;
SERVICE

Google、スマートフォン専用サイトの虚偽のリダイレクトについて解説

shadow
smartphone-looks
matsushita

Author :  

shadow
smartphone-looks
  • Recruit
  • Recruit

正しいリダイレクトが行われず、ユーザーが目的のページへアクセスできない場合の対処法

Googleはスマートフォンユーザーは直接そのページへアクセスできるよう望んでいる、という記事をウェブマスターブログに公開しました。

これはレスポンシブウェブデザインのような、1サイト1URLでモバイル最適化を実現するのではなく、モバイル専用サイトを立ち上げてリダイレクトを行い実現する手法を取っている人には必見の記事です。

モバイル

モバイル専用サイトは、デスクトップに表示する際とはURLを分けて構築しています。そのため、コンテンツ間へ適切にリダイレクトを設定する必要があります。

しかし、Googleは出だしで、こう切り出しています。

あなたは今までスマートフォンを使ってGoogle検索を使用し、検索結果をクリックして、モバイルのホームページに飛ばされ、知りたいことが全く得られなかったことはありませんか?

この状態をマンガにしたものが紹介されています。内容こんな感じ。

  1. 検索から特定の記事へアクセスしたデバイスを、モバイルデバイスだと認識し、モバイル専用サイトへ移動させる
  2. アクセスしたページはモバイル専用サイトのトップページであり、記事へアクセスできない
  3. 以下、無限ループ

これをGoogleでは“虚偽のリダイレクト(faulty redirect)”と呼んでいるようです。

Googleは以前、スマートフォン向けのウェブサイトを構築する上で、レスポンシブウェブデザインを推奨すると述べていますが、これは虚偽のリダイレクトが発生しないためです。虚偽のリダイレクトはユーザーの体験を損ねるため、モバイルの検索結果に悪影響を及ぼします。

このような自体を避けるにはどうすればよいのでしょうか? Googleは以下の手順で一度確認を行うことを推奨しています。

  1. スマートフォン、もしくはユーザーエージェントをいじった状態で、いくつか検索を行って、自サイトが正しく表示されるか確認する
  2. ウェブマスターツールを使って、スマートフォンのクロールエラーが起きていないかを確認する
    [クロール] > [クロールエラー] > [スマートフォン]
    webmaster-tool-smartphone

上記の方法で問題が発生していた場合、4つの解決方法を提示しています。

  • ウェブマスターツールの機能を使い、サーバーのデバッグを行う
  • スマートフォンサイトの同じURLへリダイレクトするようにサーバーを設定する
  • スマートフォン向けのコンテンツになっておらず、やむを得ずホームページにリダイレクトする場合は、デスクトップページを表示する。間違ったページにリダイレクトするよりは、ユーザーが望んだ情報にアクセスできるため
  • デスクトップとスマートフォンに向けて同じコンテンツを表示するレスポンシブウェブデザインを使用する

バグの解消をするに越したことはありませんが、それができないときはいっそのことリダイレクトを外し、若干不便ではあってもデスクトップのページへ飛ばすことが良いようです。みなさんのウェブサイトは適切なリダイレクトが行えていますか? 心当たりがある方は、すぐにチェックしてみましょう!

(Photo: Firefox Mobile for Android by Johan Larsson)

SERVICE
  • sns