;
SERVICE

Facebookの利用規約とポリシー改定案のユーザー投票が終了

shadow
facebook_logo
matsushita

Author :  

shadow
facebook_logo
  • Recruit
  • BaseStationApp

Facebookのユーザー投票結果は拘束力を持たず、規約とポリシー改訂が行われる見通し

Facebookが行っていたユーザー投票が11日午前5時に終了しました。

今回、投票を行った理由は、『サイトガバナンスのプロセス』、『系列会社との情報共有』、『コンテンツの所有権』、『プライバシーの管理』、『広告のポリシー』に変更を加えるためです。

アクティブユーザーのうち30%が投票を行えば結果がFacebookに対して拘束力を持ち、30%未満の場合はFacebookへの勧告となります。

Facebookの月間アクティブユーザーは約10億人なので、3億人が投票していれば、結果が拘束力を持つことになります。

「アクティブな登録ユーザー」とは、過去30日以内にFacebookに1回以上ログインした人を意味します。

Facebook利用規約—18. 定義

Facebookが利用規約とポリシー改定案に対してユーザー投票を実施:http://www.hivelocity.co.jp/blog/8802

投票結果ですが、総投票数66万8872、そのうち賛成票7万9731、反対票58万9141でした。

拘束力を持つ3億票には遠く及ばず、この投票結果は勧告ということになります。

Techcrunchは、Facebookがこの結果をふまえ、明日にも利用規約とデータ利用ポリシーの改訂版を発行するのではないかとしています。

Facebookはおそらく明日、この投票結果および同サービスの利用規約とデータ利用ポリシーの改訂版が発効することを発表する。

Facebook、投票を廃止しInstagramデータを統合。66.8万票中88%の反対を無視—Techcrunch

今後、Facebookではユーザー投票が無くなり、最高プライバシー責任者との対話形式でガバナンス改訂を行うことになります。また、系列会社(主にInstagram)とユーザーの情報共有が行えるようになります。

多くの人が今後収益化のためにInstagramが広告を導入すると予測していますが、FacebookアカウントのデータをInstagramと共有することで、効果的な広告が配信されるのではないでしょうか。

ただ、総ユーザー数から見れば微々たるものですが、投票の中では反対が圧倒的だったというのも事実です。この結果をFacebookがどう捉えていくのか、気になりますね。

SERVICE
  • sns