;
SERVICE

クーポンを利用する顧客の消費行動と人気クーポンアプリを紹介!

shadow
pon_ii
春山 侑紀

Author :  

shadow
pon_ii
  • Recruit
  • Recruit

クーポンアプリ使ってる?

みなさんは、お買い物や外食などをする際、1度はクーポンを利用したことがあるのではないでしょうか。スマートフォンを使いこなすなら、スマートフォンサイトやアプリなどで見つける場合が多いと思います。今回は、クーポンがもたらす顧客の消費行動をみていきたいと思います。

クーポンについて

クーポンがあることで、私たち消費者の購入・申込の影響は、85.6%と半分以上に上ることがわかっています。その後の継続購入・申込でも85.6%を記録しています!クーポンが、私たちの消費行動に大きく関係していることが伺えます。

pon0

MMD研究所 より)

現在クーポンは、インターネットを利用して店舗へ来店し、商品を購入してもらうO2O(Online to Offline)戦略の一環として活躍しています。O2O戦略は、インターネットで商品の情報収集を行い、消費者が購入まで結びつけるまでの購買行動を指します。スマートフォンの普及などにより、O2O市場は拡大を続け、市場規模は2011年の24兆円から2017年には50兆円まで上ると予測されています。

pon_000

O2O(Online to Offline)市場とO2Oソリューション 伊部和晃 より)

クーポンの利用者層としては、男性84%に対し女性は92%と、ほぼ多くの女性がクーポンを活用していることがわかります。10代や20代といった若年層に比べ、30代の中年層の方が節約を兼ねているのかクーポンの利用率が高く、紙のクーポンの利用形態では、事前にパソコンでプリントアウトしていく項目が高いことから、計画的に利用していることが伺えます。

pon2

(「若年層のクーポン・割引券利用に関するマーケティングデータ」/朝日大学マーケティング研究所 より)

クーポン情報を知る場面では、消費者が使用している携帯端末で大きな差が出ています。最も多いのは、スマートフォン、フィーチャーフォンの2つともPCサイトですが、スマートフォンを持っている消費者では、スマートフォンサイトやアプリからクーポン情報を得ることができるため、外出先での利用が可能になり、スマートフォンの方がクーポン情報を提供するのに適していると考えます。

pon33

MMD研究所 より)

クーポンの利用場面として、多く利用されているのは飲食関係で、コンビニでは1週間に2回以上の利用が8.0%と継続的に利用している人がいることが伺えます。ファストフードでも、「マクドナルド」や「ケンタッキー」など専用のクーポンアプリを消費者へ提供することで、購入を促していると考えます。

pon4

マイナビニュース より)

どんなクーポンアプリがある?

では、どのようなクーポンアプリがあるのか、人気のアプリや便利なアプリをご紹介します。

ファストフード

pon_1

  • マクドナルド公式アプリ(Android / iOS
  • モスバーガー(Android / iOS
  • ロッテリア公式アプリ(Android / iOS
  • ケンタッキーフライドチキン公式アプリ(Android / iOS
  • バーガーキング(Android / iOS

ファストフードで最も利用されているであろう「マクドナルド公式アプリ」!かざすクーポンや見せるクーポンで、手軽に安く買うことができます。ファストフードのクーポンアプリは、手軽に使えるので自分の食べたいメニューより、クーポンで安くなっているから買おうという消費者を生み出します。

レストラン

pon_2

  • デニーズ(Android / iOS
  • 餃子の王将(Android / iOS
  • 松屋フーズ公式アプリ(Android / iOS
  • ピザハット公式アプリ 宅配ピザのPizzaHut(Android / iOS
  • Domino’s App – 宅配ピザのドミノ・ピザ(Android / iOS

ピザの宅配アプリにクーポンなどがついているサービスが多いように感じました。また、すかいらーくグループが提供している「オトクーポン」では、加入しているレストランで使えるので、外食が多い人は登録しておいて損はないかもしれません。

ショッピング

pom_3

「earth photo&diary」のようにクーポンの配信だけではなく、カメラや加工をして遊べる機能が付いていると、クーポンを利用してすぐアンインストールされてしまう可能性も低くなります。

最後に

クーポンアプリは、いかがでしたでしょうか。クーポンによって、消費者の購買意欲が増加し、また継続して買うことがわかりました。まだ、PCサイトでの閲覧が多いですが、スマートフォンが普及し、手軽にクーポンが使えることから、スマートフォンでのクーポン利用率は、これからもっと増えていくのではないかと考えます。また、クーポンを提供するだけのアプリではなく、遊べる機能や便利な機能を備えると楽しくアプリを利用できるかもしれませんね。

(Photo: Clipped Coupons With Scissors 1 by Chris Potter)

SERVICE
  • sns