;
SERVICE

Facebookが利用規約とポリシー改定案に対してユーザー投票を実施

shadow
facebook_logo
matsushita

Author :  

shadow
facebook_logo
  • Recruit
  • Recruit

Facebookが利用規約とポリシーの改定案に対してユーザー投票を実施。ポイントは5点!

Facebookが利用規約とユーザーデータの利用ポリシーの改定案について、ユーザー投票を実施しています(アメリカの現地時間3日から、12月10日まで。日本時間では11日)。

Facebookはこのユーザー投票に先駆けて、11月にコメント期間(質問期間)を設けていました。この期間に寄せられた意見により、変更内容がより詳しく説明されています。

主な変更点

詳しくはFacebookが公開しているページをご覧いただきたいと思いますが、当記事ではできるだけ簡単に説明していきます。

変更内容の説明:https://www.facebook.com/notes/facebook-site-governance/%E5%A4%89%E6%9B%B4%E5%86%85%E5%AE%B9%E3%81%AE%E8%AA%AC%E6%98%8E/10152338081085301

1, サイトガバナンスのプロセス

これは現在の投票システムの是非について述べています。現状では、今回のようにガバナンス改定案に対して投票を行っています。しかし、Facebookの規模が大きくなったことによって、投票システムでは効率よくガバナンス改定に対して参加できなくなったため、投票システムの廃止をあげています。

投票システムに変わる新しい制度として『最高プライバシー責任者に質問する』という機能を用意するとしています。この方法は、直接ユーザーと責任者がディスカッションすることで、より良いフィードバッグを受けられるため、最も高い効果が得られるとしています。

2, 系列会社との情報共有

この情報の共有は、ヨーロッパにFacebookを提供しているFacebook Ireland Ltd.や、Instagramとの連携を強化するために必要だとしています。

系列会社との情報共有は適用法に準拠して実施され、ユーザーからの同意が必要な場合は、ユーザーから同意を得ることを明確にしています。

3, コンテンツの所有権

この項目は改定に関するものではありません。『Facebookはコンテンツの所有権変更をしている』と誤解しているユーザーが多く、それは誤解に基づいているということを説明するために加えられました。

Facebookの利用者は自分のコンテンツを自分で所有・管理し、自分で共有範囲を管理するということがFacebookのポリシーだと説明しています。

4, プライバシーの管理

プライバシー設定(自分のプロフィールなど)や、タイムラインへの投稿の共有範囲の詳しい機能説明を加えるために追加された項目です。

投稿した内容はいつでも削除することができ、共有範囲もいつでも変更できるという説明が追加されます。

5, 広告ポリシー

広告ガイドラインの変更はありません。

広告ポリシーの改定案は、新しい説明とガイドラインへのリンクを追加することで、広告ポリシーの明確化をはかるものです。

以上が今回の変更内容の説明となります。

投票するには

改定案への投票は、下記リンクから行うことができます。

Facebook Governance Vote:https://apps.facebook.com/fbsitegovernance/

アクティブユーザーの30%が投票した場合、結果はFacebookに対して拘束力を持ち、30%未満の場合はFacebookへの勧告となるそうです。

両ポリシーに記述があるように、アクティブな全登録ユーザーの30%を超える人数が投票に参加した場合、その投票結果は弊社に対して拘束力を持ちます。投票率が30%未満の場合、投票結果は弊社への勧告となります。

皆様のご意見に対する回答—Facebook site governance

今後のFacebookの運営に関わってくることなので、みなさんも是非投票しましょう。

SERVICE
  • sns