;
SERVICE

広告すら見られなくなってしまったら。そんな世界が、到来するかもしれません

shadow
adblock_getaway_advertising
matsushita

Author :  

shadow
adblock_getaway_advertising
  • Recruit
  • Recruit

インターネット広告が届かなくなる時代が、遠からず訪れるのかもしれない

「広告は死んだ。自ら滅びの道を歩んだのだ」

かなり刺激的なタイトルだったので、目に止まった記事です。それがCo.LABが公開した「Advertising Is Dead, And Advertising Killed It」です。かの有名なニーチェの言葉「God is dead. God remains dead. And we have killed him.(いわゆる、神は死んだ)」ですね。

広告が届き辛くなったと、色々なものをカットしている私自身も感じているところですが、広告が死んだとは中々思い辛いです。しかし読んでみると、同意できる部分もあったので、思ったところを書いてみます。

Advertising Is Dead, And Advertising Killed It

AdBlockというブラウザの拡張機能をご存知でしょうか? これはブラウザにインストールするだけで、インターネット上にある広告を非表示にしてくれる拡張機能です。このAdBlockが最近、クラウドファウンディングで、投資を募っています。2万5000ドルの投資を求めていましたが、あっさりとそれをクリアし、次のゴールとして5万ドルを設定しました。期限まで24日を残し、現在は4万6659ドルの投資を受けています。

AdBlockが投資を受けて実現したいことは、もちろん、インターネット広告を無くすことです。これを実現するために「広告を使ってAdBlockを持っていないユーザーに広める」方法を取るとのこと。広告を無くすために広告を使うというのは、かなり皮肉な話です。

AdBlockの投資から思うこと

最も、重要なことは、この点にあるとは思いません。AdBlockは投資を募り、目標金額の倍以上となる金額を集めようとしています。これは、人々が広告のことを好ましく思っていない証でしょう。すでにAdBlockのユーザー数が8000万人を超えているという点も見逃せない事実です。さらに、AdBlock Plusという全く別の拡張機能も、2億ダウンロードを突破しています。その他にもたくさんの広告ブロック拡張機能がありますので、興味がある方はChromeウェブストアでAdBlockで検索してみてください。

センスが良く、芸術的な広告も中にはあります。こういう広告を見るのは楽しいですし、素直に感心します。しかし、そうした広告が全てではありません。むしろセンスが悪く、鬱陶しいとしか思えない広告が大部分を占めています。そんな広告を、望んで、見たいと思いますか? 中には性的な表現や、マルチ商法の広告もあります。私はそんな広告を見たくありませんが、みなさんは、どう思いますか?

露悪な広告を見たくないと思う人が行き着く先はAdBlockです。このAdBlockは本当に強力で、GoogleのPPCはもちろん、YouTubeのビデオ広告、Facebook広告まで、幅広くブロックします。ブラウザに依存している以上、Googleが利益を損なうと判断した段階で削除するでしょうが、この機能を利用する人が増加傾向にあるのは疑いないでしょう。

AdBlockとインバウンドの関係

インバウンドマーケティングが出てきた背景の1つに、人々に広告が届き辛くなったということがあげられます。テレビ、ラジオ、テレマーケティングやダイレクトメールetc… 多数の広告(アウトバウンド)が人々から遠ざけられ、不特定多数に情報を届けることが出来なくなりました。

その広告予算の行き場は、インターネット上のバナー広告やビデオ広告、ソーシャルメディア広告へと移行してきました。これらの広告は高度に進化した技術で、“必要とするであろう”人々のところへ届くようになりました。一方で、これが必要なんだろうと“押し付けられる”ことを嫌う人や、低品質(あるいは下品や、下劣)な広告を見たくないという人も増えてきます。そうした人達は、AdBlockのようなソフトウェアを導入することで、テレビ広告やラジオ広告と同じように、拒否する人になりました。

この人達は、広告のない検索エンジン、ソーシャルメディアから情報を得ています。つまり、この2つの導線から見つけられることこそ、広告が無くなった世界では重要なのです。インバウンドは、検索エンジン、ソーシャルメディア上で見つけてもらうことに重点を置き、そのための施策を練ります。

ブログ、eBook、ホワイトペーパーetc… 役に立つコンテンツを、嫌う人は滅多にいるものではありません。高い価値を提供し、納得してもらった上で顧客になってもらう。それがインバウンドマーケティングの基礎にあります。誰からも愛されるマーケティングこそ、HubSpotが唱えていることであり、顧客と企業が長続きするための秘訣です。

まとめ

少し話が長くなってしまったので、要点を3つにまとめると、以下のようになるでしょうか。

  1. インターネットから広告を無くすAdBlockの利用者は増えている
  2. 広告の届かない人々には自分から見つけてもらうことが重要
  3. 高い価値のあるコンテンツを提供し、愛されてもらう

今すぐ、AdBlockの利用者が爆発的に増加するわけではありません。しかし、着々と増えているのは事実ですし、少なからぬ人数が利用していることも事実です。

あなたの広告が届かなくなったら、どうやって集客を行いますか?

あなたの広告が届かなくなっても、集客できる導線はありますか?

今からでも遅くはありません。広告に頼らない戦略を、練ってみかせんか?

(Photo Credit: AdBlock)

SERVICE
  • sns