;
SERVICE

Nexus10の特長

shadow
nexus10

Author :  

shadow
nexus10
  • Recruit
  • BaseStationApp

ディスプレイの大きさもさることながら、デュアル サイド NFCが素晴らしい。

諸事情によりNexus10を購入。

Nexus 10 は鮮やかな 2,560 x 1,600(300 ppi)HD ディスプレイとパワフルなグラフィック プロセッサを搭載しており、優れた画像処理能力を備えています。400 万ピクセル以上のディスプレイで、文字はシャープに、HD 映画はより鮮やかに、写真は細部まで鮮明に映し出されます。

うーん、でかいね。でかい。

スペックは下記の通り。

ディスプレイ

  • 10.055 inches (0.39 mm) 2560 x 1600 (300 ppi)
  • WQXGA True RGB Real Stripe PLS
  • Corning® Gorilla® Glass 2

サイズ

  • 263.9 x 177.6 x 8.9 mm

重量

  • 603g

カメラ

  • 5 メガピクセル(メイン)
  • 1.9 メガピクセル(フロント)

速度

  • CPU: デュアルコア A15
  • GPU: クアッドコア Mali TS04

メモリ

  • 16GB または 32GB(フォーマット後の実際の容量はこれより少なくなります)
  • メモリ: 2GB RAM

接続

  • Wi-Fi 802.11 b/g/n(MIMO+HT40)
  • Bluetooth
  • NFC(Android ビーム)
  • デュアル サイド NFC
  • マイクロ USB
  • マグネット式ポゴピン充電器
  • マイクロ HDMI
  • 3.5 mm ヘッドホン端子

特長

  • Android 4.2(Jelly Bean)
  • 9000 mAh リチウム ポリマー電池
  • 加速度計
  • GPS
  • ジャイロスコープ
  • 気圧計
  • 周囲光
  • コンパス

いくつかの用語説明

Androidのバージョン履歴

Android 1.0

Androidの最初のバージョンは2008年9月23日に公開された。2008年10月22日には最初のAndroid端末として、台湾の端末メーカーであるHTCが開発したHTC DreamがT-モバイルから発売された。

SDKリリース日
  • 2008年9月23日
おもな新機能と変更点
  • 多数の不具合の修正
  • 多数のAPIの追加・変更
  • Wi-Fi接続のサポート
  • SQLiteをSDK内にパッケージング
  • カメラのインターフェース変更
  • マップ・AudioManagerの追加
  • テキスト入力関連のクラス・メソッドの追加
  • Linuxカーネル 2.6.25

Android 1.1

SDKリリース日
  • 2009年2月9日
おもな新機能と変更点
  • 多数の不具合の修正
  • framework APIの変更
  • API Levelの追加
  • Google Mapsへのアクセス関連のAPI追加
  • UIのローカライズ
  • 通話機能:スピーカーを利用している場合のタイムアウトデフォルト値が長くなった
  • 通話機能:DTMFダイアルパッドを簡単に発見できるようにするために、通話画面にダイアルパッドの表示・非表示項目を追加
  • MMSの添付ファイルを保存できるようになった
  • マーキーレイアウトのサポート
  • Maps: Adds details and reviews when a user does a search on Maps and clicks on a business to view its details.

Android 1.5 Cupcake

このバージョンからコードネームに菓子の名前が使われるようになり、カップケーキからきている。

SDKリリース日
  • 2009年4月30日
おもな新機能と変更点
  • camcorderモードで動画の録画と撮影が出来るようになった
  • 動画をYouTubeに、画像をPicasaに端末から直接アップロードできるようになった
  • オートコンプリート機能を搭載した新しいソフトウェアキーボード
  • Bluetooth A2DP サポート
  • 一定の距離内のBluetoothヘッドセットに自動的に接続するようになった
  • デスクトップ上のウィジェットとフォルダが新しくなった
  • スクリーン移動間のアニメーション
  • Webページのコピーアンドペーストも出来るように拡張
  • Linuxカーネル 2.6.27

