;
SERVICE

Softbank、eAccessを買収

shadow
softbank_eaccess

Author :  

shadow
softbank_eaccess
  • Recruit
  • Recruit

2012年10月1日17:00からソフトバンクの会見で、正式にSoftbankがeAccessを買収することが発表された。

2012年10月1日17:00からソフトバンクの会見で、正式にソフトバンクがイー・アクセスを買収することが発表された。
買収額は2000億円弱になる模様。株式交換により完全子会社化を目指す。スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の普及で通信量が増大するなか、イー・アクセスが持つ周波数帯を活用する。買収後のソフトバンクグループの携帯電話契約数は2位のau(KDDI)に迫り、国内の携帯電話事業者は首位のNTTドコモを含めた大手3社に集約される。
狙いは世界標準バンドの1.7Ghzだ。iPhone5はLTEに対応した。さらに今回の統合により、Softbankがもつ2.1GHz 20,000局とeaccessの10000局、合わせて30,000局体制を実現した。
連結売上高見通しを単純合算すると2013年3月期に3兆6000億円規模となり、2位のKDDI(2013年3月期予想は3兆5800億円)を抜く可能性がある。

決め手は「テザリング」だった。


テザリングを実現するために、softbankとeaccessの経営統合は早まったようだ。softbankからの熱烈なラブコールにより実現した今回の統合により、テザリング開始日も前倒しとなっている。2012年12月15日だ。1ヶ月も早まっている。

以下、プレゼンテーションの流れだ。

softbankとauの競争を説明。2.1GHzで激しくバトルを繰り返していることがわかる。

001

002

今回の目玉、1.7GHzが世界標準バンドであり、それをeaccessが持っていることを説明。

003

これにより、基地局が30000局になることを説明。

004

005

006

007

料金も改定。

008

009

経営統合の概要。

010

011

SBへのシナジー効果は3600億円!

012

013

014

015

 Wエンジン

2つの重要なポイントとして「どのの周波数帯の許認可を持っているか?」、「基地局の数」を挙げた。これがソフトバンクシナジーを生み出すという。

016

4+3=2

今回の統合により、業界4位のemobile+業界3位のsoftbankはついに業界2位を示した。*ただし100%子会社のウィルコム含む。

017

018

019

020

021

すごい!

SERVICE
  • sns