;
SERVICE

営業チームにブログを書いてもらうための3つの方法

shadow
sale-contents
matsushita

Author :  

shadow
sale-contents
  • Recruit
  • Recruit

営業チームがブログを書くのに最適な理由と、それを行ってもらうためのインセンティブについて

私達のウェブサイトには、多くのコンテンツ資産があります。そこからトラフィックとリードを得ていますが、あなたのやるべきことはブログを書くことだけではないということも理解しています。

このインセンティブとして、自分のアイデアを表現することで、他者から評価を得られる、という点も存在します。コンテンツの評価ポイントは量だけでなく、その品質と“他者とは異なる視点”にあります。

特に会社の中でも重要なチームの1つである営業チームは、クライアントに最も近いため、新しいニュースや、クライアントが抱えている問題点を、より明確に認識しているでしょう。営業チームが持っている情報やサンプルケースは、ビジネス上のコンテンツを作成する時に、有益なものになるばかりか、自己のスキルを高めることにも繋がります。

高品質なコンテンツをスタッフに作成してもらうためには?

このようなアイデアが出てくるでしょう。しかし、このような例では、良いコンテンツを作成できません。

  • 今までの業務に加えて“ブログ”というタスクを追加させてください
  • 「ブログを書かない場合、減給します」
  • “業務後の自由時間”にブログを書いてください
  • あなたの求めるコンテンツとなっていない場合、すぐに訂正を求める
  • 不自由=ノーアイデア=ダメなコンテンツ
  • あなたは他のスタッフのアイデアを考えていない

より“不気味”なアイデアが出てくるかもしれません。……しかし、それは、ウェブサイト上で良い関係を築くためのコンテンツを書くためのインセンティブにはなり得ません。人々をマーケティング愛好家にすることによって、インセンティブを与える土壌を作れるのだと、私は考えています。

インセンティブを与えるためには、人々の欲を刺激する必要があります。以下の例を参考してみてください。

  • 最も多く訪問者を集めた人に対し、“賞金”を提供する
  • ブログで最も多くのリードを生み出した営業担当者を掲示する(月のベストブロガーを示せるボードを作成します)
  • ブログによってカスタマーを得た営業担当者に対し、“賞金”を提供する

IBMの事例

「どうやってやればいい?」と疑問を抱くかもしれません。良い事例にIBMの営業チームがあげられます。IBMはクローズした後、スタッフとクライアントに良い関係を築くためのメソッドにフォーカスしています。この点について、Small Company Big Imageは、次のように述べています。

IBM営業チームのブログについて

営業チームは、自分のカスタマーと関係を深めるために、自分達のブログを使用しています。さらに、LinkedInやTwitterのアカウントを持っており、RSSフィードでブログを流しています。これによって、個人的な関係を築くのです。

詳細はこちらをお読みください。

さあ、あなたもブログやソーシャルメディアを使って、カスタマーとの関係を作り上げましょう!

これは『3 Ways To Encourage Sales Team Write Blogs』を翻訳したものです。

SERVICE
  • sns