;
SERVICE

2012年を総括するランキング@検索ワード編

shadow
website
matsushita

Author :  

shadow
website
  • Recruit
  • Recruit

今年最も注目された単語は? 2012年の注目ワードはここでチェック!

12月が中旬に入って、2012年も残すところ20日を切りましたね! みなさんは今年、何か新しいことがありましたか? 私は学生生活を終えて、ハイベロシティに入社しました。毎日が勉強することばかりですが、今後も少しずつ努力を続けていきたいと思います。

さて、新しい年に近づくにつれて、各所で2012年のランキングが発表されています。本やDVDの売上から、検索ワードランキングなどなど、今年の動向が丸わかりですよ!

全部をまとめると長くなりすぎてしまうので、数回に分けてご紹介します。今回は検索エンジンのランキングです。

Google年間検索ランキング

世界最大の検索エンジンであるGoogleが発表する年間ランキング。日本での2大検索サイトはGoogleとYahoo!で、ポータルサイトとしてはYahoo!の方がシェアが高かったりします。でも、Yahoo!も検索エンジンはGoogleを使用していますので、そのシェアを合計すると90%近くまで到達します。

世界40の国と地域の検索エンジンシェア【2012年発表】—AUN CONSULTING, Inc.http://www.auncon.co.jp/corporate/2012/1120.html

Googleで検索されたランキングを見ることで、今年のトレンドをかなり確実なところまで掴むことができるのではないでしょうか。早速見ていきましょう。

急上昇ワード

1. 金環日食
2. オリンピック
3. 台風
4. ドラクエ 10
5. 地震
6. LINE
7. 肺カルチノイド
8. ユーロ 2012
 9. iPad Mini
10. iOS 6

総合 (カッコ内は前年度の順位)

1. yahoo (1位)
2. youtube (2位)
3. facebook (4位)
4. amazon (5位)
5. 楽天 (6位)
6. mixi (3位)
7. 天気予報 (—)
8. twitter (7位)
9. gmail (8位)
10. ニコニコ (9位)

モバイル総合

1. ヤフー
2. mixi
3. facebook
4. モバゲー
5. 天気 予報
6. youtube
7. 楽天
8. グリー
9. アメブロ
10. レストラン

企業名

1. ana
2. クックパッド
3. au
4. じゃらん
5. jal
6. 楽天 (トラベル)
7. ユニクロ
8. docomo
9. goo
10. マクドナルド

ハウツー/方法

1. スマホ 節電
2. iOS6 アップデート
3. Windows 8 インストール
4. LINE 設定
5. facebook シェア
6. ロングブレス
7. Twitter 定期ポスト
8. テザリング
9. siri 起動
10. スマホ 入力

** とは(検索ワードで『◯◯ とは』と調べられたランキング)

1. テザリング
2. LTE
3. LINE
4. コンプガチャ
5. オスプレイ
6. 痛風
7. ACTA
8. ナマポ
9. ノマド
10. siri

商品(ガジェット)

1. iPad mini
2. ニンテンドー3DS LL
3. Nexus 7
4. Windows 8
5. Xperia™ acro HD
6. nasne
7. Surface
8. GALAXY S III
9. ウルトラブック
10. キヤノン EOS M

この他にも都道府県別、話題の人のランキングなどが掲載されていますので、ぜひご覧ください。

Google 年間検索ランキング 2012:http://www.google.co.jp/press/zeitgeist2012/index.html

Yahoo! 2012検索ワードランキング

Googleに続いてYahoo!の検索ランキングです。Yahoo!はポータルサイトとして、日本で最も使われています。Yahoo!ニュースなどで見た言葉をその場で検索している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

Googleのランキングとは少し違っているので、こちらも要注目です。

総合ランキング

1. YouTube (1位)
2. Facebook (9位) 
3. Amazon (3位)
4. 楽天 (5位)
5. Google (4位)
6. mixi (2位)
7. 2ちゃんねる (6位)
8. ニコニコ動画 (7位)
9. Twitter (8位)
10. 価格.com (10位)
11. アメーバピグ (12位)
12. クックパッド (13位)
13. NTTドコモ (14位)
14. Googleマップ (22位)
15. DMM (16位)

スマートフォン検索ランキング

1. Facebook (9位)
2. Amazon (2位)
3. mixi (1位) 
4. YouTube (3位)
5. 楽天 (4位)
6. 2ちゃんねる (5位)
7. Google (8位)
8. Twitter (6位)
9. 価格.com (7位)
10. FC2 (12位) 

Yahoo! 2012 検索ワードランキング:http://promo.search.yahoo.co.jp/ranking/2012/

Bing年間ランキング

Microsoftが提供する検索エンジン『Bing』が発表しているランキングです。日本のランキングがありませんでしたので、アメリアのランキングを紹介いたします。

ちなみにBingは全米2位の検索エンジンで、そのシェアは16%です。Googleには及びませんが、アメリカのトレンドを知るには重要なデータではないでしょうか。

comScore Releases October 2012 U.S. Search Engine Rankings—comScorehttp://www.comscore.com/Insights/Press_Releases/2012/11/comScore_Releases_October_2012_U.S._Search_Engine_Rankings

Social Media

1. Facebook
2. Twitter
3. Myspace
4. KinkedIn
5. Tumblr
6. Instagram
7. Reddit
8. StumbleUpon
9. Digg
10. Klout

Consumer Electronics

1. iPhone 5
2. iPad
3. Samsung Galaxy S Ⅲ/Samsung Galaxy S3
4. Kindle
5. iPad 3
6. iPod Touch
7. Xbox
8. PlayStation 3
9. iPhone 4S
10. Windows 8

News Stories

1. iPhone 5
2. 2012 Elections
3. 2012 Olympics
4. Hurricane Sandy
5. Honey Boo Boo Reality Show
6. Gangnam Style Dance
7. KONY 2012
8. Academy Awards
9. Kindle Fire HD
10. Facebook IPO 

他にもアメリカで人気だった歌手や音楽、映画なども出ていますので、洋楽ファンや洋画ファンは必見のランキングです!

The Bing Top Searches of 2012 Report:http://www.bing.com/community/site_blogs/b/search/archive/2012/11/26/year-end.aspx

百度検索ワードランキング

中国の検索エンジンシェア70%を超える百度も検索ランキングを発表しています。中国のウェブサイトは色々な意味で面白いサイトが多いので、一度使ってみるといいかもしれません。

中国のトレンドも、これで掴んじゃいましょう。

2012年百度年間検索ワードランキング(カッコ内は簡単な解説)

1. 淘宝网(通販サイト)
2. QQ空间(中国のSNS)
3. 4399小游戏(ゲームサイト)
4. 优酷(動画共有サイト)
5. 火影忍者(日本のマンガNARUTOの中国名)
6. NBA
7. 新浪微博(中国版Twitter)
8. 京东商城(B2Cの通販サイト)
9. 武动乾坤(ネット小説)
10. 快播(動画プレイヤーソフト) 

2012年の百度(バイドゥ)検索ランキングを見てみましょう!:http://find-japan.co.jp/blog/china/baidu.html

SERVICE
  • sns