;
SERVICE

Yahoo!アクセス解析で何が分かるのか?

shadow
yahoo-logo
matsushita

Author :  

shadow
yahoo-logo
  • Recruit
  • Recruit

訪問者の組織を特定できるため、マーケティングを行う上で極めて重要な情報を得られる

Yahoo!が昨日公開したアクセス解析ツール『Yahoo!アクセス解析』。昨日はその概要をお伝えしましたが、今日は具体的にどのようなことが分かるのか、Yahoo!が提供するPDF資料を基にまとめてみます。

Yahoo!アクセス解析で分かること

1. サマリー

Yahoo!アクセス解析へのログイン時、最初に表示されます。

  • 当日、昨日、先週の時間別PVのグラフ
  • 当日のPV、訪問者、ユニークユーザー(UU)、直帰率。直帰率以外はリアルタイムに数値更新
  • 当日のデバイスごとのPV
  • 日、月、曜日、時間別のPV、訪問者、UU。グラフの日付にカーソルを合わせるとPV、訪問者、UUが表示される
  • 参照元:検索、SNS、リファラー、ノーリファラー
  • 検索流入:Yahoo!、Googleなどの検索エンジンと、各種スポンサードサーチ
  • デバイス:PC、スマートフォン、ガラケー、その他(3DSなど)
  • ユーザー属性:年代、性別、都道府県
  • アクセス詳細:PV、訪問者、UUを、日、月、曜日平均、時間帯平均に切り替えて表示できる

2. リアルタイム足あと

  • 閲覧環境:サイトを訪問したユーザーのOS、ブラウザのバージョン、デバイス、画面サイズ
  • ユーザー動向:表示されているユーザーIDをクリックすると、サイト滞在時間、閲覧ページ数、閲覧ページが分かる

3. リアルタイム地図

  • サイトを訪問した組織(企業・学校・団体など)の所在地を、地図上でリアルタイムに表示できる

4. PVランキング

  • 期間を指定すると、その期間内のPVランキングを表示

5. 入口回数ランキング

  • ユーザーがサイトを訪問したとき、一番最初に閲覧したページのPVランキング

6. 参照元種別

  • トラフィックソース:流入源となった参照元なし、検索エンジン、ソーシャル、その他の各PV。参照元なしは流入元がSSLとなっている
  • アクセスの割合:ソース源の円形グラフ。Yahoo!、Google、Mixi、Facebook、Twitterなど、細かな部分が分かる
  • アクセス推移:各種トラフィックソースの流入推移グラフ
  • アクセス数詳細:トラフィックソース別のPV一覧

7. 参照元URLランキング

  • トラフィックソースとなったURLのPVランキング
  • タグを設定している場合はコンバージョン数も表示

8. 参照元サイトランキング

  • トラフィックソースとなったドメイン別のPVランキング
  • タグを設定している場合はコンバージョン数も表示

9. キーワードランキング

  • オーガニック検索で訪れた人が、使用したキーワードを表示
  • 検索エンジン別(Yahoo!、Google、その他)のPV表示
  • SSL暗号化がかかっていれば(not provided)表示

10. ユーザー属性

  • ユーザーの性別、年代、ログイン状態、ネットリテラシーが表示される
  • ログイン状態については設定が必要
  • ネットリテラシーはユーザーローカルが独自に推計したもの

11. 訪問組織ランキング

  • どの組織からのアクセスが多かったか、グラフや組織別一覧で表示される
  • 業種別の切り替えも可能
  • グラフ画面:訪問者の推移を日別に表示でき、カーソルを合わせると詳細の確認ができる
  • 一覧画面:初回訪問と最終訪問の日付が表示。サイトへの最初のトラフィックソース(キーワードやURL)が表示される

12. 新着組織

  • サイトを初めて訪問した組織を100個表示
  • 組織名、サイトURL、業種、トラフィックソースが分かる

ここが一番気になっていたところですが、組織の特定も可能なようですね。この点に関しては、Google Analytics以上の解析力を有していると言っても過言ではありません。

13. 閲覧環境:ブラウザ・OS

  • 訪問者のブラウザ、OSが分かる
  • ブラウザはバージョンも分かります

14. 閲覧環境:端末 すべてのデバイス

  • ユーザーの閲覧端末が分かる
  • デバイスごとのアクセス推移、ランキングも可視化

15. 閲覧環境:端末(PC、その他のデバイス)

  • PCとその他のデバイスからアクセスした日別ユニークユーザー数
  • 画面サイズのカバー率
  • ユニークユーザー数のランキング

16. 閲覧環境:端末(iOS、Android)

  • スマートフォン、タブレットのユニークユーザー比率のグラフ化
  • ユニークユーザー数のランキング

17. 閲覧環境:地域

  • 訪問者がどの都道府県に在住しているのかが分かる
  • 都道府県のインターネット利用率を基に、相対的なヒートマップを表示する

18. 広告:共通

  • PVと入口回数の推移が日別にグラフで表示される
  • 出稿URLにパラメータを設定している場合、実績値が分かる
  • 項目は、PV、入口回数、コンバージョン、売上

19. 広告:キャンペーン別

  • パラメータを設定することで、キャンペーン単位の実績値が確認できる
  • 売上を表示する場合はタグマネージャーで設定が必要
  • パラメータを設定していない場合はnot providedが表示される
  • 表示される項目は、種類、PV、入口回数、コンバージョン数、売上、コンバージョンレート

20. 広告:広告の種類別

  • 出稿URLにパラメータを設定すると、PCPやバナーなどの各種実績値が表示される
  • パラメータを設定していない場合はnot providedが表示される
  • 表示される項目は、種類、PV、入口回数、コンバージョン数、売上、コンバージョンレート

21. 広告:媒体別

  • 媒体別、例えばYahoo!のような検索エンジンや、広告が出稿できるサイト別に実績値が確認できる
  • 媒体別の日別実績値も確認可能
  • パラメータを設定していない場合はnot providedが表示される
  • 表示される項目は、種類、PV、入口回数、コンバージョン数、売上、コンバージョンレート

22. 広告:検索キーワード別

  • 検索連動型広告で検索されたキーワードの、媒体単位(Yahoo!、Googleなど)で実績値が確認できる
  • キーワード別の日別実績値も確認可能
  • パラメータを設定していない場合はnot providedが表示される
  • 表示される項目は、種類、PV、入口回数、コンバージョン数、売上、コンバージョンレート

23. コンバージョン一覧

  • コンバージョンタグを設定することで、コンバージョンIDごとに実績値が確認できる
  • コンバージョンIDごとに、日別のコンバージョン数推移、流入経路の詳細が確認可能

24. 最近のコンバージョン

  • コンバージョンしたユーザーを新着順に一覧表示します
  • その際の参照元、キーワード、ブラウザの確認ができます

ソース:Yahoo!アクセス解析ご利用ガイド(※PDF)

まとめ

解析ツールの基本的な部分は踏襲しつつ、組織別の解析というオリジナルなものを加え、かなりの高性能に仕上がっています。

特に組織情報が分かるというのはオンラインマーケティングを行う上で、“使える”情報ですね。アクセス回数が分かることで、興味の持たれ具合が分かるので、そこから売上に繋げることも可能なはずですが、リードナーチャリングのワークフローを構築することが必須条件となるように思います。

Yahoo!に広告を出稿しているけど、その分析が不安という方は、導入してみてはいかがでしょうか?

SERVICE
  • sns