;
SERVICE

Google 検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドについて

shadow
google-searching-engine-guide

Author :  

shadow
google-searching-engine-guide
  • Recruit
  • Recruit

今さらですがGoogleから発行されている「Google検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」その全貌を完全解説

webサイト制作、webサイト構築を行う上で、必ず出てくるキーワード「SEO」。今回はこのSEOについて考えてみたいと思う。SEO(エスイーオー)は Search Engine Optimization の頭文字を取ったものであり、検索エンジン最適化と呼ばれている。

つまり検索エンジンの検索結果において、上位に表示されるようにするテクニックだ。

日本において検索サービスと言えば、「Yahoo!」「Google」「Bing」などがそれに当たるが、ほぼYahoo!とGoogleを利用している。また、現時点ではYahoo!がGoogleの検索エンジンを使用していることから、SEO対策=google対策と言ってよいのではないか。

検索サービスの仕組みはYahoo!やGoogleでキーワードを入力すると関連の高いwebページが一覧表示される。そこからユーザーは自分が好んだwebサイトに飛ぶわけだ。

検索エンジンはクローラー(もしくはロボット)と呼ばれるプログラムで、定期的にwebページを巡回し、webページの情報を集める。この仕組みをロボット型検索エンジンと呼ぶ。

ロボット型検索エンジンでは、webページの情報収集、登録、評価、検索結果の表示などなどがプログラムにより自動化されている。評価基準そのものは公開されていないがこの仕組みにおいてどのようにすればつくったwebページの情報収集を円滑にしてもらえるのかが重要であることがわかる。

このことから、私はまずはGoogleにフォーカスし、どのようにすればGoogleさんが構築したWebページの情報を引っ張ってくれて、さらにインデックス化し、検索時に表示してくれるのかを考えることが重要だと考えている。

 そこで登場するのがGoogle公式検索エンジン最適化 ( SEO ) スターターガイド

「どうすればgoogleで1位表示されるの?」という問いについては、残念ながら私では答えられない。すみません・・・。もし答えられる人がいるとすると、その人はgoogleで評価システムを構築している人っということになりますよね。私的にはこの答えに答えられる人はいないと思っています。いや、そうであって欲しい。しかし、GoogleはどうすればSEO対策になるかは公開しているのです。

2009年6月5日に公開された「Google検索エンジン最適化 ( SEO ) スターターガイド」についてのご説明しよう。いまから約3年と4ヶ月前にすでに秘伝の書は発行されているのです。
Googleにおける検索エンジン最適化についての基礎はこのドキュメントにまとまっている。
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2009/06/google.html
ちなみにそこから1年と3ヶ月後の2010年9月27日に更新されたものが最新のドキュメントになる。
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2010/09/seo.html
変更点は下記の通り。

・用語解説を追加しました
・イメージを追加しました
・モバイルサイトの最適化を追加しました
・よりわかりやすくなるよう、一部文章を改変しました

このドキュメントはGoogleが自ら発行しているものです。検索エンジン最適化 ( SEO ) スターターガイドの書き出しはこのように記されています。

このガイドは当初、社内向けに作成したものでしたが、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization:SEO)にまだ馴染みのない方々や、ユーザーと検索エンジンの双方に優しいサイトを構築しようとしているウェブマスターの方々にも役立つのではないかと考え、公開することにしました。

このガイドには、Googleの検索結果で1位になるための秘訣が記載されているわけではありません。しかし、ここに書かれていることを参考にしていただくことで、検索エンジンからクロールされやすく、インデックスされやすいサイトを構築することができます

多くの場合、SEOに必要なのはサイトにちょっとした工夫を加えることです。これらの調整は1つ1つを見ると小さなことに思えるかもしれませんが、別の箇所に施された調整などと相互に影響し合うことで、サイトのユーザーエクスペリエンスにおいても、検索結果上のパフォーマンスにおいても、良い効果を生む可能性があります。

SEOは本来、サイトを訪れるユーザーのために行われるべきだと私たちは考えています。サイトのコンテンツを利用するのはユーザーであり、検索エンジンはユーザーがコンテンツを見つけるために使われているに過ぎません。検索結果のランク付けを意識するばかりでは、好ましい成果をあげることはできないでしょう。

このガイドで取り上げる内容は、どのようなウェブページにも当てはまるヒントばかりです。すでにご存じのことも多いかもしれませんが、その知識を最大限ご活用いただくために、このガイドをお役立ていただければ幸いです。

感動的な書き出しだ。SEO対策はブラックボックスではないのです。早速ダウンロードしてみましょう。


Google検索エンジン最適化 ( SEO ) スターターガイドはPDFで配布されています。(3.88Mb)

ドキュメントのコンテンツは下記の通り

SEOの基礎

・適切なページタイトルを付けよう
・descriptionメタタグを設定しよう

サイト構造の改善

・URLの構造を改善しよう
・ナビゲーションをわかりやすくしよう

コンテンツの最適化

・質の高いコンテンツを提供しよう
・適切なアンカーテキストを書こう
・画像の利用を最適化しよう
・見出しタグを適切に使おう

クローラーへの対処

・robots.txtを効果的に設定しよう
・リンクにnofollow属性を活用しよう

モバイルSEO

・モバイルサイトをGoogleに知らせよう
・携帯ユーザーを適切に誘導しよう

プロモーションと分析

・正しい方法でサイトを宣伝しよう
・便利なツールを活用しよう

数回にわたって「Google検索エンジン最適化スターターガイド」について一緒に学んでいきましょう!ただし、モバイルSEOはガラケー(フューチャーフォン)を対象にしていると思われるため、今回は割愛したいと思います。

Google 検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドの詳細はこちら
  1. Google 検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドについて
  2. SEOの基礎 適切なページタイトルを付けよう
  3. SEOの基礎 descriptionメタタグを設定しよう
  4. サイト構造の改善 URLの構造を改善しよう
  5. サイト構造の改善 ナビゲーションをわかりやすくしよう
  6. XML サイトマップファイル sitemap.xmlについて
  7. コンテンツの最適化 質の高いコンテンツを提供しよう
  8. コンテンツの最適化 適切なアンカーテキストを書こう
  9. コンテンツの最適化 画像の利用を最適化しよう
  10. コンテンツの最適化 見出しタグを適切に使おう
  11. クローラーへの対処 robots.txtを効果的に設定しよう
  12. クローラーへの対処 リンクにnofollow属性を活用しよう
SERVICE
  • sns