Android 1.6 Donut

コードネームはドーナツからきている。

SDKリリース日
  • 2009年9月15日
おもな新機能と変更点
  • 改善されたアンドロイドマーケット
  • 統合されたカメラ・カムコーダ・ギャラリーのインターフェース
  • ギャラリーで、複数の写真を選択して削除できるようになった
  • ダイヤル発信を含むネイティブアプリケーションとの密な統合および、レスポンスが高速となった新しいボイスサーチ
  • ホーム画面からブックマーク、履歴、連絡先およびウェブが検索できるようになった、新しい検索機能(→クイック検索ボックス)
  • 音声検索機能が搭載された。
  • 電池使用量画面
  • ユーザー補助機能(バイブレーション・音による操作のフィードバック等)
  • ユーザーデータのパスワード保護
  • Google Latitudeに対応(位置情報共有)
  • CDMA/EVDO, IEEE802.1x, VPN, ジェスチャー機能、更にテキストの音声読み上げエンジンをサポート
  • WVGAの解像度をサポート
  • カメラの検索スピードを改善
  • Linuxカーネル 2.6.29

Android 2.0/2.1 Eclair

コードネームはエクレアからきている

SDKリリース日
  • 2009年10月26日(2.0)
  • 2009年12月3日(2.0.1)
  • 2010年1月12日(2.1)
おもな新機能と変更点
  • ハードウェア速度の最適化
  • より多くの画面サイズと解像度のサポート
  • ユーザーインターフェースの改良
  • 新しいブラウザのユーザーインターフェースと、さらなるHTML5のサポート
  • 新しい連絡帳
  • 背景の黒白比の改善
  • 改善された Google Maps 3.1.2
  • Microsoft Exchange サポート
  • カメラのフラッシュのサポート
  • デジタルズーム
  • MotionEvent class がマルチタッチイベントを追いかけられるように機能追加
  • バーチャルキーボードの改善
  • Bluetooth 2.1
  • ライブ壁紙
  • Linuxカーネル 2.6.29

Android 2.2 Froyo

コードネームはジンジャーブレッドからきている

SDKリリース日
  • 2010年12月6日(SDK 2.3)
  • 2010年12月16日(Nexus S)
  • 2010年12月17日(ソースコード)
  • 2011年1月26日(SDK 2.3.1)
  • 2011年2月9日(SDK 2.3.3)
  • 2011年4月28日(2.3.4)
  • 2011年7月25日(2.3.5)
  • 2011年9月2日(2.3.6)
  • 2011年9月20日(2.3.7)
おもな新機能と変更点
  • Dalvik VM にJITコンパイラを搭載し、2〜5倍高速化
  • JavaScript実行エンジンがV8になり、2〜3倍高速化
  • エンタープライズ関係の機能強化
  • クラウドとデバイスの連携API
  • テザリング対応(日本で発売される機種は無効にしているものが多い)
  • 傾き情報・方位磁石・カメラ入力・マイク入力がブラウザで受け取れるようになった
  • Adobe Flash対応
  • インストール済アプリの自動更新
  • クラッシュ時のバグレポートの送信
  • パソコン上のコンテンツを端末へストリーミング
  • Linuxカーネル 2.6.3

Android 2.3 Gingerbread

コードネームはジンジャーブレッドからきている

SDKリリース日
  • 2010年12月6日(SDK 2.3)
  • 2010年12月16日(Nexus S)
  • 2010年12月17日(ソースコード)
  • 2011年1月26日(SDK 2.3.1)
  • 2011年2月9日(SDK 2.3.3)
  • 2011年4月28日(2.3.4)
  • 2011年7月25日(2.3.5)
  • 2011年9月2日(2.3.6)
  • 2011年9月20日(2.3.7)
おもな新機能と変更点
  • ゲームのための改良
  • > 並列GC(目標3ms以下の停止)
  • > イベントの反応性の改善
  • NFC(近距離無線通信)対応
  • 複数のカメラを扱えるAPIの追加
  • ウインドウ管理APIの追加
  • (2.3.3)双方向通信などのNFC APIの拡張
  • 回転加速度・単方向加速度の検出、重力・気圧センサー、ジャイロスコープに対応
  • WebM、VP8など対応するメディアフォーマットの追加
  • SIPの標準サポート
  • UIの刷新・高速化
  • アプリ管理機能の強化
  • ソフトキーボードの改良、マルチタッチ入力機能の追加
  • ワンタッチ単語選択機能(コピー&ペーストがより容易に)
  • バッテリー管理機能の向上
  • (2.3.4) USBホスト (USB On-The-Go) の 3.1 からのバックポート
  • Apache Harmony 6.0 ベースになる
  • Linuxカーネル 2.6.35

