;
SERVICE

ウェブマスターツールのインターナショナルターゲティングでグローバルサイトを確認しよう

shadow
webmaster-tool-logo
matsushita

Author :  

shadow
webmaster-tool-logo
  • Recruit
  • Recruit

複数言語対応、ちゃんと出来ていますか?

先週7月14日、Webmaster Central Blogでウェブマスターツールにインターナショナルターゲティングという項目が追加されたと発表されました。

この項目は[検索トラフィック] > [インターナショナル ターゲティング]から開けます。

international-targeting

この項目は言語と国の2項目に分かれています。

インターナショナルターゲティング -言語-

この項目は、言語や地域によって異なる言語ページやURLを返す「rel=”alternate” hreflang=”x”」というタグを使っている場合に、正確な結果を返せているかを確認できます。

international-targeting-hreflang

ハイベロシティのページはhreflangを利用していないため、このページにはhreflangのサポートページへのリンクが表示されています。

例えばhreflangタグを使って言語を指定する場合にはISO 639-1形式、地域を指定する場合にはISO 3166-1 Alpha 2形式を使用する必要があります。ここで指定した際の表記が間違っていたときは、言語で確認できるようになっているようです。

インターナショナルターゲティング -国-

Googleの検索結果は場所ごとに異なることがあります。これは国や地域といった要素がGoogleのアルゴリズムに含まれているからです。

international-targeting-country

サポートページによれば、こうした際にはサイトドメインが参考になっているといいます。

  • 国ドメイン(ccTLD) : .ca/ .deなどから国情報を取得し、検索結果を返している
  • ジェネリックトップレベルドメイン(gTLD) : .com/ .orgのようなURLを使っているサイトは、IPアドレス、ページのいち情報、ページの被リンク、Googleプレイスなどのデータを活用している

この項目はgTLDを利用しているサイトが特に有効で、ひとつの言語で多数の国にコンテンツを見てもらいたい場合はターゲットとなっている国を限定しないことで、多数の国にリーチしやすくなります。

グローバルサイトを運営している、もしくはしようとしている方には必見の機能ですね。

SERVICE
  • sns