;
SERVICE

Facebookはアップデートで、人生や仕事に役立つ情報を得る場所になりつつある

shadow
facebook_ad_update_logo-2
matsushita

Author :  

shadow
facebook_ad_update_logo-2
  • Recruit
  • Recruit

人生を豊かにするコンテンツこそ、Facebookは望んでいる

Facebookのニュースフィードアルゴリズムアップデートにより、Facebookでも高品質なコンテンツを多く表示するという潮流がきています。

それが今、目映いばかりの光を放つ『BuzzFeed』や『Upworthy』のような新興メディアに襲いかかりつつあります。その理由を分かりやすく解説する記事がBusiness Insiderにあったので、見ていきましょう。ここには、あなたのコンテンツ戦略に役立つ話もきっとあるはずです。

Facebookの幹部はBuzzFeedが好きではない。そしてそれは、BuzzFeedにとって不幸なニュースだ

Jonan Peretti氏はBuzzFeed、Huffington Postなどの大規模な新興メディアを立ち上げ、1億3000万人の月間ユニークユーザーを獲得しました。

BuzzFeedが巨大になったのは、ソーシャルネットワーク上で語られる“バイラル(クチコミ)を作った(もしくは作り直した)ことにあります。

全てはトラフィックを得るために。そして、BuzzFeedはいつかYahoo!のような会社に売却し、数億ドルを得るかもしれません。

しかし、BuzzFeedの成功に対する脅威も存在します。

その脅威とは:Chris Cox氏、Facebookの幹部で、ニュースフィードを担当しています。

BuzzFeedは、多くのトラフィックをFacebookから得ています。Facebookは今年第3四半期に、ニュースフィードに微調整を行い、BuzzFeedはさらにFacebookへの依存度を高めました。8月から10月の間、ニュースフィードからBuzzFeedへのトラフィックは69%増加しています。

AllThingsDのMike Isaac氏が記した新しいレポートがあります

それによれば、Isaac氏は、Cox氏はニュースフィードに、より多くの“高品質な”ストーリーを、“バイラルストーリーや写真”、“ジャンクなストーリーやLOLcat写真”よりも多く表示したいと考えています。

さらにIsaac氏は、こう書いています:“Cox氏は複数の情報筋に語ったところによれば、BuzzFeedとそれに類するサイトに問題があります”

“両者は強力なパートナーシップを形成していますが、Cox氏はFacebookがBuzzFeedのようなバイラルコンテンツで埋め尽くされることを望んでいません”

先週、FacebookはCox氏の持つ不快感のようなものについて、何かを行いました。つまり、ニュースフィードにおけるアルゴリズムに多くの変更を加えたことにあります。Facebookはブログ記事で“私達は今、高品質なコンテンツのためになるものを作ることに力を入れています”

AllThingsDのPeter Kafka氏によるインタビューで、Cox氏の部下のひとりであるLars Backstorm氏は、“高品質なコンテンツ”とは何か、を説明しています。

Facebookユーザーに対して多くの「価値」を与えることの出来るコンテンツを意味しています。

“過去、全てのものを1つのバケツの中に投げ込んだようなものでしたが、全てを同じように扱っていました。あなたがフィード内で面白いミーム写真が表示されたとき。確かに、あなたにとって少しの価値を与えます。しかし、AllThingsDで千の言葉を読んだ場合、ミーム写真よりも多くの価値を得ることができるでしょう。それを、過去に同じようなものとして扱っていたのです”

今は違います。

“私達は、ユーザーにより多くの価値を得られるものについて尋ねました。ストーリー等に対する評価を調査したのです。そして、彼らは言いました。「猫の写真は素晴らしくて、笑みがこぼれました。しかし、もうひとつの方が私の人生を豊かにして、多くの価値を得ました」、と”

“私達とユーザーにとっての価値の定義を同じものにしようとしています”

これはBusiness Insiderの『This Facebook Exec Doesn’t Like Buzzfeed, And That’s Very Bad News For Buzzfeed』を翻訳したものです。

最後に

最近はBuzzFeedやUpworthyなどの台頭によって、“バイラルを狙うメディア”に注目が集まっていますが、Facebookでニュースのような情報収集をするという人も増えており、Facebookとしても頭を抱えるところだったのでしょう。

Googleだけでなく、Facebookも高品質なコンテンツを多く表示するというアップデートを行ったところを見ると、このプラットフォームの対応について新興メディアの中ではHuffington Postが正解に近そうです。

感情に訴えてバイラルを狙うメディアは、Twitterに力を入れ始めるのかな、と思います。BuzzFeedのフォロワー数としては、Facebookで107万、Twitterで63万となっていますが、Twitterは即時性に優れており、何よりアルゴリズムによる非表示もありませんので、感情に訴えてバイラルを狙うのであれば、Twitterの方が合っているのかもしれません(価値を提供しなくてもいいってことではありませんよ)。

ここは企業のコンテンツ戦略に組み込めることだと思います。Facebookは読むことで人生や仕事に役立つ情報を収集する場所なんだ、ということを覚えておきましょう。

ちなみにBusiness Insider内で出てきたLars Backstorm氏は、自分のFacebookでもBuzzFeedのようなコンテンツについて言及しています。ご参考までに。

SERVICE
  • sns