;
SERVICE

Google Analyticsの『行動』項目に『速度の提案』が追加されました

shadow
google-analytics-academy-logo
matsushita

Author :  

shadow
google-analytics-academy-logo
  • Recruit
  • Recruit

ユーザーの満足度に大きな影響を与えるページ表示速度の改善方法がGoogle Analyticsで分かる!

Google Analytics公式ブログは、『行動(Behavior)』に『速度の提案』を追加したと発表しました。

google-analytics-pagespeed

このページを開くと、PageSpeed Insightsによる診断が行われ、100点満点のPageSpeedスコアと問題アリとされた箇所数を示してくれます。

google-analytics-pagespeed-2

提案をクリックすると、PageSpeed Insightがポップアップで表示されます。

google-analytics-pagespeed-3

ページ速度と検索順位の関連性

Googleはページ表示速度を検索アルゴリズムに反映させている、と明言しています。

Using site speed in web search ranking(Webmaster Central Blog)

ただし、mozが毎年発表するSearch Ranking Factorsを見ると、それほど高い優先度ではないようです。ページの権威性(ドメインレベルやページオーソリティ)に関係が無いためでしょう。

ページ速度で最も重要なことは、ウェブマスターブログからも分かるように、ユーザーのサイトに対する満足度にあります。

ウェブサイトにおいてスピーディであることは重要です。サイトオーナーではなく、全てのインターネットユーザーにとって、です。高速なサイトはユーザーを幸せにする一方、低速なサイトはユーザーの滞在時間が低下することが、私達の研究により分かっています。

具体的に表示速度がもたらす影響について、KISSmetricsの『How Loading Time Affects Your Bottom Line』には、以下のように記述されています。

  • ユーザーの47%は、ウェブページが2秒以内に表示されることを期待している。
  • 40%の人が、表示3秒以上かかるサイトから離脱する。
  • ページのレスポンスが1秒遅くなることで、コンバージョンが7%低下する。
  • もしECサイトで1日10万円の売上がある場合、ページ表示が1秒遅くなっただけで、毎年250万ドルの損失を出していることになる。

ユーザーとオーナー両方にデメリットがあることが明確である以上、ページの高速化は確実に施したいですね。まずは、Google Analyticsで確認してみましょう!

SERVICE
  • sns