;
SERVICE

HubSpotへの顧客のインポート方法

shadow
hubspot-lead
Hivelocity

Author :  

shadow
hubspot-lead
  • Recruit
  • Recruit

概要

HubSpot へのリードのインポートに加えて、HubSpot は顧客もインポートできます。そうした方がよいいくつかの理由は以下の通りです:

既存の顧客により多くのお買い物をして頂く。
既存の顧客に最新製品の機能や会社のニュースに関するお知らせや更新情報を送る。
全ての連絡先へのメールのコミュニケーションを一ヶ所で管理する。
HubSpot への顧客のインポートはこれまで以上に簡単になりました。必要なものはスプレッドシートと、HubSpotへのリードのインポート方法に関する使用マニュアルだけです。

使用マニュアル

1. HubSpotへのリードのインポート方法に関する使用マニュアルを開く

ここをクリックして HubSpotへのリードのインポート方法に関する使用マニュアルを新規のタブで開いてください。

2.「Lifecycle Stage(ライフサイクルのステージ)」と「Close Date(クローズ日)」の列をCSVファイルに追加

リードのインポートの使用マニュアルのステップ #1で、インポートしたいリードのスプレッドシートを作成する必要があります。この場合、インポートしたい顧客のスプレッドシートを作成することになります。技術的には連絡先の全てのリスト (リード「かつ」顧客) をインポートできますが、実際のインポート・ファイルに基づいて連絡先をセグメント化できるようにそれらを別々にインポートすることをお勧めします。

連絡先と会社の詳細の列に加えて、スプレッドシート内で、これらの顧客について知っている全ての情報を確実に入力しましょう。また2つの列を追加しましょう:

  • Lifecycle Stage (ライフサイクルのステージ) – この列の各行には顧客と入力するべきです
  • Close Date (クローズ日) – この列の各行は顧客のコンバージョン (転換) の日付を入力するべきです。

1

注意: 顧客のインポート時には、もしクローズ日がなければそれらは同月に顧客になったものとして全て「ソース (Source)」に入ることになるので、全顧客のクローズ日をスプレッドシート内に含めることは重要です。

SERVICE
  • sns