• TAG
  • 埋め込み
SERVICE
home
shadow
share

インフォグラフィックを埋め込むようにする、3つの簡単な方法

インフォグラフィックは画像で分かりやすく物事を伝えるため、他のサイトからのリンク獲得や、新しい人から認知を得られやすいなどのメリットがあります。そのメリットを最大化するために活用したいのが埋め込みコードです。 埋め込みコードは、そこに表示されているコードをコピペするだけで簡単にサイトへインフォグラフィックを貼り付けできるもので、インフォグラフィックを掲

shadow
wordpress_icatch

WordPressにURLだけで埋め込める動画サイトまとめ

動画をアップロードしたり、それを用いて何かを紹介する人たちが増えたことで、ブログへ動画を埋め込みたいと思う機会が増えました。 WordPressはURLを入力するだけで、一部サービスのメディア(画像や動画など)を埋め込める機能が用意されています。 Embeds « WordPress Codex TwitterやSlideshareなどの

Recruit
shadow
facebook-update-logo

Facebookの投稿埋め込みが改善された!

FacebookはFacebook Developersブログで、投稿埋め込みの改善を行ったことを発表しました。 Improvements to Embedded Posts 今回の改善された点は以下の3つです。 新しいデザイン 読み込み時間の短縮 横幅のデフォルト設定を行える それぞれの改善点を見ていきましょう。 新し

shadow
how-to-use-embed

Facebook、Twitter、Google+、Vine、Instagramの投稿埋め込み方法をまとめてみた

Facebook、Twitterなど、ウェブサイトやブログに投稿の埋め込みが出来るソーシャルメディアが増えてきました。 投稿の埋め込みは意見として掲載したり、自分達の投稿を埋め込むことで過去記事の引用にするなど、多くの使い道があります。後者の場合、古くなったソーシャルメディアの投稿が、改めて共有されて、リーチを伸ばせる可能性も出てきます。 今回は

Recruit
shadow
facebook_ad_update_logo-2

【2013年最終版】これだけは抑えておこう! 今年行われたFacebookの新機能とアップデートについて

Facebookは今年、月間アクティブユーザー数が11億人に達し、モバイルにおいても9億人に届こうかという規模に達しました。 成長を続ける中で、新しい機能追加や改善を立て続けに行っています。特にニュースフィードアルゴリズムのアップデートは、記憶に新しいのではないでしょうか。 2013年に起きたFacebookの変化を以下の4つに的を絞って復習して

shadow
facebook-embedded-post

Facebookの投稿埋め込みを使うべき8つの理由

Facebookの投稿が埋め込めるようになりましたが、みなさんはこの機能を使っているでしょうか? Facebookページのリーチが減少している中、実はアルゴリズムの影響を受けず、埋め込んだページの訪問者に対して高い可能性でリーチしたり、さらには“いいね!”などを押してもらえます。 Mashableがこの投稿埋め込みを使う理由を、8人の起業家に対し

SERVICE
  • sns