Android 3.x Honeycomb

Android 3.xではタブレットコンピュータ向けに設計されたバージョンとなった。コードネームはシリアル食品のブランド名・ハニカム(英語版)。タブレットに特化したバージョンであることから、タブレット以外のデバイスに搭載された場合の混乱を避ける為、Android 4.0のリリースまでソースコードが公開されなかった。

3.0 SDKリリース日
  • 2011年2月22日(3.0 SDK)
  • 2011年2月24日(3.0 実機)
おもな新機能と変更点
  • 新しいユーザーインターフェース。タブレットなどの大型ディスプレイに最適化。3.xはタブレット専用となった。
  • 2D,3Dの描画の高速化。2Dのハードウェアレンダリング。
  • マルチコアプロセッサのサポート
  • テキスト選択の改善
  • 動画のサポートの改善
  • JavaScriptでマルチタッチが扱えるようになる
  • SVG対応
  • ブラウザがHTML Media Capture対応
  • DRMフレームワーク
  • Linuxカーネル 2.6.36
3.1 SDKリリース日
  • 2011年5月10日(3.1 SDK)
おもな新機能と変更点
  • ユーザーインターフェースの改善。
  • オープンアクセサリAPI
  • USBホストAPI (USB On-The-Go)
  • マウス、ゲームパッド、ジョイスティックからの入力
  • ホームスクリーンウィジェットのサイズを変えられるようにした
  • メディア転送プロトコル
  • Real-time Transport Protocol
3.2 SDKリリース日
  • 2011年7月15日(3.2 SDK)
  • 2011年9月20日(3.2.1)
  • 2011年8月30日(3.2.2 Motorola Xoom 4Gに搭載)
おもな新機能と変更点
  • より広範なタブレット向けの最適化
  • 固定解像度アプリに対しての互換性のあるズーム
  • SDカードに対してのメディア同期
  • スクリーンサポートの拡張

Android 4.0 Ice Cream Sandwich

コードネームは氷菓のひとつであるアイスクリームサンドイッチからとられた。メモリ512MBでも動作するが、メモリ1GB以上ないと快適(≒高速)に動作しないため、日本のキャリア(NTTドコモ, au, ソフトバンク)では、DRAMが1GB以上の端末のみ、Android 4.0 へのアップデートを行う。
スクリーンショット機能はAndroid 4.0以降では以前のバージョンからバージョンアップした機種も含め全て電源ボタンとボリューム下の同時押しにより出来る。

SDKリリース日
  • 2011年10月18日(4.0 SDK)
  • 2011年11月14日(4.0.1 ソースコード)
  • 2011年11月29日(4.0.2)
  • 2011年12月16日(4.0.3)
  • 2012年3月28日(4.0.4)
おもな新機能と変更点
  • スマートフォンとタブレットのUIの統合
  • リッチコミュニケーションと共有
  • > 新しいソーシャルとカレンダーAPI
  • > NFCを利用したAndroid Beam
  • > WiFi Direct
  • > Bluetooth Health Device Profile
  • 操作性とカスタマイゼーション
  • > 通知の改善
  • > フェイスアンロック
  • > ロック画面で、カメラと音楽の操作
  • > ランチャーのアプリ管理の改善
  • 画像や動画のエフェクト
  • 正確なカメラの測光、顔認識
  • メディアコーデック対応の追加
  • GPUによる2D描画
  • 新しいグリッドベースレイアウト
  • ソフトウェアキーボードの改善
  • スペルチェッカーAPI
  • スタイラスによる入力サポート
  • マウスサポートの改善
  • 新しいアクセスビリティと音声合成のAPI
  • エンタープライズ向け
  • > キーチェインとVPNのAPI
  • > カメラを無効にする管理ポリシー
  • Linux カーネル 3.0
  • 4.0.1 からオープンソースに戻る。その際、3.xのソースコードも開示し、gitの履歴には存在するが、gitのタグは振られていない。

