Googleが2012年第4四半期決算を発表

Googleが2012年第4四半期決算を発表

Googleが1月23日(現地時間22日)、2012年4半期決算を発表しました。

第4四半期は売上高が前年同期比36%増の144億1900万ドル、純利益は6.7%増の28億8600万ドルにのぼります。通年売上高では500億ドルを超えるとのこと。恐るべしGoogle!

また、この決算発表のなかには、2点ほど見逃せないポイントがありました。早速見て行きましょう。

2つのポイント

1. ペイドクリック

ペイドクリック(広告クリック)は前年同期比で24%増加しています。一方、クリック単価(Cost-Per-Click, CPC)は前期比で2%の増加ですが、前年同期比で見ると6%減少しています。

このCPCの減少は単価が安いモバイル広告が増加し、デスクトップ広告が減少したことが一因しています。モバイル広告は、今後スマートフォンへの移行が進むことで、さらに増えていきます。合わせて、CPCを上昇させる方法を実行することで、収益をさらに伸ばしていくでしょう。

スマートフォンの他にもうひとつ要因となるのがタブレットです。サイバー・コミュニケーションズとビデオリサーチインタラクティブが行った調査によれば、2012年3月の時点で、スマートフォンよりもタブレットの方がメディア接触時間が長いことがわかります。

普及台数としてはモバイルよりタブレットの方が多いですが、今後広告出稿を考える際はタブレットも重要な要素と考えておいた方がよいでしょう。

2. Youtubeの成長

2012年、Youtubeは1ヶ月で40億時間再生された、と決算報告で語っています。40億時間というと、Facebookの全ユーザーが月4時間見たのと同じ時間に相当します。

Nikesh Arora氏は動画はブランドをPRする上で重要な位置を占めるようになったとしています。Googleの広告主上位100社がYoutubeへ投じた広告費は、前年比で50%増加したというのも、その証拠のひとつと言えるでしょう。

また、Youtubeでもタブレットが非常に重要な役割を果たすと思います。タブレットは外で利用するよりも、室内で利用することが多いためです。室内であればWi-Fiによる高速通信が可能で、読み込みにストレスを感じることなく視聴することができます。

先ほどのサイバー・コミュニケーションズとビデオリサーチインタラクティブの調査には、タブレットユーザーは、スマートフォンユーザーよりも動画視聴が長いというデータがあります。タブレットが普及することで、Youtubeの存在がさらに大きくなるかもしれませんね。

まとめ

Googleの決算報告は、現在の広告トレンドや、広告戦略をどのように練っていけばよいかを考える大きなヒントになります。

今回の発表ではペイドクリック(特にモバイル)とYoutubeが注目されていました。普及が広がってきたタブレットも、広告にとって大きな意味を持つでしょう。

今年はどんな広告が利用されていくのでしょうか? Googleと、それを取り巻く環境に注目です。

参考:

Google Inc. Announces Fourth Quarter and Fiscal Year 2012 Result

Google say strong Q4 earnings driven by growth in mobile and Youtube(The Verge)

OUR SERVICE

Fan Commerce

ファンコマース

ファンとのダイレクトなコミュニケーションを実現して「感動体験」をビジネスに結びつけます。

Digital Marketing

デジタルマーケティング

未来を創造する価値ある「顧客体験」を実現する仕組みづくりを提案。