;
SERVICE

Google+にコミュニティ機能が追加!

shadow
google+_fun_logo
matsushita

Author :  

shadow
google+_fun_logo
  • BaseStationApp
  • Recruit

Google+に追加されたコミュニティは、つながりを加速する!

Google+に新しく『コミュニティ機能』が追加されました!

コミュニティ機能というと、まずMixiを思い出しますね。コミュニティ機能がMixiを発展させていった側面もありますので、このコミュニティ機能がGoogle+をどのように導いていくのか気になります。

それでは、早速見ていきたいと思います。

コミュニティ機能

Google+のホーム画面の左側にコミュニティのアイコンが追加されています。

このコミュニティをクリックすると、参加しているコミュニティ表示、コミュニティ検索、コミュニティの作成ができます。

コミュニティの種類は一般公開と、非公開があります。

一般公開はユーザーの参加を許可制にすることもできます。デフォルトの設定では、申請してきた人を自動でメンバーになれるようになっています。

非公開は招待されたユーザーのみが参加することができます。また、コミュニティ検索に表示されるかを設定することができます。

コミュニティの画面はこうなっています。コミュニティ内でも、さらにカテゴリ分けをすることができます。ちなみにカテゴリは20個が上限のようです。

投稿をカテゴリに向けて行うことができます。

コミュニティに対してイベントや、ハングアウトの招待を送れます。コミュニティとして共通の興味があるので、これらの機能は有効になるのではないでしょうか。ローカルな使い方をすると、かなり有効かもしれません。

また、現時点で対応しているのはPCのみで、まだモバイルではコミュニティ機能は使うことができません。

Google+の現状

Googleは、このコミュニティ機能の発表をブログで行っています。それに合わせて、Google+の現状についても記載しています。

Google+のアカウントは5億人が所有しており、+1やハングアウトを利用しているのは2億3500万人、ストリームに投稿しているのは1億3500万人とのこと。

現在、Google+ は数あるネットワーキングツールの中でも特に急成長しています。既に 5 億人以上が Google+ にアップグレードし、Google のサイトで実際に使っているユーザー(Google Play のアプリへの +1、Gmail でのハングアウト、検索結果の共有など)も 2 億 3,500 万人に上ります。ストリームを使っているユーザーだけを見ても 1 億 3,500 万人に達しています。

9月に公開された登録ユーザー数は4億人だったので、3ヶ月の間に1億人増加したことになります。アクティブユーザー数は前回の基準が、『実際に使っているユーザー』なのか、『ストリームを使っているユーザー』なのかは不明であるため、はっきりとしたことは分かりませんが、前者なら倍に、後者なら3500万人の増加です。

どちらにしても、ハンパない速度でアクティブユーザー数を伸ばしているようですね。

Google+ コミュニティと、Snapseed アプリを公開:http://googlejapan.blogspot.jp/2012/12/google-snapseed.html

SERVICE
  • sns