Android 4.1/4.2/4.3 Jelly Bean

コードネームはゼリービーンズからとられた。フルHDディスプレイを搭載したスマートフォン端末において、400を超えるPPI(Pixel Per Inch)をサポートするバージョンである。操作性についてもProject Butter(プロジェクトバター)の成果が活かされており、4.0からのマイナーバージョンアップらしからぬ面を持ち合わせている。

4.1 SDKリリース日
  • 2012年6月27日(4.1 SDK)
  • 2012年7月10日(4.1.1 ソースコード)
  • 2012年10月9日(4.1.2)
おもな新機能と変更点
  • 高速化・反応性の向上
  • > 16msの垂直同期に合わせる
  • > トリプルバッファリング
  • > タッチを垂直同期に合わせ、タッチ位置を予測するようにし、CPUブーストを行う
  • > systrace
  • アクセスビリティの改善
  • 国際化
  • > 双方向テキスト対応
  • > Unicode 6.0 の絵文字対応
  • > ユーザーがインストール可能なキーマップ
  • > 日本語キーボードの半角/全角キーなど対応
  • UIの改善
  • > 拡張可能な通知
  • > サイズ変更可能なアプリウィジェット
  • > タスクナビゲーションを簡単にした
  • > アクティブティの起動アニメーションを簡単に作れるようにした
  • > ライトアウト・フルスクリーンモードへの遷移API
  • > Remoteable View の追加
  • > ライブ壁紙のプレビュー
  • > Contact Photo の 720×720 対応
  • > フェイスアンロックに生体検知オプション追加
  • 入力デバイス
  • > アプリは新しい入力デバイス(USB, Bluetooth など)の接続を受け取れるようになった
  • > 入力デバイスの機能の問い合わせ
  • > 入力デバイスのバイブレーターの制御
  • アニメーションとグラフィックス
  • > アプリから垂直同期の利用
  • > 新しいアニメーションアクション
  • ネットワーク関係
  • > Android Beam の改善
  • > Wi-fi ネットワーク・サービス・ディスカバリー
  • > Wifi-Direct サービス・ディスカバリー
  • > ネットワーク帯域管理
  • メディア関係
  • > 低レベルのメディア codec へのアクセス
  • > USBオーディオ
  • > 音声録音をトリガーに出来る
  • > マルチチャンネルオーディオ
  • > 音声の前処理エフェクト
  • > 複数の音声をつなげて再生
  • > メディアルーター
  • Renderscript
  • > サンプルテクスチャ
  • > NEON命令を実行可能
  • > x86 デバイスでのデバッガ
  • Android ブラウザ
  • > HTML5ビデオの改善
  • > スクロールおよびズームの速度の改善
  • > HTML5/CSS3/Canvas アニメーションの速度の改善
  • > テキスト入力の改善
  • > JavaScript (V8) の速度の向上
  • > HTML5 Media Capture 対応
  • > Adobe Flashの廃止
  • Google API
  • > Google Cloud Messaging
  • > アプリの暗号化
  • > スマートアプリ更新
  • > Google Play サービス
  • > Linux カーネル 3.1.10
4.2 SDKリリース日
  • 2012年11月13日(4.2 SDK, 実機)
  • 2012年11月28日(4.2.1)
  • 2013年3月2日(4.2.2)
おもな新機能と変更点
  • マルチアカウント
  • フォトギャラリーのアップデート。360度撮影。
  • ジェスチャ文字入力
  • Google Play 以外からインストールするアプリにもマルウェアスキャン
  • 描画の高速化
  • > 2D グラフィックスのハードウェアアクセラレーション。スクロールなどの高速化。
  • > WebViewの高速化。スクロールの高速化。
  • UI の改善
