料と有料の2つがあります。

無料
  • ロケーション情報の保存
  • ロケーション情報の共有
有料
  • ナビゲーションを表示する
  • 電話番号のリンクから電話をかける(Click-to-Call)
  • 広告見出しのタップ
  • 詳細なロケーション情報のタップ

“詳細なロケーション情報”はちょっと分かり辛いので解説を加えると、以下の4点です。

  • 住所
  • 電話番号
  • 写真
  • ユーザーレビュー

行きたい場所を探すときだけではなく、近くで適当な飲食店を探したりするのにも重宝しますよね、Google Map。行き先を決めていないユーザーにとって、かなりの影響を持ちそうな広告です。

ローカル広告については最近Foursquareがリリースしています。Appleも対応するでしょうし、厳しいローカル広告競争が始まりそうですね。

Attract new customers with local ads on the Google Maps app(Google AdWords Blog)

SERVICE
  • sns