;
SERVICE

HubSpotと他のマーケティングソフトウェアの違いについて 『Marketo』編

shadow
market
matsushita

Author :  

shadow
market
  • Recruit
  • Recruit

マーケティングに特化したソフトウェアを利用しよう——でも、どれを使えばいいんだろう? そんなお悩みをお持ちの方がいるかもしれません。

HubSpotを初めとして、多数のマーケティングソフトウェアがリリースされています。特にHubSpotへ興味を持っている方は、海外の他のマーケティングソフトウェアにも注目しているのではないでしょうか。

HubSpotと他のマーケティングソフトウェアの違いについて見ていきます。今回は『Marketo』との違いについてです。

HubSpotとMarketoの違い

HubSpot

  • Google AnalyticsやAdWordsなど、他の分析ツールを統合して利用できる
  • ROI測定ができるため、マーケティング投資がスマートに行える
  • TOFU(Top of the Funnel)とMOFU(Middle of the Funnel)の戦略が特に優れている
  • 16のメールテンプレートが用意されており、さらにその中でもバリエーションが複数あるため、そのまま文字を打ち込んで使えるようになっている
  • ワークフローを作成することで、自動レスポンスや間隔設定を行ったメールマーケティングを行える
  • SEO、CMS、ソーシャルメディアツールを利用することで人数が少ない中小企業でもインバウンドマーケティングを実行しやすい
  • デフォルトに用意されたソフトウェアには、高度なツールが用意されていない。しかし、マーケティングプレイスや外部ツールとのAPI統合によって補えCRMとしては十全とは言えないが、Salesforceやその他のツールが統合できるようになっている
  • 高度なディベロッパー向けのカスタマイズオプションは少数のみ

Marketo

  • マーケティングオートメーションに特化したマーケティングソフトウェアであるメールマーケティングを行う上で、HTMLを必要とせず、タイミングやアクションを適切に設定できる
  • ランディングページを作るとき、簡単にA/Bテスト機能が使えるデータプロファイリング用テンプレートが用意されている
  • CRMはSalesforceとMicrosoft Dynamicsがネイティブに統合されており、どちらで入力した情報も同期される
  • リードのスコアリング設定を無限に設けることができる
  • ソーシャルコンテンツ作成機能では、簡単にシェアボタンを付けられたり、エンゲージメント測定可能なコンテンツ、及びプロモーションの作成ができる
  • メール、ランディングページ、サイトでのアクティビティ、キャンペーン、収益モデルのパフォーマンスレポートの作成
  • 中小企業にとっては高価である
  • 全ての機能が完全に統合されているわけではない
  • カスタマーサービスの評価があまり良くない

プライシング

HubSpot

  • ベーシックプラン―年に31万円(月に約2.2万円)
  • プロフェッショナルプラン―年に110万円(月に約8.8万円)

上記に加えて、コンタクトリストの量につき、コンタクトプランが追加されます。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

Marketo

  • スパークプラン―四半期に約53.4万円(月に約17.8万円)
  • スタンダードプラン―四半期に約89.1万ドル(月に29.7万円)

コンタクトリストの数につき料金が異なります。上記の例は3万コンタクトで計算されています。

http://www.marketingmattersinbound.com/internet-marketing-systems/inbound-marketing-solutions-hubspot-vs-marketo/

HubSpotとその他の比較

SERVICE
  • sns