  • > タブレットでは、全ての画面サイズで、ステータスバーを上に、通知はプルダウンに、システムバーは下にもってきた。アプリケーショントレイも全ての画面サイズで利用可能。
  • > クイック設定
  • インタラクティブなロックスクリーンウィジェット
  • 外部ディスプレイでのミラーリング以外のサポート
  • > DisplayManager
  • > Presentation ウィンドウ
  • > 著作権保護対応
  • > Miracast によるワイヤレスディスプレイのサポート
  • ネイティブ RTL サポート
  • フォントと文字の最適化
  • > 日本語 – WebView での縦書きのサポート
  • > 韓国語 – Nanum Gothic
  • 入れ子Fragment
  • アクセシビリティの改善
  • RenderScript
  • > FilterScript
  • > 組み込みスクリプト – ブレンド、blur など
  • > スクリプトグループ
  • > 高速化
  • > GPUでの実行
  • 開発者向けオプション
  • > デフォルトは非表示になり、Settings > About phone > Build number を7回タッチする必要がある
  • > 8項目新規に追加
  • セキュリティの強化
  • 新しいBluetoothスタック
  • 低遅延オーディオ
  • 新しいカメラハードウェアインターフェイス
  • > HDR カメラシーンモード
  • 新しいNFCハードウェアインターフェイス
  • Dalvik
  • > x86, MIPS での JIT のサポート
  • > 512MB よりも大きなメモリ環境でのGCの高速化
4.3 SDKリリース日
  • 2013年7月24日(4.3 SDK, 実機)
おもな新機能と変更点
  • 描画
  • > 描画命令の変形・融合による、描画の高速化
  • > 図形や文字の描画の改善
  • > ウィンドウバッファの割り当ての改善
  • > OpenGL ES 3.0 対応
  • Bluetooth
  • > Bluetooth Smart Ready 対応
  • > Bluetooth AVRCP 1.3 対応
  • マルチユーザーで制限プロファイル対応
  • 位置情報
  • > ハードウェア併用によるバッテリー節約
  • > Wi-Fiに接続することなく、Wi-Fi による位置情報取得
  • > 磁気干渉に妨げられることのない、デバイス角度の取得
  • > キャリブレーションのしてない、ジャイロスコープと磁力計
  • マルチメディア
  • > Modular DRMフレームワーク
  • > VP8エンコーダ
  • > ビデオエンコーダの入力として OpenGL ES Surface を利用可能
  • > メディアミキサー。MPEG-4のビデオのみと音声のみを1つにまとめることが出来る。
  • > ロックスクリーンや通知領域などのメディアプレーヤーのリモートコントールクライアントで、再生位置の調整を行えるようにした
  • ユーザーインターフェイス
  • > 通知領域の内容取得
  • > View への透明なオーバーレイ
  • > optical bound によるレイアウト
  • > 回転アニメーションの種類の指定
  • > 画面回転のロック
  • > クイックレスポンスを扱うインテント
  • 国際化
  • > RTL の改善
  • > ローカライゼーション ユーティリティー
  • > アクセシビリティとUI自動操作
  • > キーイベントの監視とフィルタリング
  • > アクセシビリティの利用可能機能情報
  • > 新しいUI自動操作フレームワーク
  • 企業向け機能とセキュリティ
  • > WPA2 エンタープライズアクセスポイントの Wi-Fi 証明書を設定可能
  • > SELinux の使用
  • > キーチェインAPIの追加
  • > アプリ固有のキーストアプロバイダー
  • > /system パーティションを nosuid でマウント
  • パフォーマンス解析
  • > 改良された systrace によるロギング
  • > オンスクリーンでの GPU プロファイリング
  • > StrictMode での file:// URI の警告

