;
SERVICE

「チャリ走」に見た、スマートフォンアプリの夜明け

shadow
bike-rider
inoue

Author :  

shadow
bike-rider
  • Recruit
  • Recruit

数多のスマートフォンアプリの中で、他に類を見ない「チャリ走」。 そこには大変興味深い極意があった。

みなさん。

チャリ走というアプリをご存知ですか?

シリーズ累計1500万ダウンロードを記録しているヒットアプリです。

内容は非常にシンプルなもの。

自転車に乗ったキャラクターが横スクロールで進んでいきます。

操作はジャンプボタン一つだけ。

横に進みながら障害物や崖をジャンプでかわしていくゲーム、それがチャリ走。

いわゆる中毒系ゲームで、私も結構はまりました。

http://chariso.com/

チャリ走1

チャリ走2

チャリ走3

このシンプルすぎる画のチャリ走ですが、今年になって興味深いものを見つけました。

チャリ走と海物語がコラボ

チャリ走海物語1

チャリ走海物語2

チャリ走と海物語がコラボレーションしたのです。

海の中をチャリンコが!?

華やかすぎてチャリ走の良さが。。。

などと否定的な意見もありますが、とにかく驚きました。

そして先日さらに驚くものを見つけました。

仮面ライダーとのコラボ

チャリ走仮面ライダー1

チャリ走仮面ライダー2

仮面ライダーとのコラボです。

ちょっと見づらいですが、バイク乗ってます。

もはやチャリンコ関係ありません。

皆さんお分かりでしょうか。

このフォーマット何でもいけるのです。

バイクや自転車や船、飛行機何でもありです。

仮面ライダーがバイクに乗った時点で何でもありのジョーカーとなったわけです。

これによりコラボレーションする所がもっと出てくるのではないでしょうか?

コラボしたい側としては、チャリ走のビッグブランドにあやかれるメリット。

チャリ走側は、コラボすることによって、宣伝効果になりつつ、基本的にデザインの着せ替えで開発にかける時間が省けるメリット。

お互いのメリットが合致したことにより、上記二つのコラボレーションが生まれたのではないでしょうか?

チャリ走の上手な所は元々のデザインがシンプル故にコラボする際に主張しすぎないアンバイというのが、良い方向に働いていると思います。

この記事を書いている今この時も、「横に進む乗り物」を取り扱っている企業さんと密会している可能性も。。。

デザインも仕組みも秀逸なアプリは数多く存在しますが、「チャリ走」のように、単体のアプリだけでは終わらず

様々な可能性を残した伸びしろと「コラボできるかも!?」という隙が今後のスマートフォンアプリには大事なのではないでしょうか。

開発者がどこまで最初に想定していたか分かりませんが、コラボありきで始めたとしたら相当な策士です。

そこでわたしも考えました。

チャリ走にインスパイアされて僭越ながら考えました。

人生ハードル

「人生ハードル」と言います。

人生はハードルのようなもので一つ難を飛び越えてもすぐまた次の難がやってきます。

そこに終わりはありません。

ですのでこのアプリも特にゴールはありません。

縦スクロールで進んでいき、ジャンプするのみ。

このアプリがどうのこうのというのではなく、これがヒットになったとして、そう仮定して、さあ皆さん。

別にハードルでなくても良いんです。

上から何かふってくるのを叩き壊すのでも、障害物を切るのでも良いんです。

デザインもどうぞどうぞ好きに変えちゃってください。

何だったら横スクロールにしちゃいましょう。

このさい自転車乗せても良いですし。

陸上系のキャラクターや打撃系のキャラクターが出てくるコンテンツをお持ちの皆様、

ご連絡お待ちしております。

SERVICE
  • sns