;
SERVICE

iPhone5 Softbankとauを比較。私たちはどちらのキャリアでiPhone5を使えばいいのだろうか?

shadow
au_softbanks

Author :  

shadow
au_softbanks
  • Recruit
  • Recruit

9月14日16:00、auとソフトバンクによってiPhone5の予約合戦がついに始まった。auとソフトバンク、どっちでiphone5を使えばいいか比較してみた。

9月14日16:00、auとSoftbankによってiPhone5の予約合戦が始まった。ものすごいバトルだ。全くサイトが開かない。21:00ようやくサイトの混雑が無くなってきた。もろもろ検討しようと思って、情報収集。しかし、あまりにも情報がありすぎて一度あきらめる。そもそもなぜこんなに複雑になったのか整理してみた。

ソフトバンクのプレスリリースは下記の通り

http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2012/20120913_01/

一方auのプレスリリースは下記の通り

http://www.kddi.com/corporate/news_release/2012/0914f/pdf/index.pdf

私のiPhoneはもともとsoftbankだから、当然softbankで機種変更だと思っていた矢先に

au版iPhone 5でテザリング解禁に

おいおい、いつもと状況が違うぞ。内容はこうだ。

au版iPhone 5でテザリングが解禁される。KDDIは14日、次世代高速通信サービス「4G LTE」のオプションプランとしてテザリングサービスを開始すると発表、au版iPhone 5も同サービスに対応する。テザリング利用料は最大2年間無料。

テザリングは、スマートフォンなどを親機として、パソコンやゲーム機器などに接続して、インターネットが利用できる機能。au版iPhone 5でもこのテザリング機能が利用可能になる。

また、スマートフォンを対象とした高速通信サービス「4G LTE」について発表し、テザリング機能対応機種向けの有料オプションプランとして「テザリング」があることを公表。月額525円で同サービスを提供する。ただし、iPhone 5の場合、テザリング利用料は最大2年間無料で提供される。

当然悩む。softbankもこの挑発に乗るかと思いきやなんとテザリングはやらないと判明。(直後、テザリングはやることにありました。)

しかし、softbankも下取りプログラムを開始。

「下取りプログラム」を9月21日より開始

ソフトバンクモバイル株式会社は、スマートフォンを購入したお客さまを対象に、それまで利用されていたスマートフォンを下取りする「下取りプログラム」を、2012年9月21日から11月30日まで実施します。

例えば、iPhone 5に機種変更した場合、iPhone 4Sを12,000円(1,000円×12カ月)、iPhone 4を8,000円(1,000円×8カ月)で下取りし、毎月のご利用料金から割引します。iPhone 4Sに機種変更した場合は、iPhone 4を8,000円(1,000円×8カ月)で下取りし、毎月のご利用料金から割引します。対象機種はiPhone 4S、iPhone 4から開始し、Android™ 搭載スマートフォンなどを含め今後拡大を検討していく予定です。

※ 液晶割れなどの大きな破損がある場合は下取りできません。

http://mb.softbank.jp/mb/news/contents/201209141709150000/

しかし、私のiPhoneはダメージが大きく、当然下取り対象からは外れている。

料金的な違いはこうなっている。

2社とも基本使用料は月額980円。

パケット定額料金は月額5,460円(KDDIは年内に申し込んだ場合のみ)。

端末価格

16ギガバイトモデルが0円

32ギガバイトが10,320円

64ギガバイトが20,640円(2年契約の場合)。

2社とも、電話番号を変えずにほかの通信会社に乗り換えられる「携帯電話番号ポータビリティー(MNP)」制度を使う場合のキャンペーンを設定。

ソフトバンクは他社からiphone5にMNPで契約を変える場合、「ホワイトプランの基本使用料980円(月額)1年間無料」または、10,000円(商品券)の還付を選べる。さらに、「のりかえ割」と併用するとホワイトプランの基本使用料が最大2年間無料になり、パケット定額料金の実質月額は4,480円になる。機種変更の場合は「ホワイトプランの基本使用料980円(月額)1年間半額」または、5000円(商品券)の還付を選べる。パケット定額料金の実質月額は4,970円になる。

auはMNPで高速無線通信「LTE」サービスに契約する場合、基本使用料980円(月額)を最大24カ月間無料にする。キャンペーン名は「女子割」だが、女性への訴求力を狙ったもので、女性限定ではないという。

