;
SERVICE

Google+で世界のトップブランド100社についているファン数の合計は2300万人!

shadow
Google-Plus
matsushita

Author :  

shadow
Google-Plus
  • Recruit
  • Recruit

google+ページでファン数が一番多いのはフェラーリで、204万人! 日本企業では日産が7位に!

みなさんはGoogle+にページを持っているだろうか?

日本のGoogle+ユーザー数は正確には分からないが、ニールセンの調査ではPCだけで400万人がひと月で訪れているという。この調査では、Mixiに肉薄する勢いだが、モバイルが含まれていないため、詳細なところは不明だ。元々Mixiはモバイルが強いサービスでもある。ただ、GoogleもAndroidを提供しているし、巷で言われているほどユーザー数が少なくはないのかもしれない。
参考:mixi, Twitter, Facebook, Google+, Linkedin 2012年9月最新ニールセン調査

ひと月400万人という数字が多いかどうかは置いておくとして、私も3800人ほどサクって(G+ではフォローのことをサークル追加、略してサクるという)いる。まだG+が招待制だった頃に大量サクをした頃の名残だ。ストリーム(Twitterでいうタイムライン)で流れてくる内容は、世間話やニュースなどが多いが、FacebookやTwitterよりもコアな情報が多いように感じる。

いずれG+について詳しく書きたいと思いつつ、本題に移る。Mashableによれば、BestGlobalBrands2012のトップ100企業が開設しているGoogle+ページのファン数を全て合計すると2300万人になるという。もちろん、BestGlobalBrandsに選ばれた企業のなかには、開設していない企業もあるから、実際は100ページの合計ではない。

Top 100 Brands on Google+ Have a Total Audience of 23 Million:http://mashable.com/2012/11/08/top-100-brands-google-plus-23-million/

BestGlobalBrands2012については、こちらの記事を参照していただきたい。

BestGlobalBrands2012 Appleのブランド価値は前年比+129%:http://www.hivelocity.co.jp/blog/2785

Google+ページが始まったのは2011年11月だったということを考えれば、この数は多いと言えるのではないだろうか。

また、Facebookとよく比べられるが、G+には広告がまだない。そのため、ブランドページには自力でたどり着かなければならない。そういった事情も、Facebookページと比較するときには考慮しなくてはならないだろう。

Google+ページファン数トップ10

Mashableの同記事に、Google+ページトップ10が記載されている。見ていこう。

ちなみに、上の+◯◯がファン数ではなく、サークル追加数がファン数としてカウントされている。

1位:Ferrari

ファン数、204万人

2位:H&M

ファン数、198万人

3位:Burberry

ファン数、181万人

4位:BMW

ファン数、176万人

5位:GUCCI

ファン数、169万人

6位:Ford Motor Company

ファン数、166万人

7位:Nissan

なんと日本企業が7位に!

ファン数、158万人

8位:Volkswagen USA

ファン数、154万人

9位:Porsche

ファン数、140万人

10位:Google

なんとGoogleは10位。ただ、エンゲージメント率はトップ10の中で一番高いらしい。

ファン数、135万人

やはり自動車業界は強い。検索やリンクからたどり着く必要があるため、元々の知名度が高く関連しているからだと考えられる。

SERVICE
  • sns