;
SERVICE

Webマーケティングは販促キャンペーンではありません「Get Started to fit your Web Marketing」

shadow
Get-Started_07
idea omori

Author :  

shadow
Get-Started_07
  • Recruit
  • Recruit

貴社の事業にピッタリのWebマーケティングをもとめて。プロフェッショナルの視点。

Webマーケティングという言葉は、販売促進やキャンペーンのことであると理解されている傾向があります。これには理由があって、マーケティングコストを瞬発的な販促費用として捉えていることや、マーケティング担当者が成果目標をキャンペーンの集客など限定的な範囲の作業を要求されていることが原因なのではないかと思います。しかし、今の時点ではそれは誤った認識です。Webマーケティングは資産への投資であり戦略基盤の構築なのです。

資産の構造

販促キャンペーンは一時的なものです。Webマーケティングを販促キャンペーンだけと捉えた場合、せっかく時間と費用をかけて獲得した顧客とのつながりも刹那的なものになってしまいます。よくある悲しい出来事は、作った自社サイトやコンテンツ、Facebookページは放置されたまま形骸化してしまうことです。

思考を変えて、自社サイトや顧客とのつながりやFacebookページを資産として考えると、つながりの獲得、Facebookページでの商品やサービスの訴求やブランディングなど、統一的に継続かつ統合された計画を実践することができる、したほうが中長期的見て合理的であるということになります。

Webマーケティングの資産を図式化してみましょう。 

Webマーケティングは下部構造から見ると、エンドツーエンドの特徴を持つインターネット上のWebで、オウンドメディア(自社サイト、Blog、EC)やソーシャルメディアにコンテンツ資産を蓄積し、検索エンジンのSEO施策や様々なプロモーションでつながり資産を獲得し、それらが有機的に連携してO2O(オンラインやオフライン)で事業を展開するというものなのです。

Webマーケティングは、インターネット上のメディアやサイトやアプリなどそれぞれの部分運用のことではありません。事業計画に合わせて運用する戦略システムなのです。

つまり、Webマーケティングは事業の本質を反映したものになるはずです。

自動化アルゴリズム

マーケティングの完成形についてドラッカー先生は下記のように教えています。

販売努力を不要にすることにある。顧客を知り尽くした上で、何もしなくても売れていくようにすること。
「マネジメント 努め、責任、実践Ⅰ」ピーター・ドラッカー著

何もしなくても売れていくようになる…そんなことあるわけがない、と気が遠くなってしまうような教えですが、Webマーケティングにおいてはこの教えをもとに実践するほうが合理的です。

3つの資産を築くにあたって、CMSやソーシャルメディアやSEOはフリーで提供されているので基盤を構築しやすい環境になっています。

また、つながりの資産から顧客が必要とする情報を分析解釈し、コンテンツを増やしていくことがSEOの効果を上げるような構造になっているので、うまく力の作用が働けば慣性の法則のように動き続ける可能性があります。

つまり、ほぼフリーで自動化のアルゴリズムが働きます。

これをコンセプトにしたあるシステム(しくみ)がHubSpotです。

参照:インバウンドマーケティングの概要整理とHubSpotがすごい理由
参照:日本にも上陸。インバウンドマーケティングとHubSpotとは何か?

プロフェッショナル

自動化のアルゴリズムでWebマーケティングが完成して成果が上がると理想ですが、では何もしなくてもよいとなると、Webマーケティング担当者は何のために存在するのでしょうか?

Webマーケティング担当者は役割上プロフェッショナルであることを前提に、ふたたびドラッカー先生の教えを請いましょう。

本物のプロフェッショナルはある意味、マネジャーよりも「優位」にいるだろうし、それがあるべき姿だろう。「指南役」「啓発者」としての役目を果たさなくてはいけないのだ。マネジメント層を啓発し、より高いビジョンを抱かせ、新たな事業機会、新たな地平、新たなより高い基準を示すのが、プロフェッショナルの努めである。
「マネジメント 努め、責任、実践Ⅲ」ピーター・ドラッカー著

ドラッカー先生に倣っていうと、プロフェッショナルであるWebマーケティング担当者は、運用のしくみを管理してまわすのではなく、顧客により高い価値を創造提供できるように知恵を働かせて上司やマネジャーを啓蒙すること、それが本来の仕事であるということになります。

昨今、ソーシャルメディアやマーケティング3.0で働き方が変わるなどと様々なメディアで言われていますが、ドラッカー先生は39年も前の1973年にすでに同じ事を教えていらっしゃいました。

さあ、プロフェッショナルの視点に立ち、Webマーケティングでマーケティング資産を構築して、様々な自動化アルゴリズムを駆使して成果を上げましょう。

Get Started to fit your Web Marketingの詳細はこちら
  1. ある、絶対にあるはず!!「Get Started to fit your Web Marketing」
  2. Webマーケティングとは何か?「Get Started to fit your Web Marketing」
  3. Webで本来のマーケティングへ「Get Started to fit your Web Marketing」
  4. 流動化と顕在化「Get Started to fit your Web Marketing」
  5. Webマーケティングで資産化する「Get Started to fit your Web Marketing」
  6. 資産化の有効性「Get Started to fit your Web Marketing」
  7. Webマーケティングは販促キャンペーンではありません「Get Started to fit your Web Marketing」
  8. Webマーケティングの資産は、物と心を大切に「Get Started to fit your Web Marketing」
  9. Webマーケティングは街づくりとおなじです「Get Started to fit your Web Marketing」
  10. 貴社だけの経済共同体「Get Started to fit your Web Marketing」
  11. 成果を出すプロジェクト「Get Started to fit your Web Marketing」
  12. 貴社のWebマーケティング資産は何点?「Get Started to fit your Web Marketing」
  13. マーケティンググレードを上げよう!「Get Started to fit your Web Marketing」
  14. アトムとビットのWebマーケティング「Get Started to fit your Web Marketing」
SERVICE
  • sns