;
SERVICE

XML サイトマップファイル sitemap.xmlについて Google 検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド番外編

shadow
google-searching-engine-guide

Author :  

shadow
google-searching-engine-guide
  • Recruit
  • Recruit

今さらですがGoogleから発行されている「Google検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」その全貌を完全解説

webサイト制作、webサイト構築を行う上で、必ず出てくるキーワード「SEO」。今回は、Google 検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドの「サイト構造の改善」で紹介されているsitemap.xmlについて。

Sitemap.xmlを置くことによるポイントは、やはりクロールを助けるために存在すると理解してよいだろう。例えば、ものすごいページをつくっても、googleがクローリングしてくれなければインデックス化されない。

クローラーがすべてのページを確認してもらえるようにsitemap.xmlは必須と言ってよいだろう。

以下、Google検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドに書かれている詳細及び個人的に注目するポイントをまとめて整理している。Google 検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドの補足として利用してほしい。

サイトマップについて

サイトマップを使うと、ウェブマスターはサイト内のクロールされるページを検索エンジンに簡単に知らせることができます。 サイトマップは、最終アップロード日、通常の更新頻度、サイト内の他の URL との相対的な URL 優先度など、各 URL の詳細メタデータのほか、サイトの URL がリストされている簡単な形式の XML ファイルであるため、検索エンジンでより正確にサイトをクロールできます。
通常、ウェブ クローラは、サイト内のリンクや他のサイトからのリンクを基にページを検出します。サイトマップはこのデータを補足するもので、サイトマップをサポートしているクローラがサイトマップ内のすべての URL を取得し、関連付けられているメタデータを使用して、URL に関する詳細情報を把握できるようにします。サイトマップ プロトコルを使用しても、検索エンジンにウェブページが必ず登録されるとは限りませんが、ウェブ クローラがサイトを正確にクロールするうえで役立ちます。
サイトマップ 0.90 はアトリビューション シェアアライク クリエイティブ コモンズ ライセンスの利用条件のもとで提供されており、Google、Yahoo!、Microsoft を含む企業で幅広くサポートされます。

http://www.sitemaps.org/ja/

サイトマップの XML 形式

サイトマップ プロトコル形式は、XML タグで構成されています。 サイトマップのすべてのデータ値には、エンティティのエスケープ処理を行う必要があります。 ファイルは UTF-8 エンコードで作成する必要があります。
サイトマップの記述ルールは次のとおりです。
タグで始め、 タグで閉じます。
タグ内にネームスペース (プロトコル標準) を指定します。
各 URL に エントリを XML 親タグとして含めます。
各親タグ に子エントリ を含めます。
他のすべてのタグはオプションです。 これらのオプション タグがサポートされているかどうかは、検索エンジンによって異なります。 詳細については、お使いの検索エンジンのマニュアルを参照してください。
サイトマップのすべての URL は www.example.com、 store.example.com などの単一のホストから参照されている必要があります。詳細については、「サイトマップ ファイルの場所」を参照してください。

http://www.sitemaps.org/ja/protocol.html

サイトマップ ファイルの場所

サイトマップ ファイルを置く場所によって、サイトマップに含めることのできる URL は異なります。 サイトマップ ファイルを http://example.co.jp/catalog/sitemap.xml に置いた場合は、http://example.co.jp/catalog/ から始まる URL を含めることができますが、http://example.co.jp/images/ から始まる URL を含めることはできません。

http://www.sitemaps.org/ja/protocol.html

sitemap.xmlを構築するためのツールが存在する。代表的なものをいくつかピックアップしておこう。

WordPressを使っている場合

Google XML Sitemaps

WordPressにおけるXMLサイトマップ(sitemap.xml)作成用プラグイン『Google XML Sitemaps』

http://wordpress.org/extend/plugins/google-sitemap-generator/

通常サイトの場合

サイトマップを作成-自動生成ツール「sitemap.xml Editor」

快適スタイル株式会社さんが提供しているツール「sitemap.xml Editor」。もしWordPressなどのCMSを使用していなくてもsitemap.xmlを作成してくるツールです。

http://www.sitemapxml.jp/

次回はGoogle 検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドに戻って「コンテンツの最適化」について見ていこうと思う。

Google 検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドの詳細はこちら
  1. Google 検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドについて
  2. SEOの基礎 適切なページタイトルを付けよう
  3. SEOの基礎 descriptionメタタグを設定しよう
  4. サイト構造の改善 URLの構造を改善しよう
  5. サイト構造の改善 ナビゲーションをわかりやすくしよう
  6. XML サイトマップファイル sitemap.xmlについて
  7. コンテンツの最適化 質の高いコンテンツを提供しよう
  8. コンテンツの最適化 適切なアンカーテキストを書こう
  9. コンテンツの最適化 画像の利用を最適化しよう
  10. コンテンツの最適化 見出しタグを適切に使おう
  11. クローラーへの対処 robots.txtを効果的に設定しよう
  12. クローラーへの対処 リンクにnofollow属性を活用しよう
SERVICE
  • sns