;
SERVICE

Yahoo!、EC事業の大部分を無料化。日本随一のトラフィックを持ったプラットフォームによるプロモーションも

shadow
yahoo-logo
matsushita

Author :  

shadow
yahoo-logo
  • Recruit
  • BaseStationApp

Yahoo!ショッピングでは、個人の出店も気軽に行えるように

Yahoo! JapanはEC事業に変革を齎しました。無料化、という形で。

日本で最大級のオークションサイト『ヤフオク』は、個人出品システム利用料を原則無料、ストア出店料も無料になりました。さらに、ショッピングサイトである『Yahoo!ショッピング』はストア出店料、売上に対するロイヤルティが無料化になります。

両サービスの詳しい内容について、Yahoo!公開したプレスリリースやプロモーションサイトから見てみましょう。

ヤフオクはどう変わったのか?

ヤフオクプロモーションサイトはこちら

yahuoku

大きく2点。

  • 入札が0円に
  • いくら出品しても0円

入札0円

本日(10月7日)からの入札に適用されています。また、これまでは5000円以上の入札の場合プレミアム会員登録が必要でしたが、その登録も不要となりました。

一方で、特定カテゴリーについてはプレミアム会員のみ入札可能となっています。そのカテゴリーは以下の通り。

  • 自動車車体
  • トラック車体
  • バス車体
  • オートバイ車体
  • ダンプ車体
  • セーリングボード
  • モーターボート
  • バスフィッシング用ボート
  • 水上オートバイ
  • 建設機械
  • 重機車体
  • 不動産

出品0円

こちらも同上で、本日から適用されます。

出品自体は0円で行えますが、出品するにはプレミアム会員登録を済ませる必要がありますので、実際には月額399円と言えるかもしれません。それでも今までより圧倒的に手数料が安くなったことは事実なので、嬉しいことですね。

また、自動車車体、トラック車体、バス車体については、出品ごとに2940円かかります。

ロイヤルティ

売上の5%というロイヤルティについては変更がありません。

Yahoo!ショッピングはどうなった?

Yahoo!ショッピングプロモーションサイトはこちら

yahushopping

こちらのポイントも、やはり2点。

  • 費用が0円に
  • 売上のロイヤルティ料が撤去

費用が0円に

従来は2万1000円の初期費用と、2万5000円の月額費用がかかりました。この費用が無料になります。

Yahoo!は売り手側が金銭的な負担をすることなく、気軽に販売できるようになったと述べています。期間限定の短期営業が費用面の負担を心配をせずに開設できるようになったことは、売り手側にとって大きなメリットですね。

ロイヤルティ撤去

こちらも従来は売上に対して1.7~6%がロイヤルティとされていましたが、やはり無料化されます。

この変更は10月分から適用されます。

個人の出店も可能に

法人だけではなく、個人の出店も可能になりました。個人が出店できるようにすることで、ECサイトとしての裾野を広げる狙いがあると見られます。

出店の申し込みはこちらから出来ます。先着順とのことなので、ご興味がある方はお早めに。

Yahoo!プラットフォームを使った大規模なプロモーション

プレスリリースには、以下の様な記述があります。

日本最大級のインターネットサービス「Yahoo! JAPAN」の集客力をいかし、「Yahoo!検索」や「Yahoo!知恵袋」などYahoo! JAPANの各サービスから「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」への誘導を強化し、訪問者数の増大を目指します。

日本で最も使われているポータルサイトYahoo!は、幅広いサービスからECサービスへ導線を引くことで、訪問者を増やすことを明らかにしました。これは他のECサイトでは中々難しい施策なので、大きなトラフィックを持ったYahoo!ならではと言えるでしょう。

こんなまとめもあるくらいですから、他のECサイトにしてみれば、厳しいことになるかもしれませんね。何か、ECという枠に囚われない新しい付加価値が必要となるのでしょう。

SERVICE
  • sns