Android 4.4 KitKat

コードネームのみ発表。キットカットからとられており、製造元のネスレにはブランド名の使用許可を得ており、キットカットとAndroidがコラボレーションした商品の発売も予定されている。なお、このコードネームが決定するまでは「Key Lime Pie(キーライムパイ)」がコードネームとしてGoogleの社内で使用されていた時期もあったが、そもそもキーライムパイの味を知っている者が少ないといった理由でKitKatに変更された。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Android%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%B1%A5%E6%AD%B4

Android Beam

「Android Beam」(アンドロイド ビーム)は、Android 4.0から搭載されている機能です。非接触通信規格「NFC」に対応したAndroidスマートフォン2台の間で、データ交換をするための仕組みです。

Androidの設定メニューのうち「無線とネットワーク」―「その他」といった項目から、Androidビームの設定が用意されている機種であれば、この機能を使うことができます。

「NFC」とは、近距離通信を意味する“Near Field Communication”の略で、非接触型、つまり端子を繋がなくとも、かざすだけで機器同士が通信したり、繋がったりする通信規格です。NFCに準拠した機器は、13.56MHzという周波数帯の電波を使って、ごく近い距離で106kbps~424kbpsの速度で通信できます。その距離はおおよそ約10cm以内です。

Android搭載のスマートフォンでは、データを転送する手段がいくつかあります。たとえば、BluetoothやWi-Fiです。また国内で販売されているスマートフォンでは赤外線通信をサポートするものも少なくありません。

こうした手段と、「Android Beam」の大きな違いは何でしょうか。1つは、「Android Beam」では、転送する相手に関する設定をする必要がない、ということです。つまりデータを発信する端末と、受け取る端末、2台の背面などにあるNFCマークを向かい合わせて近づけるだけで、端末が互いを認識して、自動的にデータが転送されます。

たとえば、Androidの標準アプリ「ギャラリー」では、写真を選択して表示しているときに、その端末のNFCマークを、もう一台の端末のNFCマークと重なるように近づけるだけで、画像を転送する用意が整います。ここで、画像をタップすれば転送されます。

ここまで気軽に転送できるのはメリットですが、逆にセキュリティ上の懸念を抱くかもしれません。ただ、先述したようにNFCで通信できる距離は10cm程度です。まったく見ず知らずの人の手にあるスマートフォンとその距離で通信したり、なりすましされたりする心配は少ないと言えるでしょう

Android 4.1からはBluetooth

Andoird Beamは、Android 4.1で変更が加わりました。NFCで互いのスマートフォンを認識した後は、データ転送をBluetoothで行うようになったのです。

NFCは便利な仕組みですが、もともと小さな容量のデータ転送しか想定されておらず、転送速度が106kbps~424kbpsと比較的遅かったのです。WebサイトのURL、あるいはアドレス帳データといった内容であれば、ごくわずかな情報量ですから、NFCの転送速度でも十分です。しかし数MB単位となる写真の転送には時間がかかります。

一方、Bluetoothであれば、データ転送速度が最大24Mbpsと、大幅にスピードアップすることになります

ちなみに、「NFCで転送先を決め、データはBluetoothで送る」という方式を“BTSSP”と呼びます。「BTSSP」は、Bluetoothの仕様策定団体であるBluetooth SIGの定めた標準仕様で、「Bluetooth Secure Simple Pairing Using NFC」の略です。Bluetoothで通信する際には、基本的に機器同士をあらかじめ登録しあう“ペアリング”という作業が必要ですが、NFCを使ってBlueotoothのペアリングを行うという形です。

Bluetoothでは、端末同士の距離が10m程度まで離れていても通信できます。一度、NFCで相手を認識してしまえば、Bluetoothでの通信中は端末同士の距離をおいても大丈夫です。またペアリングしていない相手とは通信しません。

なお、Android Beamが使える機械同士でも、データ転送の仕組みが変わったため4.0とは4.0と、4.1以上とは4.1以上同士でしかデータ転送できないので、この点は注意が必要でしょう。

http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/keyword/20130730_609582.html

SERVICE
  • sns