;
SERVICE

コンテンツの最適化 適切なアンカーテキストを書こう Google 検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドについて

shadow
googleseo

Author :  

shadow
googleseo
  • Recruit
  • Recruit

今さらですがGoogleから発行されている「Google検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」その全貌を完全解説

webサイト制作、webサイト構築を行う上で、必ず出てくるキーワード「SEO」。今回は、Google 検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドの「コンテンツの最適化」で紹介されている「適切なアンカーテキストを書こ」について説明。

以下、Google検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドに書かれている詳細及び個人的に注目するポイントをまとめて整理している。Google 検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドの補足として利用してほしい。

適切なアンカーテキストを書こう

適切なアンカーテキストはリンク先の内容が伝わりやすい

アンカーテキストとは、リンクが設定されたテキストのことを指し、というアンカータグの間に挟まれています。このテキストは、ユーザーとGoogleの双方にリンク先のページに関する情報を伝えています。

リンクは、内部リンク(同じサイト内の別ページへのリンク)かもしれませんし、外部リンク(別サイトのコンテンツへのリンク)の場合もあるでしょう。どちらの場合も、アンカーテキストがより適切であれば、ユーザーとGoogleの双方がリンク先のページがどのような内容なのか理解しやすくなります。

用語説明

CSS

Cascading Style Sheetsの略で、ウェブページのデザインやレイアウトを定義するための仕様

テキストスタイル

テキストやフォントのサイズ、色などの書式設定のこと

ポイント

説明的なテキストを使用しよう

アンカーテキストはリンク先のページの基本的な内容が伝わるように書きましょう。

  • 「ページ」「記事」「ここをクリック」のような一般的なアンカーテキストは避ける
  • リンク先の内容に沿わない、もしくは無関係なテキストは使わない
  • ページのURLをアンカーテキストとして利用しない

簡潔なテキストにしよう

短く、わかりやすい言葉を使うようにしましょう。単語を数語か短いフレーズにするようにします。

  • 冗長な文章や、段落になるほどの長いアンカーテキストにしない

リンクだとすぐにわかるような書式設定にしよう

普通の文章とリンクのアンカーテキストを、ユーザーが簡単に区別できるようにしましょう。ユーザーがリンクを見落とすことや、間違ってクリックしてしまうことがあってはサイトの利便性が損なわれます。

  • リンクが普通のテキストのように見えてしまうCSSやテキストスタイルを採用しない

内部リンクのアンカーテキストにも気を配ろう

リンクというと、別のサイトに向かって張っているリンクと思いがちですが、内部リンクに使われているアンカーテキストに関しても配慮すると、ユーザーとGoogleの双方が理解しやすいサイトになるでしょう。

  • 検索エンジンのためだけにアンカーテキストへ大量のキーワードを詰め込むことや、冗長な文を使うことはしない
  • サイト内を移動する上で、ユーザーにとって役に立たないリンクを作らない

いかがだろうか。

個人的にはこのアンカーテキストはソーシャルプラットフォームも含めてみた場合、検索エンジン順位において非常に重要になっていると思う。

次回は「コンテンツの最適化:画像の利用を最適化しよう」について見ていこうと思う。

Google 検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドの詳細はこちら
  1. Google 検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドについて
  2. SEOの基礎 適切なページタイトルを付けよう
  3. SEOの基礎 descriptionメタタグを設定しよう
  4. サイト構造の改善 URLの構造を改善しよう
  5. サイト構造の改善 ナビゲーションをわかりやすくしよう
  6. XML サイトマップファイル sitemap.xmlについて
  7. コンテンツの最適化 質の高いコンテンツを提供しよう
  8. コンテンツの最適化 適切なアンカーテキストを書こう
  9. コンテンツの最適化 画像の利用を最適化しよう
  10. コンテンツの最適化 見出しタグを適切に使おう
  11. クローラーへの対処 robots.txtを効果的に設定しよう
  12. クローラーへの対処 リンクにnofollow属性を活用しよう
SERVICE
  • sns