;
SERVICE

WordPressにURLだけで埋め込める動画サイトまとめ

shadow
wordpress_icatch
matsushita

Author :  

shadow
wordpress_icatch
  • Recruit
  • Recruit

埋め込みコードを使わなくてもURLだけで簡単に!

動画をアップロードしたり、それを用いて何かを紹介する人たちが増えたことで、ブログへ動画を埋め込みたいと思う機会が増えました。

WordPressはURLを入力するだけで、一部サービスのメディア(画像や動画など)を埋め込める機能が用意されています。

TwitterやSlideshareなどのサービスが埋め込めるようになっていますが、今回は動画サービスを整理しましょう。

Blip

Blipはオリジナルの動画コンテンツを配信するプラットフォームで、スポーツからコメディまで幅広いチャンネルが開設されています。

Dairymotion

月間ユニークユーザーが1億人を超える人気の動画サイトで、YouTubeの対抗馬とも言われており、特にヨーロッパで人気があります。ヨーロッパのブランドはYouTubeであげたものを、Dairymotionでもアップロードしている場合が見受けられます。

Flickr

米Yahoo!が買収した画像・動画共有サービスで、特に画像が多いのですが、動画も豊富に存在します。動画を探す場合はAdvanced Searchの設定で「Only Video」にチェックをつけると楽です。

Funny or Die

アメリカンコメディを楽しめる動画サイトです。プロから素人まで幅広く動画が揃っています。笑えることはもちろん、英語の勉強にも使えそうですね。

YouTube

毎月60億時間再生されている、言わずと知れた世界最大の動画共有サイト。WordPressには「Embed A Video From YouTube」ボタンが用意されていますが、URLをコピペするだけで簡単に共有できます。

WordPress.TV

WordPressの機能説明やWordCampの動画がアップロードされているWordPress.TVの動画もURLだけで簡単に埋め込めます。

Vimeo

海外のアーティストや企業が多く利用しているVimeoもURLだけで埋め込み可能です。特にスタートアップ系の企業がVimeoを多く利用している印象がありますね。

最後に

CodexによればWordPress 4.0(現在ベータ版)からCollegeHumorTEDViddlerも対応するようです。バージョンを最新にすることでセキュリティを向上できるだけでなく、埋め込みの新しいサイト対応などのメリットも享受できるので、ぜひアップデートしておきましょう。

SERVICE
  • sns