ブログをリライトするメリットについて

コンテンツマーケティングの一貫としてブログを更新を重ねていく中で、ブログの新しいネタ出しをしながら「これって前に…」と既視感を覚えたことはないでしょうか。

そういうときにGoogleでsite:検索を行うと、結構な確率で「これだ」と思う過去ブログが出てきたりしますよね。該当するもの見つかると大抵の場合「じゃあ、これはやめておこう」と没ネタにしてしまいますが、過去ブログをリライトすることでより良い結果を生み出せることもあります。

しかし、言い回しや文体を変えるといった簡単なリライトでは、パフォーマンスの向上を求めるのは難しいでしょう。今回は効果の出やすいリライトをご紹介します。

リライトの方法とポイント

1. 古いブログに上書きする

「ブログは書いて終わり」という方も多いのではないでしょうか。「ウェブサイトは運用が大切」というのは、ブログの1ページにも当てはまります。1つのブログページの運用として見るべき点として、下記のようなものがあげられます。

  • ソーシャルメディア上の反応
  • 検索結果の順位
  • 1日、1週間、1ヶ月の短期的パフォーマンス
  • 2ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の中長期的パフォーマンス
  • 時間経過による情報の正確性の担保

例えば力を入れて書いたブログが、芳しい成果をあげられなかった場合。ブログを見つけてもらうために必要なものは、見るに値する「価値」を提供することです。トートロジーのようですが、検索エンジンを経由する場合でも、被リンクから訪問する場合でも、ソーシャルメディアのシェアから見てもらう場合でも、価値あるものを提供しなければなりません。

それを踏まえて考えたとき、成果をあげられていないブログは、読まれるだけの価値を持っているでしょうか。ブログのみならず、人が能動的に情報を探す理由には「何かを解決したい」「この条件に合うものがほしい」といったものがあります。ゆえに、なぜブログが成果をあげられていないかを考えるにあたっては、その理由を満たしているかを見直してみましょう。下記のチェックシートに照らし合わせてチェックすると、わかりやすいかと思います。

同じキーワードで作成された他サイトのコンテンツ分析を行い、ブログの構成を改めて考えてみると、自分のブログに足りないものを見つける手助けになるでしょう。

また、古いブログをリライトするメジャーな理由として、「当時とは状況が違い、内容が異なる」「情報が古くなった」といったものがあります。ブログはストック型のコンテンツであるため、避けられない問題だとしても、そのままにしておくのは(あなたにとっても、ユーザーにとっても)得策ではありませんので、情報を新しくアップデートしましょう。新しくブログページを作ってもよいですが、今あるページに上書きすることで、URLをそのままに、情報を新しくできます。新規にページを作る場合は、旧ページから新規ページへ301リダイレクトをかけると、ページの評価を引き継げるので推奨します。

2. 内容を踏襲し、角度を変えたブログを作成する

関連したコンテンツが豊富にあると、そのジャンル内における検索エンジン(Google)からの評価が上がり、検索結果の上位に表示されやすくなると考えられています。

たとえば「シングルモルトとブレンデッドウイスキーの違い」を詳しく書かれたページを所有するサイトが、「初心者が飲みやすいウィスキー5選」というブログを公開したら、Googleは「このサイトはウィスキーについて詳しいサイトだな」と判断する可能性が高くなります。この意味するところは、ウィスキー関連のキーワードで検索が行われたとき、サイト全体が表示される可能性が高まるということです。

また、コンテンツ同士で関連性を持っているためユーザーが興味を持ちやすく、相互にリンクを貼れば、片方の訪問者が行き来し、サイト回遊率の向上施策にも役立ちます。

3. ダウンロードコンテンツ(リッチコンテンツ)をブログ用にリライトする

「ブログページ」自体をリライトするという趣旨から少しズレますが、ホワイトペーパーやeBookのようなダウンロードコンテンツを用意しているのであれば、ブログ用にリライトするという手があります。

ダウンロードコンテンツは、一般的にブログコンテンツよりも洞察に富んでいます。具体的には、より実践的な内容や、業界やユーザーに関するデータなどがあげられます。こうしたものをリライトすることで、深みを持ったブログを作成できます。

また、ダウンロードコンテンツをリライトして作成したブログであるため、自然とコンバージョンへ繋がりやすいというメリットもあります。ものによっては、多くのコンバージョンを生み出すキラーコンテンツにもなり得るでしょう。

最後に

あなたのブログに、リライトが必要なものはあるでしょうか。ブログをはじめてから時間が経てば経つほど古くなった情報は増えていきますし、リライトの必要性も出てくるでしょう。かくいう私達のブログにも、その必要のあるページもありますので、適宜進めていきたいと思います。

最後にもうひとつ、リライトを行うメリットを紹介しましょう。それは、昔の自分よりも、今の自分の方が「ブログを書く」というのが上達しているということ。私がはじめてハイベロシティでブログを書いたのは5年ほど前のことでした。当時の私より、今の私の方がブログを書く技術は上達しているはずです。あの頃に書いたものを見直しながら「あちゃー…」と思いつつも、価値ある形に書き直すことで、「サイト全体の価値」が上がっていきます。実はそれこそがリライトする最大のメリットだったりするのです。

みなさんも、過去ブログを見直しながら、リライトするコンテンツを選定してみてはいかがでしょうか。

(Photo: condesign)