;
SERVICE

HubSpotのマーケティングオートメーションは何が出来るのか?

shadow
marketing-automation
matsushita

Author :  

shadow
marketing-automation
  • Recruit
  • Recruit

Marketing Automation that will delight your prospects and customers.

HubSpotのマーケティングオートメーションが優れている理由

marquee-3 (1)

従来のマーケティングオートメーション

従来のマーケティングオートメーションは、メールが開かれて、クリックされることに焦点が置かれています。これらのアクションが完了されるまで、リードがフローを終了したということになりません。その目的が果たされるまで、機械的なメッセージを受け取り続けることになります。

HubSpotのマーケティングオートメーション

HubSpotのワークフローは構築が容易で、かつ時を重ねるごとに改良することで、リードをカスタマーに移行するという目標を果たすのに、効果的なアプローチが出来るようになっています。ワークフローを実行する中で、何が起きたかどうかも把握できるようになっており、特定のリードスコアを達成すると、そのワークフローが終了し、次のワークフローが始まります。

hubspot-marketing-automation

キャンペーンの作成

1. ナーチャリング

リードのコンテキストに最も関連性が高いキャンペーンから始めましょう。

2. 目標を設定する

リードが目標を達成すると、キャンペーンが完了します。新しいキャンペーンに移行したり、営業へ移管するなどのアクションが設定できます。

3. 次のアクションとステップの設定

アクションやステップを複数設定できるようになっています。例えば、1回目のメールから3日後にもう一度メールを送る、ということも可能です。

hubspot-automation-create

HubSpotのリードナーチャリング

  • コンテンツと最適化されたウェブサイトから獲得した訪問者を、ランディングページとCTAからリードへコンバージョンします。
  • 各チャネルから得た情報がコンタクトデータベースへアップデートされるため、セグメントやこれまで行ってきたコミュニケーションなどが分かるようになっています。
  • 特性や行動に基づいて、リードをプロファイリングできるため、最適なリードナーチャリングを行うことができます。

hubspot-marketing-automation-3

  • リードのライフサイクルステージに合わせたスマートCTAが、ウェブサイト、ブログ、メールなどに表示されます。
  • ターゲットを絞ったオファーを表示させるため、コンバージョンの機会を逃しません。

hubspot-marketing-automation-4

開封やクリックではなく、人に目を向けたマーケティング

  • ワークフローはコンタクトデータベース内にある多くのデータを使用するため、バイヤーペルソナやライフサイクルステージといった情報、またプロパティを活用してメールなどのパーソナライズが可能できるようになっています。
  • ワークフローは全てのマーケティングチャネルに接続されているため、リードはあなたのサイト上で、パーソナライズされた関連性の高いメッセージを受け取られるようになっています。
  • ソーシャルをクリックした、フォームに入力した、といった多数のマーケティングチャネルから得たリードインテリジェンスから、ターゲットを絞ったコミュニケーションが行えます。

hubspot-marketing-automation-5

マーケティングオートメーションを最適化する

リード管理

フォームに情報を入力するなど、アクションを行うとスマートリストに追加されます。HubSpotのワークロフローはデータの変更があると、自動的にアップデートされます。

Salesforce

Salesforceにコンタクトが追加されたことをトリガーにできます。コンタクトを引っ張ってくることで、キャンペーンやナーチャリングを開始できます。

メール

データベースに保存された内容、設定された条件に応じてリードへパーソナライズされたメールを自動的に送信できます。

マーケティングオートメーションのインバウンドにおける立ち位置

Close(実際に製品を販売する)

各リードの課題やライフサイクルステージに合わせてコミュニケーションを取ることができます。さらに下のファネルへ移行し、購入する段階へ移行するのを促します。

Delight(喜びの提供)

リードを扱うようにカスタマーへ対応することで、“購入”というポイントを超えたファネルに移行します。有益な情報やアップグレード、新製品のオファーを送りましょう。

inbound-method

HubSpotの機能をもっと詳しく知りたい方はこちら:
SERVICE
  • sns