;
SERVICE

VCCW: WordPressのローカル環境をChefsで作りましょう!

shadow
vccw

Author :  

shadow
vccw
  • Recruit
  • Recruit

あなたは私が以前書いた、他のWordPressのロカール開発環境 ‘Varying Vagrant Vagrants’略して ‘VVV’ の記事を読んだかもしれません。でも、もし別の構成、特に、日本語のWordPressの環境が欲しい場合には、Vagrant Chef Centos Wordressは適しているでしょう。
VCCWには以下の特徴があります。

  • このVagrantの設定は色々と変更することができます。
  • URLのカスタマイズ (デフォルト: http://wordpress.local/)
  • デフォルトでデバッグモードが有効
  • デフォルトでSSLが有効
  • テーマとプラグインの自動インストール
    • デフォルトプラグイン: theme-check, plugin-check, dynamic-hostname
    • デフォルトテーマ:ありません
  • テーマのユニットテストデータのインポートがオプションでできます
  • wp-cliのプリインスール
  • HOSTとGUEST OSの間で、フォルダをシェアすることができます。

最初からtheme-check, plugin-checkとdynamic-hostname三つのプラグインがあります。これらのプラグインは、プラグインとテーマの開発にとても役に立ちます。また、NGINXを使用しているVVVとは違い、Apacheを使用しています。日本人ユーザーにとって他にもよいところがあります。もし、あなたのWordPressの言語設定が日本語であれば。Multi-byte Patchがプリインストールされています。Automatticの尚子さんのおかげです!

Facebookでご指摘を頂きました。
Multi-byte Patchの作者はSeisuke Kuraishiさんです。
また、Naoko Takanoさんのお名前は、正しくは「直子」さんです。大変失礼いたしました。

また、VCCW作者のTakayuki Miyauchiさんのブログはこちらになります。firegoby.jp

では今回は、VCCWでロカールの環境をセットアップしてみましょう!
もしVirtualBox、Vagrant、Hosts Updater Pluginがインストールされている場合、ステップ1とステップ2をスキップできます。そうでなければ、以前私が書いたVVVについての記事で学んだ方がよいでしょう。ここをクリックしてください。(英語)

※ペーシックなターミナルの知識が必要です。

それでは始めましょう!

ステップ1:VirtualBoxをインストールします

始めにVirtualBoxをダウンロードして、インストールしましょう。

virtualbox

1. 適切なバージョンをダウンロードします
2. 説明書に従います
3. インストールしたあとで、この画面が見えるでしょう:

あなたのコンピュータに、バーチャルボックスをインストールしました、今からVCCWをインストールしましょう!

ステップ2:Host Updater Pluginをインストールします

※このステップをしなければ、hostsファイルにバーチャルホストの設定を足すことが必要です。

※もしインストール中にエラーがあれば、HomebrewNokogiriのgemをインストールしてください。

このプラグインはhostsファイルを更新します。必須ではありませんがお勧めします。下記のコマンドをターミナルに入力します。

command_terminal

インストールが成功したらこれを見ることができます。
installed-terminal

ステップ3:VCCWをダウンロードします

VVVと同じ方法で、VCCWは、2つの方法でダウンロードとインストールできます。

1. このサイトからVCCWをダウンロードすることができます。右カラムから、tar zipとzipの二つのフォーマットでダウンロードすること出来ます。
2. ターミナルで新しいフォルダ作り、ギットクローンのコマンドを実行します:git@github:miya0001/vccw.git

Screen Shot 2014-05-15 at 13.13.48

ステップ4:VCCWをセットアップしましょう!

いま、フォルダがダウンロード / クローンされました、VCCWのセットアップを始めましょう:

1.  VCCWディレクトリに移動するにはこのコマンドを入力します:

2. ターミナルで下記を実行して、同じディレクトリにVagrantfileをコピーします:

3. 最後に、このコマンドを実行します:

パッケージのダウンロードが始まったでしょう。もしターミナルがエラーを表示したら、Vagrantfileがあるかチェックしてください。もしなければステップ2に戻りましょう。ターミナルが、パスワードを聞いてきたら入力します。そうすればHostsファイルが更新されます。

ステップ5:ウェブサイトにアクセスします

http://wordpress.local/ か http://192.168.33.10/ で見ることができます
wp-adminへのアクセスは:

ユーザー名:admin
パスワード: admin

これでWordPressへアクセスすることが出来ます。何か質問があればコメントを残していってくださいね。

SERVICE
  • sns