;
SERVICE

Facebook、動画広告の一般公開を発表。広告利用は“近いうちに”

shadow
facebook-update-logo
matsushita

Author :  

shadow
facebook-update-logo
  • Recruit
  • BaseStationApp

15秒の動画広告をニュースフィードへ流せる「Premium Video Ads」の正式導入

Facebookは現在テスト中の「Premium Video Ads(ニュースフィード動画広告)」を一般公開することを明らかにしました。この広告は近いうちに(over the next few monthsとあるので、初夏よりも前くらいでしょうか)利用できるようになります。

以前に公開されたニュースフィード動画広告の内容は、以下のようなものでした。

  • 自動で再生されたときは無音で、一度タップすることで音が入るようになる
  • フルスクリーンで再生した場合は、自動的に音が入るようになる
  • 再生が完了すると、同じ企業ページのコンテンツがカルーセル形式で表示される
  • Wi-Fiに接続したとき、自動的にビデオがダウンロードされるため、3G回線を使用することはない

噂が出た時点から動画の時間は15秒と言われていましたが、今回の発表で正式に確定しました。動画はニュースフィードに入った時点で無音再生され、再びスクロールが始まると再生が終了します。動画をタップするとフルスクリーン表示になり、音も入るようになります。動画をフルスクリーンで視聴し終える(途中で閉じるなども同様)と、他の動画も並ぶ、いわゆるカルーセル形式で表示されます。この辺りはテストと同じですね。

facebook-announce-video-ads

広告の品質を担保するために、動画はAce Metrixの審査を通過する必要があります。Ace MetrixはTVCMなどの動画広告について、事前に効果測定を行うサービスを提供しています。どのような基準で行われるかは不明ですが、Ace Scoreというスコアが基準になるのではないかと思われます。これにより、Facebookユーザーがつまらない広告を見せられて離脱するのを防ぐとともに、広告主のパフォーマンスを高めることが見込めます。

Ace Scoreって何? どうやって計算されているの?

Ace Scoreとは創作物がTVCMでどれくらいの効果が得られるか、というスコアです。重要な指標は2つあります : Persuasion(説得力)とWatchability(面白さ)です。Persuasionは、「欲求」「関連性」「感じがよい」「注意を惹く」「情報量」「変化」の6つの要素で構成されています。Watchabilityは広告が見た人に対して与える影響についてです。PersuasionとWatchabilityが相互に作用し、スコアを決定します。

Ace Metrics – FAQs

もうひとつ、気になる料金体系ですが、こちらはNielsenのOnline Campaign Ratingsによって広告の測定が行われ、効果に応じた価格を支払うことになります。

最後に

Facebookで15秒といえばVideo on Instagramが連想します。

ちなみにInstagramは動画コンテンツのベストプラクティスを公開しており、そこでは6つの要素があげられています。

  • 体験を共有する
  • イベントを通じたエンゲージメントを促進する
  • コンテンツに一貫性を持たせる
  • クリエイティブであれ
  • コンテンツを発見しやすいようにする
  • (Instagramの)機能を利用して美しく仕上げる

Best Practices: Creating Video Content(Instagram for Business)

動画広告を考えるときは、まずInstagram上で行われているマーケティングを参考にしてみるとよいかもしれませんね。

SERVICE
  • sns