キャンペーン期間は2社とも11月30日まで。

また、2社はiPhone5の発売と同時に、LTEサービスを始めることも発表。併せてLTE利用者向けの新料金プランも設けた。

Softbankは、2年契約で基本使用料が月額980円のホワイトプランと、契約期間のない標準プラン(月額1,960円)など。パケット定額料金は月額5,985円。テザリングは利用できない。

auも基本使用料は月額980円、パケット定額料金は月額5,985円とsoftbankと変わらない。スマホをルーターとして利用するテザリングもLTE対応機種で月額525円で始める。iphone5のテザリング利用は、年内に申し込むと最大2年間無料になる。

http://mainichi.jp/select/news/20120914mog00m020024000c.html

うーん、よくわからない。よくわからないのでもうちょっとわかるサイトを参照。

Softbankの場合

4G LTE対応パケット定額:5,460円/月

MNPの場合2年間4,480円/月、機種変の場合4,970円/月

パケットし放題 for 4G LTE 月額 2,100円~6,510円も選択可能

テザリング非対応

パケットデータ量制限無し

期間制限無し

端末実質価格:16GB版 0円 32GB版 10,320円 64GB版 20,640円

auの場合

LTEパケット定額:5,460円/月

スマートバリュー適用時3,980円/月

テザリング対応(最大2年間無料)525円/月

パケットデータ量制限7GBまで(速度制限)

契約期間2年間

端末実質価格:16GB版:0円 32GB版:10,320円 64GB版:20,640円

au通話定額24(500円/月)でau同士は24時間通話無料

通話ワイド24(980円/月)で通話料半額(10.5円/30秒)

http://iphone.f-tools.net/QandA/au-or-softbank-iPhone.html

ちなみに両社ともオンラインショップで予約申し込みができる。

auのiPhone5オンライン予約サイト

http://www.au.kddi.com/iphone/reservation/list.html

softbankのiPhone5インライン予約サイト

http://lnd.online-reserve.mb.softbank.jp/ors/html/iphone_order_sbm.html

 

LTEについて 

ちなみにLTEとは、

Long Term Evolutionの略で、国際標準化団体の3GPP(3rd Generation Parthershio Project)が仕様を作成した移動通信方式。技術的には、現在Docomoやsoftbankが使っているW-CDMAやHSPA(High Speed Packet Access)系の3G(第3世代携帯電話)方式の延長線上にある方式。世代的にはW-CDMAが3G、HSPAは3.5Gに分類され、4Gの技術を先取りしながら3Gの周波数帯を使うためLTEは3.9Gと呼ばれる。LTEが3.5GのHSPAより高速の理由は3つの高速化技術を取り入れたことによる。

1.無線区間の帯域幅の拡大

HSPAが通常は5MHz幅の帯域を使うのに対し、LTEは最大で20MHz幅までをサポート。帯域幅と伝送速度はほぼ比例するため、帯域幅が4倍になれば通信速度も4倍に。

2.データ変調の多値化

現行のHSPAで使っている変調方式(16QAM)より1度に送信するビット数を1.5倍に増やせる方式(64QAM)を採用。よって通信速度も1.5倍に。

3.MIMO(Multiple-input,multiple-output)

複数のアンテナを端末と基地局が持ち、同じ周波数帯域を使いながら複数の信号を同時に伝送する方式。LTEは最大で4本×4本のアンテナにより伝送路を4重化できる技術をサポート。MIMOの導入で最大4倍に。

1,2,3によりHSPAの下り最大速度である14.4Mbpsに対して、理論上は4×1.5x4=24倍。最大速度は300Mbpsを超える!

また、下記の整備も同時に行われている。

・回線交換網とパケット交換網のネットワークからオールIPのパケット交換網に。

・制御遅延の解消。システム構築にかかる設備コストの低減。

・OFDMAの採用。

周波数の利用効率が高い伝送方式。CDMA方式と同じ周波数幅の中に4倍近いユーザーの確保が可能に。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK08026_Y0A700C1000000/?df=2

 テザリングについて

テザリングとは、スマートフォンなどを外部モデムとして利用して、PCなどをインターネット接続させる機能。テザリング機能のあるスマートフォンがあれば、例えばWiFiルータが持ってなくても、そのスマートフォンを利用し屋内、屋外に関係なく、パソコンやゲーム機でインターネット通信ができます。

http://www.infraexpert.com/study/wireless43.html

 結局どうなったのか?

ということで、現段階ではどうしているかというと、テザリングがほしいと思い、auにしようと思っていたがオンライン申し込みが混んでてできないためsoftbankにしようと考えた。

結局最後は機能ではなく、すぐに申し込めるかで決めてしまうのであった。

が、なぜか契約の内容によりオンライン申し込みができないとでて、いまは予約をあきらめている。やっぱりサポートセンターに電話してからにしよう。しかし、今は夜。何もできない悲しい状態になり、ブログを書いている…。

追記:2012/9/19

9月19日現在、Twitterにて孫社長からの「やりましょう」は下記の通り。この中で、softbankテザリング検討に入りました。

https://twitter.com/masason/status/248064602775117824

・検討しましょう。 RT @jobs_george テザリングについてコメントして欲しい

・やりましょう。64Gなどへの追加下取り価格上げ。 RT @teruru_390 機種で一律の値段で下取りなんでしょうか?16Gと64Gを同じ価格で下取りは悲しいです…

・やりましょう。少額で申し訳ありませんがiPhone3GSとiPhone3Gの下取りも。 RT @_shiemi 3GSも下取りしてくれたらうれしいです…。

・やりましょう。iPhone4も下取り価格上げ。 RT @symphony_studioiPhone4もちょっとでもいいので上げてくださると嬉しいです!

