;
SERVICE

Facebookは“グローバルページ”を起動

shadow
facebook_logo

Author :  

shadow
facebook_logo
  • Recruit
  • Recruit

Inside Facebookは10月17日にFacebookがグローバルページを起動させたことを発表した。 すべてのページで早く適合されることを強く望む

Inside Facebookは10月17日にFacebookがグローバルページを起動させたことを発表した。

現段階で、グローバルページは次のように統合されると発表されている。

  • 言語、プロフィール画像、カバー写真、記事とタブについて地域によって異なることができる。
  • グローバルページを訪問したユーザーは自動的にその地域固有のバージョンに移動。それらはドロップダウンメニューを使用して、任意の地域またはグローバルページへアクセスできる。
  • ブランドはグローバルページについてFacebook担当者または連絡先Facebookに連絡をするようになっている。
  • 現段階では、すべてのページが対象になっていない。
以下Inside Facebookでの説明だ。

Facebook launches ‘global pages’ for brands to offer localized experiences

Facebook today announced the launch of “global pages,” a new structure that allows international brands to maintain a single fan page with localized experiences for users in different countries.

Global pages have a unified Like and People Talking About This count, but the language, profile image, cover photo, posts and tabs can differ by region. Users who visit a global page are automatically directed to the version specific to their region, but they can access any regional or global page through a drop-down menu.

We first discovered Facebook testing this global/regional structure on its own Facebook Marketing page in May, and have since heard from many brands that were interested in the functionality. Kit-Kat, Dove, Holiday Inn and Frankenweenie are pages that had early access to global pages.

lobal pages address a number of issues that brands encounter on Facebook. Many pages have amassed large global fan bases, but any given post reaches a small subset of those people. Sharing region-specific content with the right audience can have a big impact on reach and engagement. Dove, for instance, used to do this by geo-targeting its posts, but now it uses the global pages structure to accomplish the same goal. Other brands have created country-specific pages, but it’s not always easy for users to find the page for their country. And many users would be more likely to Like Kit-Kat than to Like Kit-Kat UK or Kit-Kat Austria. Now, users don’t have to choose.

At this time, Facebook is offering this new structure for country pages, not on a state or city level. Brands can talk to their Facebook reps or contact Facebook here about getting access to global pages and migrating their regional pages into the new framework.

http://www.insidefacebook.com/2012/10/17/facebook-launches-global-pages-for-brands-to-offer-localized-experiences/

みんな大好き「Kit Kat」がすでにグローバルページを導入している。早速どのようなことになっているか、観てみよう。

https://www.facebook.com/kitkatit

下記のページはグローバルのページ

kitkat_001

メッセージ横をクリックすると、地域の変更・・・がでてくる。

kitkat_002

クリックすると、ページの国を変更が表示。プルダウンをクリックすると・・・

kitkat_003

対象となる地域が表示。

kitkat_004

とりあえず、イギリスを選択。

kitkat_005

中身が切り替わりました。いいね!数は956万のまま。

kitkat_006

日本のページはこんな感じです。

007

ユーザーへの説明について、facebookは下記のようにしている。

Facebookページの自国版を表示するにはどうすればよいですか。

https://www.facebook.com/help/?faq=163632097095097&in_context

グローバルブランドのFacebookページには、ページのバージョンを世界の地域に合わせて変えているものがあります。このようにすると、多様なファンにFacebookページの内容を効果的に伝えることができます。表示しているFacebookページのバージョンを切り替えるには、Facebookページのカバーの  メニューから以下のステップを実行します。

  1. Facebookページから、 メニューをクリックして開きます。
  2. [地域を選択…]を選択します。
  3. 表示されたメニューから最も関連性の高い国を選択します。
  4. [国を保存]をクリックします。

選択したバージョンのFacebookページは、ニュースフィードや、Facebookページを閲覧するときに表示されるバージョンです。

旅行中にFacebookページを「いいね!」と言った場合は、帰宅してもアップデートが旅行した国の言語で表示されることがあります。自国の言語以外、または現在の場所と関連しない投稿がFacebookページに表示される場合は、上記のステップに従って表示するFacebookページのバージョンを切り替えてください。

できれば、早くすべてのページで適用してもらいたいがモデルとしてはグローバル企業のみが対象になる可能性もある。

SERVICE
  • sns