;
SERVICE

ウェブサイトにコンテンツを掲載するための、ファーストステップ

shadow
just-the-start
matsushita

Author :  

shadow
just-the-start
  • Recruit
  • Recruit

見込み顧客(リード)を獲得するためのブログ作り

これは、ブログやソーシャルメディアを用いて、あなたのビジネスに人を集めるための最初のステップです。最も重要なのは、ブログ、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディア、SEO(検索エンジン最適化)を行い、各ソースから訪問者を集めただけで終わることのないようにする、ということです。最終的な目的は、あなたがターゲティングした人を、訪問者から顧客にすることにあります。

あなたのコンテンツで行うべき4つの施策

1. オンページSEO

まず、あなたのウェブサイトにあるキーワードや検索フレーズが、一貫性を持っているか確認しましょう。特に重要な部分は、メタタグ、ページタイトル、ページディスクリプションです。ブログ記事のタイトルにH1タグが使われているかをチェックし、適切な見出し(H2タグを使用する)をつけましょう。

そして注意ポイント、“Googleは微笑みません”。つまり、人間に対して有効なアピール——キュートなフレーズや、韻を踏んだもの——を、Googleは必ずしも妥当性を認識しない可能性があります。Googleでコンテンツを表示させるためには、人間とGoogle、両方に有効なキーワードを使って、ウェブサイトへSEOを施す必要があります。

headings-h1-h2

Google Adwordsのキーワードプランナーを利用することで、適切なキーワードや人気のある検索フレーズを調べることができます。合わせてHubSpotのキーワードツールを活用することで、より詳細なキーワード戦略を練り上げることができるでしょう。

2. エディトリアルカレンダーを作る

ブログを持っている企業は、持っていない企業よりも平均で55%多くのトラフィックを獲得しています。このパーセンテージは、週に1回、週に2回と、回数を増す毎に指数関数的に増えていきます。さらに、頻繁に良質なコンテンツを公開することで、業界におけるリーダー的な存在となれるでしょう。有望な見込み顧客に対して、有益なコンテンツであることを前提として、出来る限り頻繁に更新できるよう、エディトリアルカレンダーを作成することをオススメします。

Calendar_0

3. アクションの呼びかけ(CTA: Call to Action)を入れる

ブログコンテンツは、検索エンジンやソーシャルメディアを通じて、多くの情報を無料で提供します。その見返りを得る方法として、コンテンツの最後に、関連性のあるCTAを入れておきましょう。eBook、ウェビナー、ニュースレターなど、ブログよりも貴重なコンテンツを提供する代わりに、訪問者の連絡先情報をフォームに入力してもらい、見込み顧客(リード)に(そして、やがては顧客へ)コンバージョンしてもらいます。

前述の通り、ファッションコーディネートのように、コンテンツと関連性のあるCTAを入れましょう。例えば栄養に関するブログを書いているなら、栄養セミナーのようなCTAを入れましょう。こうすることにより、訪問者が最初のファネルから、コンテンツとCTAによって次のファネルに進められます。(参考:インバウンドマーケティングにおける3つのファネルとは?)

HubSpotのCMSは、CTAを簡単に作成でき、各ブログ記事に挿入することができるようになっています。

4. ソーシャルメディアへ共有する

検索は、今やソーシャルです。キーワードに加えて、『ツイート』『いいね!』『+1』といったソーシャルシグナルは、Googleのアルゴリズムに(若干ながら)良い影響を与えます。つまり、コンテンツが多く共有されればされるだけ、良い影響を与える、ということです。

このとき、あなたの有望な見込み顧客の活動時間を抑えておきましょう。午前9時に活発な人々もいれば、午後10時に活発な人もいます。彼らがいない時間にソーシャルメディアで共有しても、見られない可能性があることを考慮しましょう。そうした場合、メルマガやRSSに登録されていない場合、ほぼ見られません。また、TwitterやFacebookでも活動時間は微妙に違います。さらには曜日という要素も加わるため、より注意深く分析ツールを見ていく必要があるでしょう。ちなみに、最もトラフィックが高くなると言われているのは、土曜日の昼下がりです。

Twitter-móbile

これは『First Step to Create Contents on your Website』を翻訳したものです。

SERVICE
  • sns