;
SERVICE

誰でも自由に無料で使える”オープンソース”を利用したECサイト

shadow
0
春山 侑紀

Author :  

shadow
0
  • Recruit
  • Recruit

コンテンツ自体の可能性を広げることができるオープンソース

前回は”EC-CUBE“についてご紹介しました。”EC-CUBE”は、オープンソースとして公開され、ソースコードを変えて使用できるので、自由度の高いところが特徴の1つですが、今回はその「オープンソースを利用したECサイト」についてご紹介したいと思います。

オープンソースとは

私たちが普段使っているコンピュータは、周辺機器である外身のハードウェアと命令や制御などをこなす中身のソフトウェアと大きく2つに分けることができます。ソフトウェアには、ソースコードというコンピュータを動かす設計図があることで動作が可能になります。オープンソースとは、そのソースコードを「誰でも自由に無料で使うことができる」ことを条件に公開しています。オープンソースには10の条件があるので、以下に記しておきます。

オープンソースの条件
  1. 利用者は再配布することが可能
  2. ソースコードが入手可能になる
  3. 利用者はソースコードの改変が可能で、元のものと同じ条件で配布することができる
  4. 作者が書いたソースコードを明確にする(作者のソースコードの完全性)
  5. 個人やグループに対して差別をしない
  6. 利用する分野に対して差別をしない
  7. 改変を加えていない状態で再配布する場合はライセンスを変更してはいけない
  8. 特定のソフトウェアに固有のライセンスを使用することはできない
  9. 一緒に配布されるソフトウェアを制限してはいけない
  10. ライセンスは特定の技術に依存してはいけない

このようにオープンソースは、「誰でも自由に無料で使うことができる」ような条件になっています。

フリーソフトとオープンソースは同じように見えますが、オープンソースでいう、ソースコードを見たり、使いにくい部分を自ら改変して修正したり、それを再配布することができる要素をフリーソフトは持っていません。無料という部分からフリーソフトとオープンソースを比較することでオープンソースの特徴的な部分がみえてくるのではないでしょうか。

オープンソースについて少しわかったところで、次にオープンソースを利用したECサイトにはどのようなメリットがあるのかみていきましょう。

オープンソースで公開している”EC-CUBE”

従来のECサイトでは、運営側が予め設定している機能やデザインテンプレートを使用し、短い時間で自分のネットショップを開くことができました。しかし、予め設定されている機能やデザインテンプレートには限界があり、その範囲内でしかネットショップを開設できませんでした。

  • 他に追加機能が欲しい場合、運営側が更新するのを待たなければならない
  • デザインテンプレートに限りがあるので、他のネットショップと似てしまう部分がある
  • 販売できる商品数に限りがあり、商品数を増やしたい場合は月額料金を申し込まなければならない

従来のECサイトでは、このようなデメリットが考えられます。しかし、オープンソースを利用したECサイトでは自分の入れたい機能や好きなデザインでネットショップを開くことができるのです。

  • 短時間で自由度の高いデザインを適用できる
  • 基本的なEC機能が備わっているので、追加したい機能は自分で入れることができる
  • タブレットやスマートフォン対応になっている

オープンソースのため、足りない機能などを自分で追加できるので、カスタムできる部分が豊富です。また、”EC-CUBEプラグイン“を使うことで独自にカスタムを行ったり、他の人が開発したプラグインを使用することで、よりネットショップのカスタムを深めることができます。

従来のECサイトより自分のネットショップを多彩にカスタムすることができるので、より本格的なネットショップを開設することができます。”EC-CUBE”の他にも、オープンソースで公開しているEC構築サイトがあるので、ご紹介します。

ECサイトを構築できるオープンソースソフトウェア

・EC-CUBE

日本語機能も備わっており、自由度の高いデザインでネットショップを開くことができる日本初、国内シェアNo.1のオープンソース。

・osCommerce

国際的コミュニティで、開発が行われています。ネットショップを開くためのコストや労力を最小限に抑えました。日本語機能もあり、デザインテンプレートも豊富に備わっています。

・Zen Cart

有志により開発や配布が行われています。日本語機能にも対応しており、有名なEC構築サイトの1つです。

オープンソースで公開されている代表的なEC構築サイトをご紹介しました。他にも多くのEC構築サイトがオープンソースで公開されており、人々の手によりこれからどんどん発展していくと考えると、人との繋がりを感じることが伺えます。

最後に

オープンソースで公開することで、「誰でも自由に無料で使うことができる」ので、より自分好みのネットショップを開設できることがわかりました。また、ネットショップをカスタムする際のプラグインなどを無料で公開し、改変や再配布を可能にすることで、人々の知識を広げることができます。そして、オープンソースのECサイト自体の可能性も広がることを考えると、私たちの日常も豊かになるのではないかと考えます。

(Photo: Personal Computer by Cory M. Grenier – cc by-sa)

SERVICE
  • sns