・ダメです。 RT @omitsuc 画面割れてるのはダメか

ソフトバンクモバイル、テザリング解禁 2013年1月15日から。緊急会見で発表!

ソフトバンクモバイルが9月19日、緊急会見を開き、これまで「非対応」としてきた「iPhone 5」でのテザリングを、2013年1月15日から提供すると発表した。申し込みは9月21日から受け付ける。

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1209/19/news070.html

 現在の下取りプラン

http://mb.softbank.jp/mb/campaign/trade_in/

auテザリングの条件は?

またauテザリングについては下記の条件がついています。結構厳しい条件です。下記のサイトが詳しく説明しています。

http://reynotch.blog.fc2.com/blog-entry-283.html

ネットワーク混雑回避のために、LTEスマートフォンご利用の場合、直近3日間に1GB以上のご利用があったお客様の通信速度を終日制限させていただきます。

http://www.au.kddi.com/iphone/ryokin/index.html

ついにテザリングの差別化が無くなった。下取り分だけ、softbankのほうが有利?

追記:2012/9/28

黒と白 7対3で黒が人気。前回は指紋がつくという理由があったみたいだが、今回は素材変更により黒人気へ。

テザリング:7G縛りは両方にある。

残念なお知らせはLTEでなぜか料金が+1000円近く上がること。

追記:2012/10/1

Softbank 5つのやりましょう!

テザリングオプション

あっと驚きの月額使用料。なんとプラス525円/月で、テザリング可能

本オプションサービスの月額使用料、2年間無料 2年間、7GBまでパケット定額が5,985円/月→5,460円/月でパケット定額が485円/月も安くなる

申込受付期間2012年9月21日から12月31日まで

提供開始日2013年1月15日(予定)

免責事項

※毎月のデータ量が7GBを超えた場合に請求月末まで通信速度が送受信最大128kbpsに制限されますが、別途お申し込みいただくことで制限なく利用いただけます(2GBごとに2,625円かかります)。

※本オプションサービスに加入の場合、月額使用料無料期間終了後から「パケットし放題フラット for 4G LTE」の通信速度制限開始のデータ量が7GBから7.5GBになります。

24時間通話定額オプション

LTEスマホからソフトバンク回線へ月額500円で、24時間かけ放題

申込受付期間2012年9月21日から12月31日まで

提供開始日2013年1月15日(予定)

4G/LTEスマホBB割

指定の固定通信サービスと4G/4G LTEスマートフォンのセットで、2年間パケット定額料が1,480円/月の割引

さらに3年目以降もパケット定額料が980円/月の割引(「パケット定額 for 4G LTE」の場合455円引き)

実施期間2012年9月21日から12月31日まで

加入条件

※4G/4G LTEスマートフォンにて「パケットし放題フラット for 4G/4G LTE」または「パケット定額 for 4G/4G LTE」に加入いただくこと

※対象となる固定通信サービスとして「ホワイトコール24」および「ホワイトBB」「ケーブルライン」「ひかりdeトークS」のいずれかに加入いただくこと

4G/LTEスマホ家族キャンペーン

ご家族が3Gのスマートフォンを譲り受け、新規契約すると2年間月々1,980円でパケット通信使い放題

実施期間2012年9月21日から11月30日まで

適用条件

※iPhone 4 または iPhone 4S からSoftBank 4G/4G LTEスマートフォンに機種変更すること

※契約時にそれまで利用されていたスマートフォンを持参し、同一名義かつ同一請求先でUSIMカード単体での契約による新規契約/のりかえ(MNP)し、ホワイトプラン(i)に加入すること

※SoftBank 4G/4G LTEスマートフォンに機種変更した回線がホワイトプラン(i)またはタイプXにねん(i)に加入すること

スマホ下取りプログラム

iPhone 4S 64Gバイトなら最大20,000円で下取り

最新機種でなくても、ご安心ください、最新機種以外も下取り対象に

実施期間2012年9月21日から11月30日まで

http://mb.softbank.jp/mb/special/120921done/index.html

追記:2012/10/1

ソフトバンク、イー・アクセスを買収

追記:2012/11/19

iPhone 5の品薄解消へ KDDI、ソフトバンクとも当日持ち帰り可能に

http://news.itmedia.co.jp/

SERVICE
  • sns