;
SERVICE

クレジットカードの仕組みを解説!決済サービスを身近に感じて便利にショッピング

shadow
0-
春山 侑紀

Author :  

shadow
0-
  • Recruit
  • BaseStationApp

仕組みを理解して手軽にネットショッピングを楽しめる!

私たちがネットショッピングでよく利用する決済方法として、最も人気が高いのがクレジットカードによる決済方法です。次に代金引換、そして銀行・郵便振込、コンビニ決済と続いていきます。今回は、手持ちの現金がなくても、手軽に支払いができるクレジットカードの仕組みについてご紹介します。

クレジットカードの仕組み

クレジットカードしくみ

  • アクワイアラー:加盟店の契約や管理を行う加盟店契約会社
  • イシュアー:利用者にカード発行業務を行う会社
  1. 消費者はカードを提示することで、加盟店で商品やサービスを購入できます。
  2. カード会社(アクワイアラー)は、消費者の購入代金を立て替えて、加盟店に支払います。(加盟店は、カード会社に手数料を支払わなければならないので、手数料分を差し引いた売上が支払われます。)
  3. 消費者は登録している銀行口座より購入代金がカード会社(イシュアー)に引き落としされ支払われます。
  4. カード会社(イシュアー)がカード会社(アクワイアラー)に消費者から引き落とされた購入代金を支払います。

カード会社が消費者の購入代金を立て替え、後に利用者が購入代金を支払うことで、スムーズな買い物が実現しています。では、代表的な5つの国際ブランドクレジットカードをみていきましょう。

国際ブランドクレジットカード
  • VISA:世界で最も発行数が多いカードです。世界中で使えるお店も多いため使いやすいカードの1つです。
  • MasterCard:世界で2番目に発行数が多いカードです。VISAとほとんど変わらずに使うことができます。
  • JCB:日本唯一の国際ブランドクレジットカードです。海外でも日本人がよく訪れる観光地で使うことができます。
  • AmericanExpress:日本ではJCBと提携しているため使えるお店も多いです。富裕層に好まれるカードの1つです。
  • DinersClub:世界で初めてクレジットカード会社を設立しました。日本では、高級店などのお店で使えるため、富裕層向きのカードの1つです。

現在、主に普及しているのは以上の5つの国際ブランドクレジットカードです。JCBの「クレジットカードに関する総合調査」によれば、クレジットカードの平均保有数は、3.5枚ですが、実際に携帯する枚数は平均2.2枚とあります。自分のライフスタイルやクレジットカードの得点などに合わせて、使い分けているようです。

決済代行サービスを使って便利にお買い物

ネットショッピングでは、代金引換に比べクレジットカード決済にすると手数料がかからないことが多いため、ネットショッピングをよく利用する消費者にとってクレジットカード決済は人気の理由の1つでしょう。また、決済代行サービスを利用することで、よりスムーズな買い物を実現しています。

スクリーンショット 2014-04-07 18.48.46

決済代行の仕組みより)

決済代行会社を利用することにより、加盟店は1つ1つのクレジットカード会社と契約する手間が省け、事務処理も簡単に行うことができます。また、様々な決済サービスを利用することができるため、消費者への販売のチャンスを逃しません。Paypalや自社で開発したhubsynchなどの決済サービスを利用することで、より安全性に優れた買い物を楽しむことができるでしょう。

最後に

クレジットカードの仕組みを理解し、決済サービスを利用することで、より安全に便利な買い物を実現できると考えます。また、決済サービスを利用することで、広がりつつあるネットショッピングを便利に利用することが可能になります。これから増えるであろうネットショッピングをスムーズに活用するために、仕組みを理解し、賢く使いたいですね。

(Photo: Plastic by jeff_golden – CC BY-SA )

SERVICE
  • sns