;
SERVICE

カスタムオーディエンスを使ってみよう!

shadow
customer
takagi

Author :  

shadow
customer
  • Recruit
  • Recruit

カスタムオーディエンスで既存客とつながろう

先日Facebook広告管理ツール「パワーエディタ(Power Editor)」をご紹介しましたが、今日はカスタムオーディエンスについてご紹介します。カスタムオーディエンスは、パワーエディタを使うことでターゲット設定ができる機能です。それでは見て行きたいと思います。

カスタムオーディエンスとは

facebookのヘルプを見てみましょう。

カスタムオーディエンスにより、マーケティング担当者はFacebookユーザーの中からオフラインのターゲット層を見つけることができます。メールアドレス、電話番号、FacebookユーザーID、またはアプリのユーザーIDを使用して照合を行うことで、すでにわかっている情報を使ってカスタムオーディエンスを定義し、メッセージを伝えたいターゲットユーザーを特定できます。

つまり、Facebookユーザーの中でリーチしたいユーザーを絞り込むことに加えて、自分が所有するオフラインのターゲット層に関する情報に基づき、特定のユーザーセグメントにリーチすることが可能になりました。

顧客リストや潜在顧客リストのグループを指定してカスタムオーディエンスを作成し、ターゲットを絞り込んだFacebook広告でリーチできます。たとえば、現在の顧客で、まだあなたのFacebookページに「いいね!」していないユーザーをターゲットとしてキャンペーンを実施し、Facebookページの「いいね!」を増やすことができます。顧客への公開時には、すでにブランドに関心を寄せている人々にリーチしていることがわかります。

また、Facebookの外部での目的のために、カスタムオーディエンスを使用することもできます。ポイントプログラムまたはリピーター顧客リストがある場合は、特別なクーポンやセールでこれらの顧客にリーチすることができます。

要はFacebook外で取得したデータ(メールアドレス、電話番号、FacebookユーザーID、またはアプリのユーザーID)を使って、広告配信対象として定義する機能なのです。具体的には、自社が持つデータを元に、Facebook内にいるユーザに広告をリーチさせるのです。因みに個人情報がFacebookに取られてしまうのではないかと危惧される方もいるかも知れませんが、Facebook側では個人情報を取得しないと宣言しております。

カスタムオーディエンスの設定

パワーエディタ左メニューの「オーディエンス」を選択し、上部の「オーディエンスを作成」→「カスタムオーディエンス」をクリックしてください

audience

ここで規約が出てきます。英語の表記なので頑張ってください。
※一応ここに日本語があります。https://www.facebook.com/ads/manage/customaudiences/tos.php

custom-audience

オーディエンス名・説明はあとで管理しやすいように設定してください。ファイルはCSVまたはTXT形式とし、1行につき1項目とする必要があります。データは、上記で説明したように「メールアドレス」「UID」「電話番号」「モバイル広告ID」になります。

custom-target

まとめ

既存のお客様をFacebookでもつなぐことは非常に大切なことです。単なるデータでしかなかったユーザとFacebook上でつながることで、よりエンゲージメント高められる可能性が高まります。カスタムオーディエンスを使うことで、従来の顧客データに新たな価値が生まれるのではないでしょうか?

SERVICE
  • sns