;
SERVICE

HubSpotのリード管理機能は何が出来るのか?

shadow
1368658_10151865665620318_830867795_n
matsushita

Author :  

shadow
1368658_10151865665620318_830867795_n
  • Recruit
  • Recruit

Get a 360˚ view of your leads to effectively move them down the funnel.

HubSpotのリード管理機能が優れている理由

欲しいリードの情報にすぐアクセスできる

ランディングページやフォームから入力された情報へ、すぐアクセスすることができます。この情報は、連絡先や、リードになったページが記録されています。

個人へ最適なマーケティングが行える

マーケティングオートメーションやメールの内容を、行動データや所属する企業のデータなどに基いてカスタマイズできます。統合の設定は必要ありません。

hubspot-lead

HubSpotのコンタクトプロファイルについて

検索、編集、お気に入り機能

一人ひとりのプロファイルに関するあらゆるデータは、それぞれのコンタクトに表示されます。データに基いてフィールドを検索し、そのオーバービューにあるデータを編集することもできます。

タイムラインのチェック

そのリードがどのページを見て、どのランディングページからリードになったのか分かります。また、送信したメールの開封状況、再び訪れたときどのページを開いたのかなど、より個人に最適なマーケティングを行うのに必要なデータが全て見られるようになっています。

コンタクトへのアクション

コンタクトからナーチャリング、オートメーションのメソッドを連絡先に追加できます。他に使用しているCRMへ、コンタクトデータを同期することも可能です。

hubspot-read-management-2

コンタクトデータベースの活用

コンタクトのプロパティ編集

  • 各コンタクトには、“最大のマーケティング課題”や“製品の知識に関する提供”などのメモ書きができるようになっています。
  • Enterpriseのみとなりますが、フォームに出す質問を手動、もしくは閲覧したページやクリックしたボタンによって自動で変えることができます。

リードスコアリング

  • マーケティングチャネルに基いてリードのスコアリングを行います。
  • その人が持つ興味や行動はマーケティング活動において重要な要素になり、提供するオファーや送信するメールを最適化するのに役立ちます。
  • 営業チームにクオリファイドリードを送るフローをオートメーション化できます。

リードインテリジェンスを活用する

データベースからターゲットを絞ったスマートリストを使用して、最適化されたマーケティングコミュニケーションを実行しましょう。

自動的に更新されるスマートリスト

HubSpotでスマートリストを作成するとき、常に最新の状態となっています。新しいコンタクトが加わり、それが条件に一致していれば、自動的にリストへ追加されます。

行動に基づいたセグメント

“価格表を見たITマネージャー”や“ライブチャットを行ったカリフォルニア在住のリード”など、対象を絞ってメッセージを送ることが可能です。ただし、一部のオプションについてはEnterpriseプランのみ対応しています。

hubspot-segment

統合が容易

Out of the boxや独自に開発したAPIを使うことで他のCRMと簡単に統合することができます。

セールスコールを効果的に

過去に閲覧したページやオファーなど、多くの情報を有しているため、営業チームはその人に効果的なセールスコールが行えます。

CSV操作を止めにしよう

HubSpotはあなたのCRMからデータを引っ張ってこれるため、メールやキャンペーンのトリガーを、データベースでセグメント化するくらい簡単に行えます。

hubspot-lead-int

他のCMSとの統合サポート(ProfessionalとEnterpriseのみ)

Salesforce

セキュアで、かつ完全な統合サポートが行われているため、マーケティングやセールスに関して効果的な連携が行われます。詳しくはこちらを御覧ください。

Wistia

Wistiaはビデオマーケティングツールのひとつです。これもHubSpotによってサポートされているので、視聴をセグメントやスコアなど、アクションのトリガーとして使用できます。

リード管理機能でワークフローを最適化する

 マーケティングオートメーション

リードが行った行動の全てが保存されるため、オートメーションツールやワークフローを通じて、最適なメッセージングを行うことができます。

ランディングページ

ランディングページツールで、最適なメッセージやイメージを表示させるのに役立ちます。

フォーム

コンタクトデータベースは入力された情報が絶えず更新されるため、リードに同じ情報を二度入力させる必要が無くなります。

リード管理機能のインバウンドにおける立ち位置

Close(実際に製品を販売する)

リードについて持っている情報を全て活用する――これが最大の近道です。興味、メール、ソーシャルメディア、ペルソナ、ライフサイクルステージ、あなたはその人に関するあらゆる情報を持っているのです。適切なタイミングで、適切なメッセージを、適切な人へ送るために使いましょう。

Delight(喜びの提供)

コンタクトにあるデータは、喜びを提供するのに必要不可欠です。あなたが行うカスタマーサービスやコミュニケーションを、リードナーチャリングと同じように、個人に最適化するのに活用しましょう。

inbound-method

HubSpotの機能をもっと詳しく知りたい方はこちら:
SERVICE
  • sns