;
SERVICE

HubSpotメールの3つの新機能

shadow
phone
matsushita

Author :  

shadow
phone
  • Recruit
  • Recruit

HubSpotが追加した3つの新しい機能でメールマーケティングがより便利に

HubSpotのメールツールに、3つの新機能が追加されました。新機能の概要は、以下の通りです。

  • 個々のメールアドレスに向けて送信することができる
  • クリックトラッキングを行うドメインをカスタマイズできる
  • ウェブバージョンの送信したメールの非公開とリダイレクトを選択できる

個々のメールアドレスへの送信

最新のアップデートにより、リストを使わず、個々のメールアドレスに向けてメールの送信ができるようになりました。また、リストで送信する際、個々のメールアドレスを追加や削除が出来るようになります。

一例をご紹介します。イベントの参加者に向けて、感謝と今後について、メールで送信するとしましょう。登録されたスタッフに向けて送信する際、誤ってリストから抜け落ちている可能性もあります。その際、実際に1人のスタッフに対しメールが送れなかったため、その人個人に向けてメールを送信するようにしました。

Email_add

クリックトラッキングを行うドメインをカスタマイズ

メールに含まれているリンクのクリック数をトラッキングするため、HubSpotは自動的にトラッキングできるようリンクを書き換えます。トラッキングは、メールのパフォーマンスを測るのに最適な方法ですが、書き換えられたURLは、スパムフィルターのトリガーとなることがあります。これに対抗するため、HubSpotはカスタムクリックトラッキングURLをHubSpot emailに追加しました。本文中のリンク、CTA、退会リンクなど、全てのリンクに含まれています。

カスタムクリックトラッキングURLは、HubSpotドメインの代わりに、あなたのドメインを参照するので、迷惑メールフィルターにメールの一貫性を強調できます。クリックトラッキングドメインの一環により、さらに多くの人へ届くようになります。

すでにCOS(Content Optimization System)メールドメインを所有している場合、カスタムクリックトラッキングの有効化を行う必要はありません。メールドメインの設定を行いたい場合は、[Domain]ページで管理することができます。[Content] > [Domain]から、COSメールを選択し、ドメインの割り当てを行ってください。

email-domain

ウェブバージョンの送信したメールの非公開とリダイレクトを選択できる

HubSpotはウェブベースでメールを作成することができ、メタディスクリプションと固有のURLを付与します。多くのマーケターは、検索可能なウェブページとして、メールのコンテンツを再利用しています。しかし、ウェブベースで作ったものを公開したくないと思ったときはどうでしょう?

この新機能は、ウェブベースで作ったものを、簡単に非公開、あるいはリダイレクトすることができるようになっています。

これを行うには、送信したメールの詳細ページに移動してください。左カラムにウェブバージョンのメールのURLが表示されます。[edit]をクリックすることで、次のウィンドウへ移動します。削除、あるいはリダイレクトを選択して、[OK]をクリックしてください。これで、変更が完了です。

email-unpublish

これは『Three New Email Features』を翻訳したものです。

SERVICE
  • sns