;
SERVICE

Facebook、Androidユーザー向けに新しいメッセンジャーアプリのテストを開始

shadow
facebook-messenger
matsushita

Author :  

shadow
facebook-messenger
  • Recruit
  • Recruit

繋がっていない友達とも電話番号が分かればメッセンジャーが利用可能

Facebookは10月29日(現地時間)、一部のAndroidユーザーを対象とし、新しいMessengerのテストを開始したことを明らかにしました。

今回のテスト内容で特筆すべき内容は、Facebookが“mobile-to-mobile”と呼ぶ、Facebookメッセンジャーとアドレス帳の統合です。簡単に言えば、Facebookで繋がっていない人であっても、電話帳に登録されていればメッセージの送受信が可能になる、というもの。

それでは、具体的なアップデート内容について見ていきましょう。

mobile-to-mobile

アドレス帳に電話番号が入っている場合、相手がFacebookメッセージ宛に、メッセージを送ることができます。相手とFacebookで繋がっていなかったとしても、そのメッセージは相手に届くようになっています。

new-android-facebook-messenger(Photo: Facebook)

相手の受け取り状況も分かる

Facebookのメッセージ受け取りも、メッセンジャーアプリを入れていたり、プッシュ通知がオフになっていたりするのでは、レスポンスに大きな違いがあります。すぐに反応が得られるであろう人(つまりアプリを入れていたり、オンラインの人)には、電波模様のアイコンがつくようになりました。

この点は、Facebook離れがあると言われるティーンエイジャーに対しての配慮なのかもしれませんね。

android-new-facebook-messenger-2(Photo: Facebook)

ビジュアル面のアップデート

Androidよりも、むしろiOS7のようなフラットデザインに近いビジュアルになっています。上部のアイコンは左からメッセージ履歴、送信リスト、設定となっており、直感的な操作ができるようアップデートが施されました。

また、今までとは色合いも違っており、いわゆるFacebook Blue(#3b5998)から、水色のような青が使われています。どことなくMicrosoftを感じる色ですね。

new-android-facebook-messenger-2(Photo: Facebook)

まとめ

  • mobile-to-mobileという、電話番号さえ分かればFacebookメッセンジャーが出来る機能が追加された
  • メッセンジャーアプリが入っているなど、相手の受け取り状況が分かるようになった
  • ビジュアル面がアップデートされた

FacebookはMAU(月間アクティブユーザー)の21.3%がすでにモバイルからとなっており、モバイルに最適なものの開発を急速にすすめています。今回のテスト内容も、なかばSMSのようなものになっています。もはやスマートフォン無しでFacebookを話すことはできくなっているわけですから、そこに投稿するコンテンツも最適化しておきたいところですね。

SERVICE
  • sns